[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュース - テニスの記事一覧

  • 大坂なおみ、「史上最高」の“憧れの人”との初々しい2ショット公開「本当に緊張した」

    2017.10.19

    女子テニスの世界ランク65位、大坂なおみ(日清食品)がインスタグラムを更新。“憧れの人”との2ショット写真を掲載するとともに、「今年に入って2回も彼女とプレーできて、十分すぎるほどラッキーだった」と喜びの想いをつづった。

  • 王者フェデラーがまた金字塔 歴代2位の「94」に浮上、今度の記録は何?

    2017.10.18

    男子テニスの世界ランク2位、ロジャー・フェデラー(スイス)は上海マスターズ決勝でラファエル・ナダル(スペイン)を下し、今季ツアー6勝目を飾った。ATP公式サイトによると、これによりオープン大会歴代2位タイの優勝数になったと伝えている。

  • 錦織ら次世代の“甘さ”に英紙が苦言「フェデラー、ナダルの支配は後続の恥」

    2017.10.18

    男子テニス世界ランク15位の錦織圭(日清食品)は右手首の腱損傷のため、8月から今季残りのツアーを欠場。世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、 同2位のロジャー・フェデラー(スイス)というレジェンドが完全復活を果たした一方で、英メディアは世代交代できない錦織らテニス次世代の不甲斐なさに苦言を呈している。

  • 大坂なおみ「何やってるの私?」 誕生日の“天然告白”に世界のファン微笑み

    2017.10.17

    女子テニスの世界ランク65位、大坂なおみ(日清食品)が16日、20歳の誕生日を迎えた。10代を卒業した次代のヒロイン候補は、持ち前の天然ぶりを発揮。ツイッターで節目の一日の“意外な行動”を明かし、「何やっているの私?」と茶目っ気たっぷりにつづると、ファンにほほ笑みが広がっている。

  • 大坂なおみ、20歳の誕生日 全米OPが“名シーン”祝福「このままランク駆け上がれ」

    2017.10.17

    女子テニスの世界ランク65位、大坂なおみ(日清食品)が16日、20歳の誕生日を迎えた。次代のヒロイン候補として期待される逸材に対し、8月に前回女王から大金星を挙げるなど、鮮烈な印象を残した全米オープンの大会公式ツイッターも「おめでとう、ライジングスター・ナオミ」と祝福。さらに、大金星を挙げた今夏の大会の名シーンを動画付きで紹介している。

  • フェデラー、ATPファイナルに照準 英解説者が断言「世界NO1に到達できる」

    2017.10.16

    男子テニスの上海マスターズは、世界ランク1位ラファエル・ナダル(スペイン)をストレートで破った同2位ロジャー・フェデラー(スイス)の優勝で幕を閉じた。16日に発表されたATPランキングでは、1000ポイントを上乗せした36歳のレジェンドがナダルとの差を縮めて2位(8505ポイント)をキープ。2017年中にトップの座に返り咲くかに注目が集まるが、元プロ選手で現在解説者を務めるグレッグ・ルーゼドスキー氏は「世界NO1に到達することができる」と断言している。英衛星放送局「スカイスポーツ」が報じた。

  • 「フェデラー+ナダル=友情の終着点」 勝敗を越えた珠玉の黄金対決にファン感嘆

    2017.10.16

    男子テニスの上海マスターズは15日、シングルス決勝で世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)がラファエル・ナダル(スペイン)を6-4、6-3のストレート勝ち。3年ぶりの大会制覇で今季6勝目、歴代2位となる通算94個目のタイトルを手にした。38回目の黄金カードはフェデラーの完勝となったが、ATP公式中継サイト「テニスTV」が「フェデラー+ナダル=友情の終着点」と公式ツイッターに投稿するなど、勝敗を越えた二人の関係性に感嘆の声が続出している。

  • シャラポワ、2年5か月ぶり復活V! 全5戦ストレート勝ち、復帰後初タイトルに歓喜

    2017.10.15

    女子テニスの天津オープンは15日、出場停止処分明け初の決勝進出となった元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)が世界ランク102位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)を7-5、7-6のストレートで下し、2015年5月のイタリア国際以来、2年5か月ぶりのツアー優勝を飾った。一度もセットを劣らず、5試合連続ストレートの“完全V”となった。

  • ラケットを振っているように見えない!? フェデラーの美しき“王者の技”に観客絶句

    2017.10.15

    男子テニスの上海マスターズは14日、シングルス準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を3-6、6-3、6-3の逆転で下し、決勝進出。盟友ラファエル・ナダル(スペイン)との黄金対決が決まった。

  • “妖精”シャラポワ、2年ぶりの決勝進出 各国メディアも速報「復活」「決勝に戻って来た」

    2017.10.14

    女子テニスの天津オープンは14日、シングルス準決勝で世界ランク86位のマリア・シャラポワ(ロシア)が同25位の彭帥(中国)を6-3、6-1のストレートで下し、ツアー復帰後初の決勝に進出。各国メディアは「シャラポワ復活」「2年の時を経てWTA決勝に戻って来た」と大きく報じた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー