[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英語も話せない若者が、米国で「日本のカリー」になるまで 富永啓生に聞いた「1つ言える」こと

男子バスケットボール日本代表の富永啓生が6日、オンラインで2023-204シーズン帰国報告会見を行った。2019年3月に愛知・桜丘高を卒業後、バスケの本場・米国に飛び込んで5年。NCAA(全米大学体育協会)1部のネブラスカ大ではエースとして活躍し、同州の親善大使に任命されるほどのスターとなった。そんな23歳に、異国での挑戦を志す“後輩”へのメッセージを聞いた。

オンライン会見を行った富永啓生(画像はスクリーンショット)
オンライン会見を行った富永啓生(画像はスクリーンショット)

オンラインで帰国報告会見

 男子バスケットボール日本代表の富永啓生が6日、オンラインで2023-204シーズン帰国報告会見を行った。2019年3月に愛知・桜丘高を卒業後、バスケの本場・米国に飛び込んで5年。NCAA(全米大学体育協会)1部のネブラスカ大ではエースとして活躍し、同州の親善大使に任命されるほどのスターとなった。そんな23歳に、異国での挑戦を志す“後輩”へのメッセージを聞いた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 充実感が漂っていた。前夜に帰国したばかりの富永の顔には少し疲れも見えたが、米国での5年間を振り返ると柔らかい笑顔が浮かんだ。「毎日毎日練習した練習場やチームメートたち、バスケットに関わっていた時間が一番の思い出。ネブラスカでの3年間は一生忘れないと思う」。高校卒業後に飛び込んだバスケットの本場。英語が話せないところからスタートし、一躍スターにまで成長した。

 2019-20シーズンからNJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジに進学し、2021-22シーズンからネブラスカ大に編入。2季目に頭角を現した。今季は押しも押されもせぬエースに。自己最高の1試合平均15.1得点をマークするなど、同大の10年ぶり8度目のNCAAトーナメント(通称:マーチ・マッドネス)進出に貢献した。

「託される存在になれて嬉しかった」。愛知の若者は渡米から5年の今年4月、ネブラスカ州の親善大使に任命されるなど、英雄的存在にまで成長した。

 得意の3ポイントシュートに磨きがかかり、NBAウォリアーズの超大物ステフィン・カリーに例えられ「日本のカリー」と米メディアに評されることも。「最初と比べて人気が少しずつ出てきたのはありがたかった。楽しくやれて嬉しかった」。バスケの本場での挑戦をしみじみと振り返る。

 今月3日に発表された日本代表の第2次強化合宿参加メンバーには富永以外にも、ハワイ大のジェイコブス晶、ネバダ大の山ノ内勇登らも名を連ねる。これからも米大学進学を目指す日本の“後輩”は増えていくだろう。富永は「1つ言えるのは簡単な道ではないということ」と釘を刺しつつ、「自分のためになると思った」と経験を表現する。

「言葉も分からない中でアメリカに飛んで生活できたことは、これからの人生にとって成長させてくれる5年間だった。とてもいい経験になった」。様々な壁がある異国での生活は、富永の人間性をも大きくした。5年間で自信と評価を勝ち獲り、目指すは変わらず「NBA選手」。来季の所属先は未定だが、まずは日本代表に専念し、パリ五輪でのアピールを誓う。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集