[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブカツ応援の記事一覧

  • 上野由岐子「不安がないと言えば嘘」 高校生に説いた“自分に期待する思考法”とは

    2021.05.01

    発生から1年以上が経過しても、今なお世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防ぐため、2020年は人々の日常生活に様々な制約が設けられ、我慢を強いられる場面も多かった。コロナ禍はスポーツ界にも大きな影響を与えた。それはプロの世界に限らない。アマチュアの世界はもちろん、小学生、中学生、高校生を対象とする大会も軒並み中止となってしまった。

  • トランスジェンダー生徒の運動部活動の難しさ 米国は大会で負けた女子選手が訴訟も…

    2021.04.30

    「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回は「トランスジェンダー生徒の運動部活動」。

  • 石川祐希が中学3年男子の「夢」をサポート お世話になったチームへ恩返し大作戦

    2021.04.30

    発生から1年以上が経過しても、今なお世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防ぐため、2020年は人々の日常生活に様々な制約が設けられ、我慢を強いられる場面も多かった。コロナ禍はスポーツ界にも大きな影響を与えた。それはプロの世界に限らない。アマチュアの世界はもちろん、小学生、中学生、高校生を対象とする大会も軒並み中止となってしまった。

  • 柴崎岳がサッカー少年の夢を応援 「どうしたら小さくてもパスがうまくなれますか」

    2021.04.29

    発生から1年以上が経過しても、今なお世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防ぐため、2020年は人々の日常生活に様々な制約が設けられ、我慢を強いられる場面も多かった。コロナ禍はスポーツ界にも大きな影響を与えた。それはプロの世界に限らない。アマチュアの世界はもちろん、小学生、中学生、高校生を対象とする大会も軒並み中止となってしまった。

  • 日本代表デビューの先輩から「刺激」 流経大柏が4発快勝、主将は意欲「3冠取りたい」

    2021.04.04

    高校年代の最高峰である高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグが開幕し、4日に行われたEAST第1節に臨んだ流通経済大学付属柏高校は、4-0で大宮アルディージャU18を破った。流経大柏は、OBの小川諒也(FC東京)が3月の国際親善試合で日本代表デビューを果たし、ワールドカップのアジア二次予選モンゴル戦にも出場。小川の在籍時、ヘッドコーチとして指導に携わっていた榎本雅大監督は「今日の試合は、出来過ぎ。立ち上がりの良さがすべて。受けに回ったら危険かなと思っていたけど、自信を持ってやってくれた。小川の代表デビューは本当に嬉しかったし、刺激になる」と話し、OB選手の活躍を次世代の育成につなげていく構えを示した。

  • 部活改革の選択肢にアスレチックトレーナーを 教員負担軽減のためにも提案したい一手

    2021.03.24

    「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回は「部活改革にアスレチックトレーナー導入の提案」。

  • 部活動での“理不尽”をどう乗り越えたのか 小林祐三は「その先の自分を想像した」

    2021.02.10

    現役時代、柏レイソル、横浜F・マリノス、サガン鳥栖でプレーし、Jリーグ通算435試合出場という輝かしい実績を持つ小林祐三氏が「THE ANSWER」の取材に応じた。前編では「プロとアマチュア」について語ってくれたが、後編は「理不尽」。約20年前、プロサッカー選手になることを夢見て進学した高校サッカー部では“理不尽”が当たり前のようにあった。小林氏はどうやって理不尽を乗り越え、夢を実現させることができたのだろうか。(文=藤井雅彦)

  • 日本と米国の運動部はどちらが教育的か トライアウト制の米国が子どもに教えること

    2021.01.28

    「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「日米の運動部それぞれの教育志向」。

  • 耳を疑った“緊急コンバート”から決勝点 矢板中央・小川がFWで途中起用された理由

    2021.01.06

    第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われ、駒沢陸上競技場では4年連続11度目の出場となった矢板中央(栃木)が富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りを決めた。決勝点を奪ったのは、本職は左SHながらFWで途中起用された小川心(3年)。高橋健二監督が決断した“緊急コンバート”で結果を残した小川は「出されたからには点を決めると思っていた」と胸を張った。

  • 完勝の青森山田、指揮官は控え選手に檄 試合後3分の円陣「厳しく言わせてもらった」

    2021.01.05

    第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われた。駒沢陸上競技場では24年連続26度目の出場となった青森山田(青森)が堀越(東京A)に4-0で勝利し、3年連続の準決勝進出を決めた。地力を見せつけたが、黒田剛監督は「サブのメンバーはもうちょっとアピールできてもよかった」と試合後の円陣でイレブンの気持ちを引き締めていた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集