[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 井上尚弥、“バッキバキボディ”公開 合宿終了「もう階段なんか見たくないほど…」

    2018.08.02

    ボクシングの「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」に出場するWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。静岡・熱海で行っていた合宿を打ち上げたことを報告し、バッキバキの肉体を公開。「もう階段なんか見たくないってほど走った、、」と充実したトレーニングを積んだことを報告している。

  • ボクシング連盟が反論 助成金分配は「遺憾ながら事実」 会長接待は「全く的外れ」

    2018.08.01

    日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金の不正流用の疑いが浮上した日本ボクシング連盟が1日、公式サイトを更新。一度は投稿は掲載分が削除されたことについて「誤って作成途中の文章が掲載されてしまいました」と釈明した上で改めて「ご報告(2)」を掲載している。

  • 村田諒太、ボクシング連盟を痛烈批判「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達」

    2018.08.01

    日本ボクシング連盟の助成金流用問題がスポーツ界に波紋をもたらしているが、ボクシング界の王者も反応している。ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)は騒動の発端を受け、7月29日に自身のフェイスブックで「悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません」と連盟を批判していた。

  • 伊藤雅雪、“夢の王者ベルト”公開で反響 「未踏の世界を拳で雪ぐ」と決意

    2018.07.31

    ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦で新王者に輝いた伊藤雅雪(伴流)。同級1位のクリストファー・ディアス(プエルトリコ)を破る番狂わせを演じ、大きな驚きを与えていたが、自身のインスタグラムでは激闘翌日に“夢の王者ベルト”を公開し、「本当に僕の手元にある。。まだ信じられない」と心境を吐露。国内外のファンから「本当に感動しました」「Great fight ITO!」と祝福の嵐となっている。

  • 伊藤雅雪、猛打で“下剋上の王座奪取” 海外絶賛「スーパースターになる新王者」

    2018.07.29

    プロボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦は28日(日本時間29日)、同級2位の伊藤雅雪(伴流)が同級1位クリストファー・ディアス(プエルトリコ)に3-0の判定勝ち。本場米国で番狂わせを演じ、世界初挑戦で下剋上を達成した。米メディアは現地が熱狂した激闘の模様を動画付きで公開。「スーパースターになるであろう新王者」「四面楚歌の中で番狂わせを決めた」と絶賛の声が上がっている。

  • 「このカードが見たい!」の声続々 井上尚弥と“11秒KO男”との1枚に期待が膨らむ

    2018.07.25

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。バンタム級の頂上決戦「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」で対戦する可能性があるWBO王者との2ショットを公開し、「つえーヤツはやっぱり紳士だ」とつづっていたが、ファンも2人の対戦実現に胸を躍らせている。

  • 井上尚弥「つえーヤツはやっぱり紳士だ」 “11秒KO男”とのV候補2ショット公開

    2018.07.24

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)が、インスタグラムを更新。バンタム級の頂上決戦「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」で対戦する可能性があるWBO王者との2ショットを公開し、「つえーヤツはやっぱり紳士だ」とつづり、相手への敬意を示している。

  • 井上尚弥、海外メディアがWBSS抽選会で直撃 「ジムで一番の注目選手」の答えは?

    2018.07.23

    ボクシングの主要団体王者が出場するトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の組み合わせ抽選会で、WBAバンタム級王者の井上尚弥(大橋)は1回戦で元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を指名した。一気に注目が集まる「The Monster」だが、抽選会後に海外メディアの直撃を受け、5分間の質問攻め。「ジムで一番の注目選手は誰?」などと関心を示されている。

  • ドネア&バーネット、激突決定後の“粋な晩餐”に称賛の嵐「ボクシングのあるべき姿」

    2018.07.23

    ボクシングの主要団体王者が出場するトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の組み合わせ抽選会が行われ、1回戦屈指の好カードとなったのはWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)と元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)の一戦だ。そんな2人は抽選後、互いのパートナーを交えて4人で食事を取った様子をドネアが公開していたが、この一枚が「素晴らしい品格だ」「スポーツマンシップ」「これぞボクシングのあるべき姿」と大きな話題になっている。

  • 井上尚弥は「盤石の王者」の一人 WBSS初戦を米メディア展望「王者側の勝利が鉄板」

    2018.07.22

    ボクシングの主要団体王者が出場するトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の組み合わせ抽選会が20日にモスクワで行われ、WBAバンタム級王者の井上尚弥(大橋)は1回戦で元WBA同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を指名し、4試合の組み合わせが決まった。米メディアは初戦を展望し、井上を含む3試合について「チャンピオン側の勝利が鉄板」と指摘している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集