[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バドミントンのニュース一覧

  • 世界女王ナガマツ、欧州遠征で見つけた課題「五輪レースへ向けて安定させないと」

    2018.10.31

    夏に世界を驚かせた新女王ペアは、やはり攻めたら強かった。デンマーク、フランスで行われた国際大会に出場していたバドミントン日本代表が30日に帰国した。女子ダブルスの「ナガマツ」ペアこと松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)は、デンマークオープンで初戦敗退を喫したが、翌週のフランスオープンで優勝。BWFワールドツアー初勝利を挙げた。

  • 山口茜、2回戦負けの翌週に7か月ぶりV “V字回復”に見た成長「吹っ切れた」

    2018.10.31

    結果を怖がらない姿勢こそ、山口の真骨頂だ。欧州に遠征していたバドミントン日本代表が30日に帰国した。女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は、デンマークオープンで2回戦敗退。今季初めて8強入りを逃した。しかし、翌週のフランスオープンでは、3月のドイツオープン以来となる7カ月ぶりの優勝を飾った。

  • 桃田賢斗、世界1位が今感じている課題とは 「まだ自分には足りないと思った」

    2018.10.31

    期待に応え続けるために、桃田は、よりタフな世界王者を目指す。デンマーク、フランスの両大会に出場したバドミントン日本代表が30日に帰国した。男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、デンマークオープンで優勝。今季BWFワールドツアー3勝目を挙げた。しかし、翌週のフランスオープンでは、準決勝でチェン・ロン(中国)に敗れ、2大会連続優勝は逃した。

  • タカマツ、貫録の2週連続Vの裏にある心境の変化「相手が誰でもやること変わらない」

    2018.10.01

    苦しみの中から這い上がる強さは、消えない。2週連続で行われた中国オープン、韓国オープンに参加したバドミントン日本代表が1日に帰国し、両大会で優勝した女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、苦手意識のあった日本勢対決を新たな気持ちで乗り越えたことを明かした。高橋は「韓国オープンは、準々決勝から、世界選手権でメダルを取った日本の3組にストレートで勝つことができて自信になった。今までは、気持ち的に向かって来られるところが多かったけど(後輩を)『自分たちがメダルを取れなかった世界選手権でメダルを取った人たち』に置き換えて、向かっていけた」と笑顔を見せた。

  • 桃田賢斗が凱旋帰国 男子初世界ランク1位にも謙虚「“圧倒的感”は全くない」

    2018.10.01

    バドミントンの国際大会、中国オープン、韓国オープンに出場していた日本代表が1日に帰国した。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、韓国オープンで準々決勝に進出したが、左足かかとの痛みを理由に棄権し、西本拳太(トナミ運輸)との対戦は実現しなかった。桃田は「歩くときも少し痛かった。棄権する前日の試合、デンマークの選手と対戦した日の朝は、一番ひどかった。疲れが溜まるとともに痛みが増していく感じ。でも、棄権をしてからは2、3日完全休養を取って、少し良くなった」と棄権の理由を説明しつつ、軽傷であることを強調した。

  • 初Vの桃田賢斗が東京で見せたかったものは? 「一球一球に必死で食らいついている」

    2018.09.17

    選手は、シャトルの落下点へ。ファンは、会場へ。足を運ぶことに意味のある大会だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝戦を行い、男子シングルスは、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21-14、21-11)でコシット・フェトラダブ(タイ)を破って初優勝を飾った。

  • フクヒロ、「飛ばない」五輪会場を生かした初優勝「思い切って振って攻撃に行けた」

    2018.09.17

    「フクヒロ」の安定感は、やはり抜群だ。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に各種目の決勝を行い、女子ダブルスは世界ランク1位の福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がストレート(21-15、21-12)で世界ランク2位のチェン・チンチェン、ジァ・イーファン(中国)を破って初優勝を飾った。

  • 奥原希望、東京五輪をイメージさせる“女王対決”に惜敗「しっかりと対策練りたい」

    2018.09.16

    女王対決と呼ぶにふさわしい熱戦だった。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は16日に最終日を迎え、女子シングルスはキャロリーナ・マリン(スペイン)が2-1で奥原希望(日本ユニシス)を破って連覇を成し遂げた。

  • 桃田&奥原、フクヒロが決勝へ レベルも意欲も高い今大会、五輪会場で初の複数Vは?

    2018.09.15

    バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は15日に各種目の準決勝を行い、日本勢では男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)、女子ダブルスの「フクヒロ」ペアこと福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が翌16日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる決勝に勝ち残った。

  • 奥原、日本人対決で2年ぶり決勝へ 完敗の大堀「やりたいこと出させてもらえず」

    2018.09.15

    注目の日本人対決は、奥原が大堀を退けた。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は15日に各種目の準決勝を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、ストレート(21-12、21-12)で大堀彩(トナミ運輸)を下して2年ぶりの決勝進出を果たした。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー