[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュース - テニスの記事一覧

  • 杉田祐一、217キロサーブ避ける珍事も金星 世界16位撃破「米国NO1に衝撃与える」

    2017.08.16

    男子シングルス世界ランク46位の杉田祐一(三菱電機)が、ウェスタン&サザン・オープン1回戦で同16位のジャック・ソック(米国)を7-5、6-4のストレートで金星を手にした。地元アメリカ勢の最高ランカー撃破に、ATPワールドツアー公式サイトも「スギタがシンシィでアメリカのナンバーワンに衝撃を与える」と特集している。

  • シャラポワ興奮「鳥肌ものよ」 全米OP、主催者推薦で復帰後初の4大大会出場へ

    2017.08.16

    女子テニスの元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が、禁止薬物による出場停止処分から復帰後、初のグランドスラムとなる全米オープン(28日開幕)に出場することが決まった。大会側がワイルドカード(主催者推薦)での出場を認めたことを発表。「ロシアの妖精」と呼ばれた30歳はグランドスラム復活について「鳥肌もの」と喜びを溢れさせている。

  • 過密日程が要因? トップ10が6選手欠場、英紙「ニシコリが負傷者リスト入り」

    2017.08.15

    男子テニスの世界ランキング9位・錦織圭(日清食品)が、全米オープンの前哨戦、ウェスタン・アンド・サザン(W&S)オープンの欠場が決まり、海外メディアも反応。今大会はトップ10選手の出場回避が続出しており、英紙「イブニング・スタンダード」は「全米オープン前哨戦の負傷者リストに仲間入り」と報じている。

  • 錦織に“ライバル”登場!? “テニス選手”に変身したサルの技術に海外メディア注目

    2017.08.12

    テニス界は全米オープンの前哨戦・ロジャーズ・カップで連日熱戦が繰り広げられている。世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、2回戦で同22位のガエル・モンフィス(フランス)に2時間41分の激闘の末に敗れたが、日本のエースに意外な“ライバル”が登場し、海外で話題となっている。

  • 若き日の苦悩― 絶対王者フェデラー、ジュニア時代の「ナイーブ」な自分を告白

    2017.08.11

    男子テニスのロジャーズ・カップは10日、男子シングルス3回戦で世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同33位のダビド・フェレール(スペイン)に勝利。クレコートのスペシャリスト相手に通算17戦17勝と無敗を守ったが、敵に黒星を突き付け続ける勝負の世界の非情さに苦しんだ過去を告白している。カナダ紙「モントリオール・ガゼッタ」が報じた。

  • ズベレフだけじゃない ナダルの挑戦を打ち砕いた18歳神童、新世代の旗頭に急浮上

    2017.08.11

    男子テニスのロジャーズ・カップは10日、シングルス3回戦で世界ランキング143位のデニス・シャポバロフ(カナダ)が同2位のラファエル・ナダル(スペイン)を3-6、6-4、7-6で下し、ベスト8に進出。「FOXスポーツ」オーストラリア版は「大番狂わせ」と評し、新たなヤングスター候補の活躍を報じた。

  • 韓国の“二刀流”に海外メディアも注目 両手でラケットを操る衝撃「奇妙なケース」

    2017.08.11

    男子テニスのグランドスラム、全米オープンの前哨戦であるロジャーズ・カップは連日熱戦が繰り広げられているが、次世代のトップ選手を目指すチャレンジャーツアーで左右両手を遜色なく使いこなす“二刀流”選手が登場し、話題となっている。

  • 36歳フェデラーは「何をしても可愛らしい」? “ピンク戦闘服”が海外で話題

    2017.08.10

    男子テニスのロジャーズ・カップは9日、男子シングルス2回戦で世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)がピーター・ポランスキー(カナダ)にストレート勝ち。8日に誕生日を迎えたばかりの王者は36歳初戦を“ピンク戦闘服”で快勝。ATP中継サイト「テニスTV」は公式ツイッターで「可愛らしいピンクだ」と紹介する一方、圧倒的な戦いぶりを「36歳のトリック祭り」と称賛している。

  • テニス界の新怪物が「77秒の奇跡」 極限ラリーに絶賛の嵐「ポイントオブザイヤーだ」

    2017.08.10

    男子テニスのグランドスラム、全米オープンの前哨戦として熱戦が繰り広げられているロジャーズ・カップで49本に及ぶ長すぎるラリーが飛び出し、話題を呼んでいる。その時間、実に77秒。どちらも譲らず、ミスをしない完璧なラリーをATP中継サイトの「テニスTV」が公式ツイッターで動画付きで紹介。「ポイント・オブ・ザ・イヤーだ」とファンから大拍手が巻き起こっている。

  • 「錦織の気持ち痛いほどわかる」 モンフィス、リオ五輪の雪辱で雄たけび爆発

    2017.08.10

    男子テニスのロジャーズカップは、カナダのモントリオールでシングルス2回戦が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は同22位のモンフィス(フランス)に7-6、5-7、6-7で敗れた。2時間41分の激闘で、28本のウィナーをたたき込んだモンフィスの勝負強さがきらりと光った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
全国高体連公式 インターハイ応援サイト「インハイ.tv」
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー