[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアのニュース一覧

  • 【名珍場面2018】ザギトワ&オズモンド、3ショットを織田信成さんが公開「偽物がひとり混ざってます」

    2018.12.15

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はフィギュアスケートのプロスケーター・織田信成さんがツイッターに投稿したアリーナ・ザギトワ(ロシア)、ケイトリン・オズモンド(カナダ)との3ショットだ。4月にアイスショーで共演した平昌五輪の女王と、世界選手権の金メダリストとスワンポーズを決める1枚は、ファンを大いに喜ばせた。

  • メドベージェワ復活なるか― 露の名コーチが提言する2つのポイントとは?

    2018.12.15

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは、女子では紀平梨花(関大KFSC)の衝撃的な初優勝で幕を閉じたが、2018年のフィギュア界の熱い戦いはまだ続く。20日開幕の全日本選手権と同様、大きな注目を集めているのがロシア選手権(20日開幕)だ。ロシアのトップスケーター達が一堂に会するビッグイベントには、平昌五輪金メダリストでGPファイナル2位のアリーナ・ザギトワや、平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワらが出場。今季不振が続くメドベージェワに対して、同国の名コーチが復活のカギを提言している。

  • 織田&村上、変顔コンビに“カナダ超大型新人”加入で笑撃「クオリティがスゴすぎ」

    2018.12.14

    フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・織田信成さんがツイッターを更新。目前に迫ったアイスショーのリハーサルで村上佳菜子さんとの“お決まりコンビ”で変顔を決めているが、今回はカナダから「新人さん」が加入した3ショットを公開し、ファンに「超大型新人あらわる」「クオリティがスゴすぎ」と笑撃が走っている。

  • 引退表明のハビ、“スペインの至宝”との豪華な1枚に反響「なんて才能溢れる写真!」

    2018.12.14

    フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデスがインスタグラムを更新。来年1月の欧州選手権を最後に引退を表明している27歳は、元スペイン代表GKの盟友との豪華2ショットを公開し、「最高に貴重な2ショット」「なんて才能溢れる写真なんだ!」とファンに興奮を呼んでいる。

  • 【名珍場面2018】織田信成、“羽生超え”名演に米記者大絶賛「今からでも現役復帰プリーズ」

    2018.12.13

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は10月にプロスケーターの織田信成さんが演じた“羽生超え”の名演だ。フィギュアスケートのジャパンオープンで現役さながらの演技で高得点をマーク。バンクーバー五輪代表の31歳に対し、米記者から“現役復帰”を願う声が上がった。

  • ザギトワ、“138文字の日本語”投稿に10万超反響 エール殺到「君は強くなってる」

    2018.12.13

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで2位となった平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が12日、インスタグラムを更新。大会後初投稿では、表彰式で銀メダルを掲げた画像とともに「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」などと138文字の日本語などで前向きな心境をつづっていたが、海外ファンは「素晴らしい結果よ、アリーナ!」「あなたはどんどん強くなっている」などとエールを続々投げかけている。

  • 羽生結弦とハビの絆 オーサー氏「練習中に『大丈夫かい?』と聞くと、ユヅは…」

    2018.12.13

    フィギュアスケートのハビエル・フェルナンデス(スペイン)は11月に来年1月の欧州選手権(ベラルーシ)を最後に競技引退することを正式表明した。同門の羽生結弦(ANA)とは良き友であり、良きライバルであることは知られた話。2人を指導してきたブライアン・オーサー氏は2人の絆が伝わる羽生のエピソードを明かしている。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」が伝えている。

  • 紀平梨花の脅威は15歳コストルナヤか 3A跳べるとスルツカヤ氏が断言「彼女は飛行的」

    2018.12.13

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を破った戴冠の要因の一つは代名詞の「3回転アクセル」だったが、元世界女王イリーナ・スルツカヤはジュニアGPを制した15歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が将来的に“3回転アクセルを跳べる”と断言している。

  • 紀平梨花、衝撃Vの瞬間に大興奮だった米五輪女王「なんてシーズンなのでしょう!」

    2018.12.12

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで浅田真央以来、日本勢13年ぶりのシニア1年目Vという偉業を達成した紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、ビッグタイトルを獲得したが、98年長野五輪女子金メダリストのタラ・リピンスキー氏も「なんというシーズンなのでしょう! 圧倒的です」と脱帽している。

  • ザギトワ、“138文字の日本語”で大会後SNS初投稿 「楽しみな気持ち」と心境前向き

    2018.12.12

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで2位となった平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が12日、インスタグラムを更新した。大会後初投稿では、表彰式で銀メダルを掲げた画像とともに「今シーズンの新たなスタートを楽しみな気持ちでいっぱいです」などと138文字の日本語で心境をつづっている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集