[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、井上尚弥の標的王者フルトンに助言「ボディ以外で彼を倒せない。タフな男だ」

昨年12月、世界バンタム級4団体統一の偉業を成し遂げたボクシングの井上尚弥(大橋)。今年1月にスーパーバンタム級への転向を発表し、米メディアではWBC&WBO世界同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)と対戦の可能性が報じられている。かつて井上に2度敗れている元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、米メディアのインタビューで2人に言及。対戦が実現した場合、条件次第では「イノウエにとって厳しい夜になる」などと語っている。

昨年6月に井上尚弥と対戦したノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
昨年6月に井上尚弥と対戦したノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

米メディアのインタビューで2人に言及

 昨年12月、世界バンタム級4団体統一の偉業を成し遂げたボクシングの井上尚弥(大橋)。今年1月にスーパーバンタム級への転向を発表し、米メディアではWBC&WBO世界同級統一王者スティーブン・フルトン(米国)と対戦の可能性が報じられている。かつて井上に2度敗れている元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は、米メディアのインタビューで2人に言及。対戦が実現した場合、条件次第では「イノウエにとって厳しい夜になる」などと語っている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ドネアは2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上と対戦し、フルラウンドの死闘の末に判定負け。昨年6月の再戦では2回TKO負けしている。米専門メディア「ファイトハイプ」公式YouTubeのインタビューでは、対戦の可能性が指摘されているフルトンに「ガードを高く構えないといけない。ジャブを使って動くんだ。イノウエは速いよ。パンチも強力だ」と助言を送っていた。

 井上とリングで拳を交えた経験を振り返ったドネアは「イノウエは、慎重に試合を進める時に良いボクシングをする。(井上VSドネアの)第1戦で彼は私をなぎ倒せると思っていた。序盤で倒そうと思っていたらパンチを食らった。第2戦では私にフックを当てられてから『マズい』って感じで慎重になってカウンターや頭を使うようになった」と2試合を表現。井上については慎重である時の方が実力を発揮するタイプと見ているようだ。

「彼(井上)は賢い男だ。前後に動くタイプのボクサー。左右へはあまり動かない」と分析しているドネアは、フルトンに「ジャブを使って距離を保つ必要がある。ジャブでイノウエを防げば、回り込むのは難しくなるし、彼(井上)は確信が持てる時以外はオーバーハンドを放たない。だから、フルトンは良い守備、良いジャブ、良い距離を築かなければいけない」と助言した。

 さらに「それができればイノウエにとっては厳しい夜になるだろう。ボディショット以外ではイノウエを倒せないだろう。タフな男だからね」と語った。「イノウエに彼の距離で戦わせたらパワフルだ。でもバックペダルを踏ませれば力は弱まる。後ろに下がるのは彼にとって心地よくもない」とも指摘している。

 一方で井上には「イノウエはただ、今までやってきたことを続けるべき。フルトンに出し抜かれるな。叩き潰すんだ。パワーを感じさせて、考えを変えさせるんだ」とアドバイスしていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集