[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元ヤクルト・林昌勇が詐欺容疑で起訴 賭博資金の910万円返済せず…過去にも常習賭博で有罪判決

かつてプロ野球のヤクルトで5年間プレーし、通算128セーブを記録したイム・チャンヨン(林昌勇)が、韓国で「賭博資金関連詐欺容疑」で起訴され裁判中であることが分かった。韓国全羅南道の地元紙「南道日報」など複数のメディアが伝えている。賭博資金として8000万ウォン(約910万円)を知人に借り、返済していないという。

ヤクルト時代の林昌勇【写真:産経新聞社】
ヤクルト時代の林昌勇【写真:産経新聞社】

ヤクルト支えたクローザー、引退後は賭博や詐欺で複数の有罪

 かつてプロ野球のヤクルトで5年間プレーし、通算128セーブを記録したイム・チャンヨン(林昌勇)が、韓国で「賭博資金関連詐欺容疑」で起訴され裁判中であることが分かった。韓国全羅南道の地元紙「南道日報」など複数のメディアが伝えている。賭博資金として8000万ウォン(約910万円)を知人に借り、返済していないという。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 記事によれば、韓国南部の光州にある地裁では11日に、林昌勇に対する2度目の公判を開く。2019年にフィリピンで知人に8000万ウォンを借りた後、返済しなかったという容疑で1月24日に起訴されていた。

 光州地検の「重要経済犯罪調査団」は、林昌勇が知人に「3日後に妻所有の株式を売って返済する」と約束し、借りた資金をギャンブルに使った後返済しなかったと見ており、林昌勇の弁護人は2度目の公判で、検察の挙げた証拠に対する意見を明らかにするという。

 林昌勇は韓国プロ野球で760試合に登板し、通算258セーブを記録した。2008年からはヤクルトで5年間プレーし、NPB通算238試合で11勝13敗128セーブ、防御率2.09と活躍。2013年にカブスでプレーした後韓国プロ野球に戻り、2018年限りで引退した。

 一方で現役中の2014年にはマカオでの不法賭博の疑いで起訴され、2021年にも知人に借りた1500万ウォンを返済せず、詐欺容疑で略式命令を受けている。2022年には常習賭博で摘発され、懲役6か月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集