[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロドリゲスは「完勝盗まれた」と米ファン同情 SNSの勝敗投票は70%の圧倒的支持も…

ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)に1-2で判定負け(113-115、118-110、112-116)した。昨年5月にWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に敗れて以来、1年7か月ぶりの再起戦で敗北。判定結果に対し、海外ファンから「心から同情する。完勝を盗まれた」と声が上がっている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

井上尚弥戦以来の再起戦で判定負け、ロドリゲスに米ファン同情

 ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)に1-2で判定負け(113-115、118-110、112-116)した。昨年5月にWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に敗れて以来、1年7か月ぶりの再起戦で敗北。判定結果に対し、海外ファンから「心から同情する。完勝を盗まれた」と声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 試合は終始強打を振り回すガバリョに対し、ロドリゲスがカウンターを当てる展開だった。4回には飛び込んできた相手に右カウンターが炸裂。ガバリョはよろけたが、ダウンにはならなかった。ボディーをもらう場面もあったものの、カウンターを中心に冷静に試合を進めた。

 しかし、結果は判定負け。手数やクリーンヒットなど現地のジャッジが重視した点は不明だが、この結果にツイッター上の海外ファンは様々なコメントを投稿している。

「今年最悪のスコアカード。異論なし。この茶番がキャリアを台無しにする」
「ガバリョに対する衝撃的な間違ったスコア」
「エマヌエル・ロドリゲスに心から同情する。完勝を盗まれた」
「なんてことだ。ひど過ぎる判定だ」
「レイマートがロドリゲスに勝ったはずがない」

 試合を中継した米スポーツチャンネル「ショータイム」は、公式ツイッターで試合後にアンケート。70%以上がロドリゲス勝利を支持しているようだ。ロドリゲスは昨年5月に井上に敗れて以降、同11月に対戦予定だった前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量で体重超過を犯すなど、2度の試合中止を経験。コロナ禍で興行が開催できない日々が続き、悲運を味わっていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集