[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

水泳のコラム一覧

  • 【パンパシ水泳】池江璃花子、母が貼った“洗面所の紙”を目指して 「東京五輪で爆発を」

    2018.07.19

    競泳のパンパシフィック選手権が8月9日に開幕する。今大会は初めて国別対抗戦となり、盛り上がり必至の「パンパシ水泳」に向け、「THE ANSWER」ではカウントダウン連載を開始。開幕まであと21日の第1回は自由形、バタフライの池江璃花子(ルネサンス亀戸)。東京五輪へあと2年、メダル獲得が期待されるヒロインが思いを明かした。

  • 北島康介が語る“16年前の記憶” 感じたチームの“絆”「成長できたのかなと」

    2018.07.09

    競泳のパンパシフィック選手権(パンパシ水泳)は8月9日に開幕する。2年後の東京五輪も見据えた真夏の国際大会は、2002年の横浜開催以来、16年ぶりの日本開催となる。今大会は初めて、国別対抗戦の形式も導入され、1位300万円、2位200万円、1位100万円の賞金も設定された。

  • なぜ、元オリンピック選手が大船渡で水泳を教えるのか 1年間の“夢レッスン”とは

    2018.06.27

    梅雨の合間に蒼天が覗いた24日。南三陸の海にほど近い、岩手・大船渡の小さなプールに元オリンピック選手が現れた。伊藤華英さん。08年北京、12年ロンドンと五輪に2度出場した日本競泳界のトップスイマーだ。プールサイドに立つと、目の前には小学2年生から中学2年生まで、緊張の面持ちをした10人の子供たちがいた。

  • 7mしか泳げなかった子供も… 伊藤華英さんは大船渡の子供をいかに成長させたのか

    2018.03.22

    競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが21日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。10か月間、動画による遠隔指導を利用し、取り組んできた水泳の成果発表が行われ、7mしか泳げなかった子供が劇的な成長を見せるなど、指導は大成功となった。

  • 「言ってはいけない時代じゃない」 伊藤華英が「女子選手と生理」を声に出した理由

    2017.12.19

    競泳の元トップスイマー・伊藤華英さん。インタビュー前編では、08年に出場した北京五輪で生理が重なるなど、女性特有の問題と闘ってきた競技人生を打ち明け、思春期における女子指導の現状について説いた。そもそも、オリンピアンの肩書がありながら、なぜ、タブーにも思える「女子アスリートと生理」の関係性について、声を出そうと思ったのか――。

  • 生理と重なった五輪 伊藤華英が語る、女子アスリートと思春期の付き合い方

    2017.12.14

    2020年に東京で開催を迎えるオリンピック。近年は女性の参加数が増加し、今や男女比は半々に近づいている。第2回の1900年パリ大会で初めて参加が認められ、以来、日本でも多くの女性のメダリスト、国民的スターが誕生。しかし、女性が競技をやり抜く裏には、女性特有の問題が付いて回り、向き合わなければならないことがある。その一つが、思春期だ。

  • 水泳になくてラグビーにあるもの 伊藤華英はなぜ“ラグビー女子”になったのか

    2017.08.21

    いよいよトップリーグが開幕し、本格的にシーズンが到来したラグビー界。15年に初の大会3勝を挙げ、空前の盛り上がりを見せたワールドカップ(W杯)は19年に自国開催を控え、さらに熱気は高まりを見せている。そんな15人の熱いスポーツに魅了された元五輪選手の女性がいる。伊藤華英さん。北京五輪、ロンドン五輪に出場した競泳の元日本代表選手である。

  • なぜ、日本は金メダル「0」に終わったのか 伊藤華英氏が見た「世界の成長」とは

    2017.07.31

    水泳の世界選手権は30日(日本時間31日)、全競技の全日程を終了。期待された競泳はメダル7個(銀4、銅3)を獲得し、前回大会の4個から躍進したが、11年大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった。この結果について、北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏は「五輪で勝っても、世界の成長は止まっていない。その現状を知ることができた大会になった」と総括した。

  • 池江璃花子、メダルなしの裏に“体の変化”? 伊藤華英氏「腕が短く見えた」

    2017.07.30

    水泳の世界選手権(ブダペスト)は28日(日本時間29日)、50メートル自由形準決勝で池江璃花子(ルネサンス亀戸)は24秒84の全体16位で決勝進出を逃し、これで今大会の個人種目を終了。7種目に出場したが、期待されたメダル獲得がならなかった要因について、元北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏は「トレーニングの変化で体が重くなったのか、体の変化に対して泳ぎの感覚が追いついていない印象です」と挙げた。

  • 萩野公介、「守り攻め」で銀 伊藤華英氏「『世界が俺の舞台だ』という雰囲気」

    2017.07.28

    水泳の世界選手権(ブダペスト)は27日(日本時間28日)、競泳の男子200メートル個人メドレー決勝で、萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒01をマークし、13年バルセロナ大会以来の銀メダルを獲得。ライバルの瀬戸大也(ANA)は1分56秒07の5位でメダルを逃した。元北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英氏は、萩野について「金メダルは獲れませんでしたが、『世界が俺の舞台だ』という雰囲気を感じた」と称賛した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー