[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トレーニングの記事一覧

  • 「年をとる」≠「体力の衰え」 「便利なものを使わない」から始める効果的な運動とは?

    2017.10.19

    スポーツにおいて、「年齢のよる衰え」というフレーズがよく聞かれる。しかし、その全てが加齢が原因ではないとご存知だろうか。フィジカルトレーナー中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回は、卓球の福原愛やバドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に、日常生活における「効果的な運動」について訊いた。

  • 阪神を足から変えた“走りのプロ”の革命 選手も驚き「もう10年早く知りたかった」

    2017.10.12

    プロ野球で今シーズン、2年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を果たした阪神。金本知憲監督の下、2位に入り、就任2年目にして初のプレーオフに駒を進めたタテジマ軍団だが、その裏で“虎の足”から躍進を支えた人物がいる。秋本真吾氏(35)。元陸上のトップハードル選手である。

  • 「つる」のはなぜ? 筋肉のコンディションや体内のミネラルバランスを保つ対処法とは

    2017.10.11

    10月と言えば「スポーツの秋」。身体を動かし、気持ちの良い汗をかきたい季節だが、やはりスポーツと筋肉の関係は切り離せない。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回は、卓球の福原愛やバドミントンの藤井瑞希など日本を代表するアスリートの個人指導経験を持つ同氏に「つる原因と対処法」について訊いた。

  • はだし走りはOK? コーナーの走り方は? 陸上トップ選手が答える「運動会のギモン」

    2017.10.01

    10月に入り、本格的な秋の運動会シーズンに近づいてきた。ここまで「お父さんが運動会で転ばずに走る方法」「子供が運動会までに足が速くなる方法」と2回に渡って特集してきたが、今回は番外編。陸上の元トップ選手でスプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤友広氏、秋本真吾氏に、運動会にまつわる素朴な疑問をぶつけた。

  • 注意すべきは「秋」 暑さを乗り切った後の貧血対処法と「休む勇気」の関連性

    2017.09.29

    残暑もやわらぎ、さわやかな秋風が吹き始めた今日この頃。「スポーツの秋」と言われる季節が到来した。フィジカルトレーナー兼フィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーニングの舞台裏を語る定期連載。今回のテーマは「秋とトレーニングの共存」だ――。

  • 選手を陰で支えるフィジカルトレーナー その役割とアプローチの“極意”とは?

    2017.09.28

    スポーツ選手の活躍の陰には、本人の努力はもとより、スタッフの働きがあることも見逃せない。「THE ANSWER」では、フィジカルトレーナー兼フィットネスモチベーターの中野ジェームズ修一氏が、スポーツトレーナーを語る定期連載をスタート。第1回のテーマは「フィジカルトレーナーの役割とアプローチ法」だ。

  • 「うちの子は遅いから」は変えられる 運動会までにできる「子供の足を速くする方法」

    2017.09.21

    秋の運動会シーズンが迫ってきた。子供たちは徒競走で一等賞を狙い、熱戦を繰り広げる。保護者にとっては愛息、愛娘の晴れ舞台。少しでもいい順位で走ってほしいもの。とはいえ、「うちの子は足が遅いので……」と諦め気味のお父さん、お母さんも少なくない。では、子供はどうしたら速く走れるのか。前回特集した「お父さんが運動会で転ばず走る方法」に続き、陸上の元トップ選手が今からでも間に合う「うちの子の足を速くする方法」を紹介する。

  • どうすれば、お父さんは運動会で転ばないのか 陸上トップ選手が勧める“時短”練習法

    2017.09.20

    スポーツの秋――。9月に入り、涼やかな風が吹き始めると、やがてやってくるのは運動会の季節だ。お父さんにとっては我が子の活躍を見守りたいという願いがある一方、「保護者参加リレー」といったイベントで出番もある。しかし、風物詩のごとく起こるのが「転倒」だ。春の運動会シーズンには「なぜ、お父さんは運動会で転ぶのか」と題して特集し、大反響を呼んだが、今回はどうすれば、お父さんは転ばず、そして、子供は速く走れるのか。今からでも間に合う“時短”練習法を2回に分け、陸上の元トップ選手が紹介する。

  • なぜ、日本の子供は「夏休み」に休まないのか 猛練習はドイツで美談にならない

    2017.08.16

    パソコンを前に腕組みをして「うーん」と首をかしげていると、9歳の長男が「どうしたの?」と聞いてきた。「日本の子は夏にいっぱい練習するんだよね」という話をしたら、びっくりして声を出した。

  • 日本人が足で世界を制する日 Jリーガーら270人超選手を指導、「走りのプロ」が描く夢

    2017.06.13

    「走りのプロ」が現役トップアスリートを指導し、スプリントから日本スポーツ界を変える――。元短距離ランナーの斬新な挑戦が、脚光を浴びている。200メートルハードル日本最高記録保持者の秋本真吾氏(35)はアテネ五輪4×400メートルリレー日本代表の伊藤友広氏(34)と共同代表を務め、スプリント指導のプロ組織「0.01」を発足した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー