[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松井秀喜さんに「1ミリでも近づきたい」 32年ぶり秋日本一の星稜、志願した主将が目指す「考える野球」

野球の明治神宮大会(神宮)は20日、高校の部決勝で星稜(北信越・石川)が作新学院(関東・栃木)に3-1で勝利し、32年ぶり3度目の優勝を果たした。同点で迎えた8回に決勝の2点タイムリー安打を放った芦硲晃太主将(2年)は、松井秀喜さんを擁した1991年以来の秋日本一に導いた。

決勝の2点タイムリー安打を放った芦硲晃太【写真:中戸川知世】
決勝の2点タイムリー安打を放った芦硲晃太【写真:中戸川知世】

明治神宮大会高校の部決勝、星稜が作新学院に3-1で勝利

 野球の明治神宮大会(神宮)は20日、高校の部決勝で星稜(北信越・石川)が作新学院(関東・栃木)に3-1で勝利し、32年ぶり3度目の優勝を果たした。同点で迎えた8回に決勝の2点タイムリー安打を放った芦硲晃太主将(2年)は、松井秀喜さんを擁した1991年以来の秋日本一に導いた。

「絶対に自分がここで返すぞ」。1-1で迎えた8回1死二、三塁、芦硲が振り抜いた痛烈な打球がライトへ。日本一を手繰り寄せる決勝の2点タイムリーに塁上でガッツポーズ。「今までに見たことないくらい最高の景色でした」。9回には星稜の応援席から「栄光の架け橋」の大合唱が沸き起こる中、32年ぶりの歓喜の時を迎えた。

 松井さんを擁した1991年以来の優勝。新チーム発足時、そのレジェンドも務めた星稜の主将に自ら志願した。「星稜高校のお手本になる人。1ミリでも近づきたい」と憧れているが、松井さんと同じ大役にも過度なプレッシャーは感じていない。それは頼れる仲間がいるからだ。

タイムリー安打を放ち、ガッツポーズをする芦硲【写真:中戸川知世】
タイムリー安打を放ち、ガッツポーズをする芦硲【写真:中戸川知世】

 目指すは「考える野球」。新チームから公式戦前日は部員だけで30~40分程度のミーティングを行う。この決勝前日も、芦硲の部屋に野手14人が集合し、相手エース・小川哲平(2年)を自主的に分析。決勝タイムリーを打った2番手・石毛虹晴(2年)に対しても打者が素早く次の打者に情報共有。攻略の糸口を見つけ出した。

「やらされる野球ではなく、自分から考えた野球をしたい」。主将を志願したときに監督に伝えた理想のチームへ。「ほかの選手からも発言を色々してもらっている」と一歩ずつ近づいていることを全国の決勝で証明した。

 秋の日本一になり、センバツは追われる立場になる。夏は昨年、今年と2年連続で甲子園に出場するも、初戦敗退。芦硲は出場が目標だったという慢心を自覚し、チームには「全国が勝負だぞ!」と伝え、チャレンジャー精神を植え付けてきた。「春のチャンピオンを取ることをチャレンジャーとして臨みたい」と意気込んだ。

 好投手に対しての打撃や守備の乱れなど、北信越大会も含め課題も明確になった。ひと冬越し、さらに団結力を増したチームで、次は甲子園の栄光を掴みにいく。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集