[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ノニト・ドネアの記事一覧

  • 井上尚弥の戦友ドネア、交通事故に遭遇 タクシー乗車中「無事に感謝」「警察を待っている」

    2024.03.16

    ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、自身のXで交通事故に遭遇したことを明かした。乗っていたタクシーが接触事故を起こしたようで、エアバッグが作動した実際の画像も投稿。「みんなが無事だったことに感謝する」と幸いにも無事であったとも伝えている。

  • 井上尚弥は「私よりも重かった」 元5階級制覇王者が「Sフェザー級まで行ける」と主張する根拠

    2024.01.12

    ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と2度対戦した経験を持つ元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、将来的な井上の階級転向に太鼓判を押している。米メディアに対し「スーパーフェザー級まで行ける」「彼は私よりも重いんだ」と主張した。

  • 井上尚弥の戦友ドネア、年間最優秀選手にクロフォードを推すワケ「1試合しかしていないけど…」

    2024.01.11

    ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、世界で最も権威ある米専門誌「ザ・リング」の2023年「Fighter of the Year」(年間最優秀選手)に選ばれた。ただ井上と2度対戦した経験を持つ元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)は米メディアの取材に、世界ウェルター級で4団体統一したテレンス・クロフォード(米国)を年間最優秀選手に推薦。その理由も語っている。

  • 40歳ドネア戦の客席が「完全に敬意に欠けている」 WBCが異例の声明「最高の戦士の一人だぞ」

    2023.07.30

    ボクシングのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)王座決定戦12回戦が29日(日本時間30日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われ、元世界5階級制覇王者の同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)が同級3位アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に0-3の判定負け(113-115×2、112-116)を喫した。40歳のドネアは昨年6月に井上尚弥(大橋)との3団体統一戦に敗れて以来の再起戦。1年1か月半ぶりの王座返り咲きはならなかったが、WBCが試合後にツイッターで異例の声明を出している。

  • 5階級制覇王者の40歳ドネア完敗、キャリア終焉か 米記者は衰え指摘「現役続行する姿は見たくない」

    2023.07.30

    ボクシングのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)王座決定戦12回戦が29日(日本時間30日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われ、元世界5階級制覇王者の同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)が同級3位アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に0-3の判定負け(113-115×2、112-116)を喫した。40歳のドネアは昨年6月に井上尚弥(大橋)との3団体統一戦に敗れて以来の再起戦。1年1か月半ぶりの王座返り咲きはならなかった。米記者からは「これが終わりのシグナルかもしれない」「殿堂入りを楽しみにしている」と衰えを指摘し、キャリアの終焉を指摘する声が上がった。

  • 40歳ドネア、完敗で世界王座返り咲き失敗 井上尚弥戦以来の再起戦、去就は「ロッカーで皆と話して決めたい」

    2023.07.30

    ボクシングのWBC世界バンタム級(53.5キロ以下)王座決定戦12回戦が29日(日本時間30日)、米ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われ、元世界5階級制覇王者の同級1位ノニト・ドネア(フィリピン)が同級3位アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)に0-3の判定負け(113-115×2、112-116)を喫した。40歳のドネアは昨年6月に井上尚弥(大橋)との3団体統一戦に敗れて以来の再起戦。1年1か月半ぶりの王座返り咲きはならなかった。

  • 井上尚弥のパンチは「GPSがついている」 元世界王者が称賛、チャンピオンに相応しい能力全搭載

    2023.07.28

    25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の井上尚弥(大橋)が2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちで4階級制覇を達成した。世界中から称賛が集まる中、米国の元世界王者も「パンチにはGPSがついている」「イノウエのような選手を倒せる選手の想像はワクワクだ」と独自の視点で絶賛した。

  • 井上尚弥の戦友ドネアも再起戦間近 40歳の最新左フックに海外興奮「格が違う」「シャープだ」

    2023.07.28

    25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の井上尚弥(大橋)が2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ち。階級制覇を達成した。そんな井上とかつて2度戦っている元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)も、今週末に王座返り咲きを狙う大一番を控える。40歳はド迫力のミット打ち映像を公開。「左フックは格が違う」「いまだ健在だ」と海外ファンを驚かせている。

