[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マラソンとの出会いで人生一変 86歳ランナーが勧めるスポーツのある日常とは

「陽子さんは元々、パタンナーのお仕事をなさってたんですよ。以前も私を採寸して、真っ白なロングスカートを作って下さったり」

70歳でマラソンを始め年齢別の世界記録を持つ中野陽子さん【写真:荒川祐史】
70歳でマラソンを始め年齢別の世界記録を持つ中野陽子さん【写真:荒川祐史】

元パタンナーの中野陽子さんとマラソンランナー谷川真理さんを引き合わせた“走り”

「陽子さんは元々、パタンナーのお仕事をなさってたんですよ。以前も私を採寸して、真っ白なロングスカートを作って下さったり」

「このパンツも自分で作って60年は履いています」

「え、これ? 60年? 体型もほぼ変わらないのね」

「自分でチャチャッと直せるし、たまにしか履かないから。洋服が捨てられなくて困ります(笑)」

【注目】世界記録を生んだ大事なパートナー 86歳マラソンランナーを支えるボディメンテ ゼリー

 軽快なトークを弾ませるのは、マラソンランナーの谷川真理さんと、マラソン世界記録(80-84歳の部)を持つ86歳のランナー・中野陽子さんだ。ずっと以前からの友達のようにも見える2人だが、知り合ったのは中野さんが70歳でマラソンを始めてからのこと。「走り始めてから友達がたくさん増えたし、谷川さんとも知り合えたし。こんなにいいことはありません」と中野さんは笑顔を咲かせる。

 一生続けられるスポーツをしようと、自宅近くの多摩川でジョギングを始めたところ、フルマラソン、ウルトラマラソン、そして世界記録挑戦と“走りの世界”にハマってしまった中野さん。コロナ禍の影響で今年の東京マラソンは出場を自粛したが、これまで全国津々浦々、数え切れないほどのレースに参加してきた。年齢を重ねながらも15年以上走り続けるのは「いろいろな人と知り合うのが楽しくて」。レースで生まれた一期一会は、人生に新たな彩りをもたらしてくれる。

「陽子さんは年齢を重ねてから世界で戦っているわけですからレジェンドですよ。一緒にマラソン大会に行くと、皆さんから声を掛けられていますね。皆さんの励みになる存在ですから」(谷川さん)

「以前、沿道で仲間の応援をしていたら、レースを走っていた方が私のところに駆け寄ってきて『いつも元気もらってます!』って声を掛けて下さったこともあるんですよ。驚いちゃった(笑)」(中野さん)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集