[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道韓国女子の“顔面張り手”敗退騒動は「故意ではない」 地元メディアが擁護「理解できない判定だ」

中国・杭州で行われているアジア大会の柔道女子48キロ級で、韓国選手が繰り出した“張り手”が物議を醸している。準決勝でイ・ヘギョンはカザフスタンのアビバ・アブジャキノワと対戦し、非スポーツマン行為による反則で3つ目の指導を受け1本負け。畳に30秒以上残り、不満を表した。これについて韓国の各メディアは「故意ではなかった」という伝え方をしている。

準決勝で敗退し、落胆するイ・ヘギョン【写真:ロイター】
準決勝で敗退し、落胆するイ・ヘギョン【写真:ロイター】

柔道女子48キロ級準決勝で韓国選手の手が2度相手の顔に

 中国・杭州で行われているアジア大会の柔道女子48キロ級で、韓国選手が繰り出した“張り手”が物議を醸している。準決勝でイ・ヘギョンはカザフスタンのアビバ・アブジャキノワと対戦し、非スポーツマン行為による反則で3つ目の指導を受け1本負け。畳に30秒以上残り、不満を表した。これについて韓国の各メディアは「故意ではなかった」という伝え方をしている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 問題の準決勝。残り1分30秒というところで、イ・ヘギョンの出した右手がアブジャキノワの顎に入った。時計は止められ、痛がるアブジャキノワ。イ・ヘギョンも手を上げて詫びるゼスチャーを見せた。

 その後ゴールデンスコア(延長戦)に突入し、イ・ヘギョンは2つ目の指導を受けた。さらに2分を過ぎたところでイ・ヘギョンの手が再び相手の顔に。アブジャキノワはその場にうずくま利、映像では出血しているようにも見える。およそ1分の中断ののち、非スポーツマン行為でこの試合3つ目の指導が入り一本負け。呆然と畳に居座ったイ・ヘギョンは、審判に礼を促されようやく畳を降りた。

 このプレーは中国でも大きく報じられるなど物議を醸しているが、韓国メディア「MKスポーツ」は「故意ではなかった。しかし結果はひっくり返らなかった」との見出しで報道。さらに「残念な結果だというのは誰よりイ・ヘギョンが良く知っていた。頭を振った彼女は涙を見せ、見る人々は胸を痛めた」と現場の模様を伝えている。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集