[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 井上尚弥の注目対戦相手は!? フィリピン英雄に元スーパー王者、五輪メダリストも…

    2018.07.19

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)が参戦するバンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の出場8選手が出そろった。決まっていなかった最後の一人はWBA5位のミーシャ・アロイヤン(ロシア)に決定。WBSSの公式サイトが発表している。

  • 中邑真輔、初のWWEベルト獲得の“滾る1枚”に現地ファン祝福「俺たちのナカムラ!」

    2018.07.16

    世界最大のプロレス団体WWEに参戦中の中邑真輔が15日(日本時間16日)に行われた、PPV大会エクストリームルールズで、US王者ジェフ・ハーディにフォール勝ち。日本選手では1995年の佐々木健介、2001年のTAJIRIに続く3人目の同王座獲得となった。WWEは公式ツイッターで、中邑がベルトを掲げポーズを決めている写真を公開。現地ファンからは祝福が殺到している。

  • パッキャオは「偉大なファイター」 完敗王者も賛辞「素晴らしいレジェンドに敗れた」

    2018.07.15

    ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦(クアラルンプール)は15日、39歳の英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)が王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)を7回TKOで破り、王座を獲得した。9年ぶりのKO勝ちを飾った瞬間を米メディアは動画付きで公開し、米メディアの絶賛を呼んでいたが、敗れたマティセは「素晴らしいレジェンドに敗れた」と敬意を払い、賛辞を送っている。

  • 甦ったパッキャオ、“狂乱の復活KO”を米メディア絶賛「古き良き時代のパッキャオだ」

    2018.07.15

    ボクシングのWBA世界ウェルター級タイトルマッチ12回戦(クアラルンプール)は15日、39歳の英雄マニー・パッキャオ(フィリピン)が王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)を7回TKOで破り、王座を獲得した。9年ぶりのKO勝ちを飾った瞬間を米メディアは動画付きで公開し、「古き良き時代のパッキャオのよう」「熱狂的なパッキャオファンたちは狂乱した」と絶賛している。

  • 井上尚弥は「解き放たれたモンスター」 WBSS正式参戦決定に米メディア大興奮

    2018.07.12

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)が、バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に参戦することが11日、正式決定。このニュースを受けて米メディアは「WBSSには解き放たれたモンスターがいるだろう」と最強王者の参戦を大歓迎している。

  • 井上尚弥、WBSS参戦正式決定! 「もちろん優勝を目指します」

    2018.07.11

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦が正式決定した。11日、大会公式サイトが発表した。

  • 井上尚弥、K-1王者とのコラボ写真にファン歓喜 「やばい2ショット」「最強同士」

    2018.07.07

    ボクシングの3階級制覇王者の井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者・武尊(たける)との2ショットを公開し、ファンを歓喜させている。

  • 井上尚弥出場のWBSS、ドネアに加え元スーパー王者も 参戦決定7人中6人が王者経験者

    2018.07.07

    ボクシングで日本人最速での3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。バンタム級の頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)への参戦を表明しているが、この世界最高の舞台に、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)に加え、元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ)が参戦することが明らかになった。ESPNが報じている。

  • 蝶野正洋、日本代表にヒールのススメ 「ブーイングの中、ガッツポーズで良かった」

    2018.06.29

    プロレス界の「黒のカリスマ」が、サッカー日本代表を後押しした。プロレスラーの蝶野正洋が29日、AED救命救急や地域防災の啓発活動を行っているNWHスポーツ救命協会の新事業発表会に出席。防災マニュアルの広報支援、情報拡散の協力などを新たに行うことを発表した。蝶野は、1990年代後半に、黒ずくめのヒール集団nWoジャパンの総帥として活躍。「黒のカリスマ」と呼ばれるようになった人気レスラー。現在は、タレントとしても活動。リング内外で自己プロデュース力を発揮し、高い知名度を誇る。

  • GGG×アルバレスの再戦が正式決定! 二転三転した事情はファイトマネーの配分

    2018.06.15

    ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と元2階級王者サウル・アルバレス(メキシコ)が9月15日に再戦することが決定した。アルバレスのプロモーターを務めるオスカー・デラ・ホーヤ氏が明かした。米メディアが続々報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー