[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道のニュース一覧

  • 「最も美しい柔道家だ」 18歳ビロディドが欧州女王、海外ファン歓喜「唯一無二」

    2019.06.23

    欧州競技大会の柔道女子48キロ級で18歳ダリア・ビロディド(ウクライナ)が優勝。昨年、史上最年少で世界選手権を制し、美人すぎる柔道家としても話題を呼んだが、金メダルの期待がかかる東京五輪へ弾みをつけた。試合後はインスタグラムで優勝を報告。「最も美しい柔道家だ」と反響を呼んでいる。

  • 欧州騒然!? 柔道試合中の“スマホ落としの珍事”に各国も反響「気まずい瞬間」

    2019.05.13

    柔道のグランドスラム・バクー大会で試合中に道着からスマホが畳に落ち、失格になるという前代未聞の珍事が発生。まさかのシーンを国際柔道連盟が動画付きで公開し、「こんなの見たことない」「まぬけだ」「悲しすぎる」などと海外ファンは騒然となっていたが、海外メディアも続々反応。「柔道家が畳に携帯を落として失格」「奇妙なアクシデント」などと報じている。

  • えっ、試合中にスマホが… 柔道国際大会の“衝撃の落とし物”に海外騒然「まぬけだ」

    2019.05.12

    柔道のグランドスラム・バクー大会で試合中に道着からスマホが畳に落ち、失格になるという前代未聞の珍事が発生した。まさかの“試合中の落とし物”の実際のシーンを国際柔道連盟が動画付きで公開し、「こんなの見たことない」「彼女からの電話を待っていたのかも」「まぬけだ」「悲しすぎる」などと騒然とさせている。

  • 美人すぎる18歳柔道家ビロディド、“歓喜の金”の1枚が大反響「美しく、輝いている」

    2018.10.19

    連日、熱戦が繰り広げられている柔道の世界ジュニア選手権。女子48キロ級決勝では、ダリア・ビロディド(ウクライナ)が芳田真(比叡山高)を破り、優勝。史上最年少優勝を達成した9月の世界選手権に続き、世界タイトルを手にした。「美人すぎる柔道家」として話題の18歳は試合後にインスタグラムを更新。表彰式の“歓喜の金”の1枚を公開し、海外ファンから「美しく、君は輝いている、おめでとう」などと祝福を達成している。

  • 美人すぎる柔道女王が誕生日 モデル級18歳初ショットに祝福殺到「バービー人形だ」

    2018.10.11

    柔道の世界選手権女子48キロ級で優勝したダリア・ビロディド(ウクライナ)が10日に18歳の誕生日を迎えた。「美人すぎる」と海外のみならず、日本でも話題になっている美しき女王は、自身のインスタグラムでモデルばりの“バースデー写真”を公開。海外ファンから「とても美しい」「おめでとう、天使」「プリンセス」「バービー人形だ」と祝福が殺到している。

  • 世界柔道で金8個、日本の快進撃に伊メディア衝撃「対戦相手は手立てを探さなければ」

    2018.09.28

    柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)は27日、東京五輪の新種目となる男女混合団体戦が行われ、日本は決勝でフランスに4-1で快勝し、連覇を達成した。男女で計7階級制覇の個人戦と合わせて金メダル8個と量産。2年後へ向けて大きな手ごたえをつかむ大会となった。イタリアメディアでも日本の快進撃に脚光。「日本が明らかに覇権を持つことを確認することとなった」と称賛を送っている。

  • 「美人すぎる17歳柔道家」を元世界王者も絶賛「東京五輪でも間違いなく有力候補だ」

    2018.09.22

    柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)第1日は20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。17歳345日は史上最年少Vの快挙となった。一躍、柔道界に現れたニューヒロインに対し、男子の元世界王者は「非常に規格外」「東京五輪でも間違いなく有力候補だ」と絶賛している。国際柔道連盟公式サイトが伝えている。

  • 阿部一二三&詩、“最強の兄妹V”を海外絶賛「疑いなく阿部兄妹のための一日だ」

    2018.09.22

    柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)は21日、女子52キロ級で18歳の阿部詩(夙川学院高)が初優勝。続いて登場した男子66キロ級では兄の阿部一二三(日体大)が2連覇を達成し、日本初の男女兄妹同時Vを達成した。最強兄妹の快挙に対し、海外の元世界王者、メディアから「2人とも最高のテクニシャンと証明」「疑いなく阿部兄妹のための一日だ」と絶賛が相次いでいる。

  • ウクライナの17歳美女柔道家、最年少Vに祝福殺到「君が最強」「柔道のプリンセスに」

    2018.09.21

    柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)第1日は20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。17歳345日の優勝は史上最年少の快挙となった。「美人すぎる17歳柔道家」としても話題の新女王は自身のSNSで喜びをつづると、海外ファンから「17歳でとんでもない強さ」「君が最強」「柔道のプリンセスになった」と祝福が殺到している。

  • 「美人すぎる柔道家」の“ヤワラ超え最年少V”に海外絶賛「衝撃的パフォーマンス」

    2018.09.21

    柔道の世界選手権(アゼルバイジャン)第1日は20日、女子48キロ級決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)が渡名喜風南(パーク24)に一本勝ちで初優勝。17歳345日の優勝は、国際柔道連盟によると、史上最年少の快挙となった。「美人すぎる17歳柔道家」としても話題の新女王に対し、国際柔道連盟、海外メディアも「衝撃的なパフォーマンス」と絶賛している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集