[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 井上尚弥の決勝はどこでやるべき? WBSS質問に各国ファン誘致合戦、意外な人気は…

    2019.05.23

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。決勝は5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対戦することが決まった。WBSS公式ツイッターは「決勝はどこで行われるべき?」とアンケートを開始。すると、各国のファンが様々な開催地を提案。誘致合戦状態となっている。

  • 井上尚弥は今、世界最強か 英誌企画で記者8人激論「米国人は気分害するだろうが…」

    2019.05.23

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決勝に駒を進めた。米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)最新版でキャリア最高となる4位に駆け上がったが、英専門誌は「現在世界最強か」について議論し、識者は「世界一確保も時間の問題」「3位以下はない」など満場一致の高評価を下している。

  • 井上尚弥の衝撃は10年前のパッキャオ伝説KOと同格 米記者絶賛「全てが信じられない」

    2019.05.22

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的な圧勝は海外記者も驚かせたが、権威ある米専門誌「リング」記者は生観戦した試合において、6階級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の伝説のKO劇に比肩すると持論を説いている。

  • 井上尚弥の衝撃は米ヘビー級126秒KO超え 英紙認定「我々は息を奪われた、ただ感銘」

    2019.05.22

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。同日は英国選手2人が世界タイトルを手にし、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)が衝撃の1回KO劇を演じたが、英メディアは新たにIBF王座を獲得し、決勝進出を決めた井上について「ショーを盗んだ」と称賛。モンスターこそが主役と認めている。

  • 井上尚弥、ロドリゲス陣営の“天罰”に米辛辣「父に手を出すな、さもないと地獄が…」

    2019.05.22

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。渡英後の公開練習ではロドリゲス陣営の練習を視察した父・真吾トレーナーが突き飛ばされるなど騒動となったが、鬱憤を晴らす痛快な圧勝を演じた。米メディアは一連の模様をまとめた動画を公開し、「イノウエの父にちょっかいを出すべからず。さもないと地獄が待っている」と怒りの逆襲劇をクローズアップしている。

  • 井上尚弥、舞台裏で撮られていた“紳士的2ショット”に5万超反響「お二人の人柄が…」

    2019.05.22

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との激突が決まったが、井上が舞台裏で撮影したドネアとの2ショットが反響を集めている。紳士的な様子に「お二人の人柄が出てますね」「二人とも素敵です」「超絶と超絶」などと話題を呼んでいる。

  • 井上尚弥、米リング誌のPFP4位浮上に興奮「やばい!これは凄く名誉ある事だ」

    2019.05.22

    ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」が21日、全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)が3つランクを上げ、自己最高の4位に選出されたが、井上自身も反応した。

  • 井上尚弥、全階級最強ランク4位浮上! 米リング誌PFPで自己最高、ゴロフキンら抜く

    2019.05.22

    ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」が21日、全17階級を格付けしたランキング「パウンド・フォー・パウンド」最新版を発表。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は3つランクを上げ、自己最高の4位に選出された。

  • 井上尚弥は「まだ若い」 ドネアが試合後に明かした印象「多くのことは言えないが…」

    2019.05.21

    WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦。

  • 井上尚弥、ゴロフキン超えリング誌PFP5傑決定的 編集長絶賛「私の中ではトップ3だ」

    2019.05.21

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下し、新たにIBF王座を獲得して2団体王者となったWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。「ボクシングの聖書」と呼ばれる米専門誌「リング」の編集長は、海外で沸騰中のモンスターのパウンド・フォー・パウンド(PFP)最強説について「おそらくそうだ」と分析。評議会では「1位に相応しい」と主張するメンバーもいることを明かしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集