[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 金満メイウェザー、重厚感ある超豪華ネックレスに海外反響「いくらするの?」「笑う」

    2021.02.23

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が自身のインスタグラムを更新。豪華な金色のネックレスを首から下げた写真を公開した。ゴージャスな装いに海外ファンからは「いくらするの?」「笑う」などと反響が寄せられている。

  • 「素晴らしい番狂わせ」 新王者の失神カウンターKOにリング誌絶賛「爆発音聞こえた」

    2021.02.22

    ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われ、挑戦者の同級1位オスカル・バルデスが王者ミゲル・ベルチェル(ともにメキシコ)に10回KO勝ちで2階級制覇を飾った。バルデスはデビューから29連勝(23KO)。ベルチェルは7年ぶりの敗戦で37勝(33KO)2敗。左フック一撃で失神させる衝撃的なKOシーンを米興行大手「トップランク」が動画付きで公開。米ファンを戦慄させていたが、権威ある米誌「ザ・リング」でも「素晴らしい番狂わせをもぎとった」と伝えている。

  • 失神KOで番狂わせ 29連勝新王者の完璧カウンターに米戦慄「恐ろしい」「美しく残酷」

    2021.02.21

    ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われ、挑戦者の同級1位オスカル・バルデスが王者ミゲル・ベルチェル(ともにメキシコ)に10回KO勝ちで2階級制覇を飾った。バルデスはデビューから29連勝(23KO)。前に出てくるベルチェルを左フック一撃で失神させる衝撃的なKOシーンを米興行大手「トップランク」が動画付きで公開。米ファンからは「なんと恐ろしい」「美しく残酷」などと戦慄する声が上がっている。

  • Sフェザー級に新王者が誕生! 左カウンター一撃で失神KO、デビュー29連勝で2階級制覇

    2021.02.21

    ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスで行われ、挑戦者の同級1位オスカル・バルデスが王者ミゲル・ベルチェル(ともにメキシコ)に10回KO勝ちで2階級制覇を飾った。バルデスはデビューから29連勝(23KO)。前に出てくるベルチェルを左フック一撃で失神させる、衝撃的なKOシーンを米興行大手「トップランク」が動画付きで公開している。

  • メイウェザー、生後5週の孫に贈った500万円ロレックスに海外仰天「センスはないが…」

    2021.02.21

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)がまた規格外の行動で驚かせている。生後5週間の孫に金のロレックスをプレゼント。最低でも3万2000ポンド(約470万円)という超高級品だという。実際に時計を着用する赤ん坊の画像を、海外記者が公開。「フロイドは普通とは違う」「ボクシング界最高のおじいちゃん」などと反響が集まっている。

  • メイウェザーも孫には甘い 生後5週間の男児に500万円ロレックスをプレゼントしていた

    2021.02.20

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)がまた規格外の行動で驚かせている。生後5週間の孫に金のロレックスをプレゼント。最低でも3万2000ポンド(約470万円)という超高級品だという。実際に時計を着用する赤ん坊の画像を、海外記者が公開している。

  • 1.6kg超過の前王者、階級別ランクで3位維持 リング誌議論「最低でも1つ落とすべき」

    2021.02.19

    ボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、一部階級の最新ランクを更新。体重超過を犯し、王座剥奪となった選手が3位のまま変わらなかった。

  • 井上尚弥は「パッキャオの高みに挑戦している」 米メディアは“殿堂入り”確実と予想

    2021.02.18

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は海外メディア選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されるなど、国際的な評価を高める中、米メディアは未来の殿堂入りを早くも当確予想。4階級王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)らとともにボクシング界の「ファンタスティック4」と評価されている。

  • 1.6kgも超過したのに…常習犯の前王者が転級否定 米報道「彼は130ポンドに留まる」

    2021.02.17

    ボクシングの前IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアス(米国)は13日(日本時間14日)、同級1位シャフカット・ラキモフ(ロシア)との同級タイトルマッチに臨み、判定の結果ドローだった。ディアスは前日計量で3.6ポンド(約1.6キロ)の体重超過を犯しており、王座は空位に。ルールを守れなかったディアスは「自分の命を犠牲にしてまで体重を作るつもりはない」とコメントを残していたが、転級する考えはないようだ。米メディアが伝えている。

  • パッキャオ、休養王者から復活へ “高速シャドー”に海外期待「誰が相手でもいける」

    2021.02.16

    ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がSNSを更新。キレのあるシャドーなど練習風景の動画を公開すると、42歳のレジェンドに対して海外ファンから「いつもと変わらぬスピード」「これまで通りシャープだ」と声が上がっている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集