  • 井上尚弥の標的タパレスに先輩ドネアが警告「手を上げ続けろ。捕まったら痛めつけられるぞ」

    2023.07.27

    25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の井上尚弥(大橋)が2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちで4階級制覇を達成した。試合後のリングで井上は試合後にもう一人の2団体王者マーロン・タパレス(フィリピン)との対戦を熱望し、タパレス本人も快諾。年内の4団体統一戦に期待が高まった。これについて、かつて井上と2度戦い、敗れている5階級制覇王者ノニト・ドネアが言及した。

  • 戦友ドネアが4階級制覇の井上尚弥を絶賛 勝利に驚きなし「いつでも試合を終わらせられると…」

    2023.07.27

    25日に行われたボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の井上尚弥(大橋)が2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちで4階級制覇を達成した。かつて井上と2度戦い、敗れているフィリピンの元5階級制覇王者ノニト・ドネアがこの試合について言及し、結果について「驚きはない」などと述べた。

  • 井上尚弥は「今まで戦った中で最強」 ドネアが英専門誌で告白「パワー、瞬発力…自分と似ている」

    2023.07.24

    ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、25日に東京・有明アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦する。運命の一戦を前に、井上と2度戦っているノニト・ドネア(フィリピン)は「これまでに対戦した中で最もタフ、もしくは最強と言える」と振り返っている。

  • 井上尚弥戦は「ほんの少しフルトン有利」 2度敗れたドネアが予想「階級を上げ、相手は王者…」

    2023.07.20

    ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は、25日に東京・有明アリーナでWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に挑戦する。世界でさまざまな予想が飛び交う中、井上と2度拳を交えたノニト・ドネア(フィリピン)は「ほんの少しフルトン有利」と専門メディアに語っている。

  • 井上尚弥戦では「どんなミスも高い代償になる」 再起戦迫るドネアが回顧「首を取られた」

    2023.07.13

    ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は29日(日本時間30日)、米ラスベガスのT-モバイル・アリーナで行われるWBC世界バンタム王座決定戦でアレクサンドロ・サンティアゴ(メキシコ)と対戦する。再起を目指す40歳は、米メディアのインタビューで前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)との対戦を回顧。「どんなミスも高い代償になる」と明かしている。

  • ドネア、井上尚弥は「私が戦った最高の選手」 フルトンに警鐘「自信与えてはだめだ」

    2023.02.21

    ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1月にスーパーバンタム級への転向を表明。米メディアでは、WBC&WBO世界同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)との対戦の可能性が報じられている。井上と2度対戦している元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、米メディアのインタビューで井上について言及。「彼は間違いなく私が戦った中で最高の選手の1人だ」などと評している。

  • ドネアの次戦決定か サンティアゴとWBC王座かけ激突と米報道、6月TKO負けの井上戦以来

    2023.02.17

    ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が、WBC世界バンタム級王座決定戦で同級4位のアレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)と対戦すると、米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じた。ドネアにとっては昨年6月、同級3団体王座統一戦で井上尚弥(大橋)に敗れて以来の再起戦が、王座をかけての一戦となる。

  • ドネア、井上尚弥が手放したバンタム級王座は「全て獲りに行く」 対戦相手は「選ばない」

    2023.02.15

    ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は先月、4つのベルトを返上してスーパーバンタム級に転向することを発表した。かつて井上に2度敗れている元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、米メディアのインタビューで自身の今後について言及。次戦については「WBCが次の相手を設定するのを待っている」状態だといい、「全ての王座が空位だ。全てのベルトを獲りに行く」と決意を明かした。

  • 井上尚弥戦、日本開催ならフルトン判定勝ちは可能か ドネアの持論「村田は日本で…」

    2023.02.15

    ボクシングの前世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は先月、4つのベルトを返上してスーパーバンタム級に転向することを発表。米メディアでは、WBC&WBO世界同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)との対戦の可能性が報じられている。元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、2人の対戦が実現した場合について展望。日本開催を想定しても、フルトンの判定勝利は「可能だ」と語っている。

  • ドネア、井上尚弥の標的王者フルトンに助言「ボディ以外で彼を倒せない。タフな男だ」

    2023.02.14

    昨年12月、世界バンタム級4団体統一の偉業を成し遂げたボクシングの井上尚弥(大橋)。今年1月にスーパーバンタム級への転向を発表し、米メディアではWBC&WBO世界同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)と対戦の可能性が報じられている。かつて井上に2度敗れている元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、米メディアのインタビューで2人に言及。対戦が実現した場合、条件次第では「イノウエにとって厳しい夜になる」などと語っている。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集