[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュース - 格闘技の記事一覧

  • 井上尚弥、猛者が集う“噂のSuperfly2”に言及「本決まりなら出場しないわけがない!」

    2017.10.19

    ボクシング界は来春、スーパーフライ級に特化したボクシング興行「Superfly2」が米国で計画されている。米ボクシング専門サイト「ボクシングシーン」によれば、WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)対同級1位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)、WBA世界スーパーフライ級王者カリッド・ヤファイ(英国)対元WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)など具体的な対戦カードが浮上。そんな中、WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が自身のツイッターで「噂されているSuperfly2が本決まりなら出場しないわけがない!」と意欲を示している。

  • 井上尚弥、米再上陸は来秋か!? 米メディア報道「戻るのを少し待ちたいようだ」

    2017.10.10

    ボクシング界は来春、スーパーフライ級に特化したボクシング興行「Superfly2」が米国で計画されている。米デビュー戦で圧巻のTKO勝ちを収めたWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)の参戦に期待が集まる中、井上側は参戦を辞退し、大晦日に日本国内で防衛戦を行う可能性が浮上しているという。米ボクシング専門サイト「ボクシングシーン」が報じている。

  • 井上尚弥、怪物が「最強のお父さん」に… “パパ姿”初公開にファン祝福の嵐

    2017.10.07

    ボクシングWBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が第1子となる男児が5日に誕生したことを発表した。自身のツイッターでは、我が子を抱く写真を公開。「最強の怪物」が「最強のパパ」になり、ファンから祝福の声が上がっている。

  • 福原愛と吉田沙保里のメダリスト会話が「異次元すぎる」と騒然 その理由とは…

    2017.10.03

    卓球女子の福原愛とレスリング女子の吉田沙保里のツイッター上で行われた五輪メダルを巡るやりとりが「異次元すぎる」とファンの間で話題を呼び、「凡人にはついていけない」と騒然となっている。

  • 「モンスターVSプリティボーイ」実現ならず 井上尚弥、対戦候補の次戦カードが決定

    2017.09.29

    ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の王座防衛に成功した井上尚弥(大橋)。次戦のマッチメークに世界から注目が集まっているが、一度“挑戦状”を突きつけていたはずのIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピンの)が11月に英国人と対戦することが決定。井上が「望むところ!」と歓迎していた統一戦の年内実現は、事実上消滅してしまった。フィリピン紙「セブ・デイリーニュース」が報じている。

  • 井上尚弥は“輝ける標的” フィリピンの刺客が「The Monster」に興味「光栄の至り」

    2017.09.28

    ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で華々しい6回TKO勝ちを収めた24歳は海を越え、圧倒的な強さを見せつけた。実際にリングで対峙した同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)は井上の「モンスター」という異名通りの衝撃的な強さを改めて振り返っている。

  • 井上尚弥に完敗「彼はこの階級でベストだ」 ニエベスが今、明かす“あの衝撃”

    2017.09.27

    ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で華々しい6回TKO勝ちを収めた24歳は海を越え、圧倒的な強さを見せつけた。実際にリングで対峙した同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)は井上の「モンスター」という異名通りの衝撃的な強さを改めて振り返っている。

  • 井上尚弥は「この階級のスターになる」 英解説者がモンスター時代到来を予言

    2017.09.26

    プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座で6度目の防衛を果たした井上尚弥(大橋)。注目は次戦のマッチメークに注がれているが、IBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、元WBC王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)ら実力者揃いの軽量級で、英国の解説者は「イノウエはセンセーショナル」「この階級のスターになるだろう」と称賛している。海外ボクシング専門メディア「ワールドボクシングニュース」が報じている。

  • 井上尚弥はウォードの後継者 3年後の“最強候補”に米指名「全くショックない」

    2017.09.24

    プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王座で6度目の防衛を果たした井上尚弥(大橋)。注目は次戦のマッチメークに注がれているが、米メディアは無敵の日本人王者について、現役引退を発表したばかりの3団体統一世界ライトヘビー級王者アンドレ・ウォード(米国)の後継者の一人に挙げている。米スポーツメディア「ブリーチャーリポート」が報じている。

  • 井上尚弥、米デビュー戦で「最大77万世帯を魅了」 注目度の高さを証明する高視聴数

    2017.09.15

    ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の王座防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦がメインイベントに次ぐ2番目の視聴数を記録し、世界での注目度の高さを改めて証明する形となった。米ボクシング専門サイト「Boxing Sense.com」が報じている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー