[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

格闘技のニュース一覧

  • 米ボクシングで珍事 レフェリーに左フック炸裂も…海外衝撃「何事もなかったようだ」

    2022.09.13

    海外ボクシングで不運な“被弾シーン”が生まれた。9日(日本時間10日)に米フロリダ州で行われたクルーザー級の一戦。揉み合う選手から放たれたパンチが、間に割って入ろうとしたレフェリーの顔面にヒットしてしまった。英国メディアが報じている。

  • 平岡アンディ、2回TKOでデビュー21連勝! 強烈な左炸裂「前回タコ踊りしてしまい…」

    2022.09.13

    ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われ、王者・平岡アンディ(大橋)が挑戦者アルビン・ラガンベイ(フィリピン)に2回2分27秒TKO勝ちした。日本同級王者でもある平岡は、WBO・AP王座3度目の防衛に成功。戦績は26歳の平岡が21勝(16KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)6敗1分け。観衆は968人。

  • ミライモンスター松本圭佑、2回TKO勝ちでデビュー6戦連続KO「いずれチャンピオンに」

    2022.09.13

    ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)が石田凌太(角海老宝石)に2回1分43秒TKO勝ちした。戦績は松本が6勝(6KO)、石田が11勝(6KO)4敗。観衆は968人。

  • ボクシング5勝5KOのミライモンスター松本圭佑 6戦目は長期戦希望「じっくり攻める」

    2022.09.12

    ボクシングのフェザー級(57.1キロ以下)ノンタイトル8回戦が13日、東京・後楽園ホールで行われる。12日は都内で前日計量が行われ、日本同級9位・松本圭佑(大橋)と相手の石田凌太(角海老宝石)がともにクリアした。デビューから5勝(5KO)の松本は、長いラウンドで経験を積みたい意向を示した。石田の戦績は11勝(6KO)3敗。

  • ボクシング平岡アンディが計量パス デビュー21連勝へKO宣言「スリリングな試合になる」

    2022.09.12

    ボクシングのWBOアジアパシフィック(AP)・スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチが13日、東京・後楽園ホールで行われる。12日は都内で前日計量が行われ、王者・平岡アンディ(大橋)がリミットの63.5キロ、挑戦者のアルビン・ラガンベイ(フィリピン)がリミットを200グラム下回る63.3キロで一発クリアした。日本同級王者でもある平岡は、WBO・AP王座3度目の防衛戦。戦績は26歳の平岡が20勝(15KO)、27歳のラガンベイが13勝(11KO)5敗1分け。

  • 井上尚弥は「情け容赦なかった」 衝撃の米デビューから5年、のちに語った敗者の証言

    2022.09.10

    ボクシングのバンタム級世界3団体統一王者・井上尚弥(大橋)。最も権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に輝いた経験を持ち、今や世界のボクシングファンを魅了する。その強さを知らしめる一つとなったのが、2017年9月9日の米デビュー戦。WBO世界スーパーフライ級タイトル戦で挑戦者のアントニオ・ニエベス(米国)を6回終了TKOで撃破。あれから今日で5年が経ち、敗れたニエベスの証言を中心に、改めて当時の衝撃を振り返る。

  • メイウェザー、黒光り高級車の前で卓球バトル 米困惑「車コレクションしか見えない」

    2022.09.10

    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が、まさかの場所で卓球を楽しんでいた。8日(日本時間9日)に黒光りの高級車がずらりと並んだ駐車場でラリーをする動画を公開。米ファンからは「なんでそんな上手いの」「車コレクションしか見えない」と反響が集まった。

  • 左フック炸裂→前のめりダウンに実況絶叫 KO勝ちの24歳に米興奮「なんてビーストだ」

    2022.09.05

    ボクシングのWBC世界ライト級挑戦者決定戦が4日(日本時間5日)、米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催され、同級3位のイサック・クルス(メキシコ)がエドゥアルド・ラミレス(米国)に2回KO勝ちした。相手の意識を飛ばした強烈左フックには、「凄いな」「秀逸なショットだ」と米ファンから興奮の声が寄せられている。

  • 121kg巨漢ルイス、元暫定王者を3度ダウン奪取で撃破 米興奮「電光石火のカウンター」

    2022.09.05

    4日(日本時間5日)に米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催されたボクシングのヘビー級12回戦で、世界同級元3団体統一王者のアンディ・ルイス(米国)が、元WBA同級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)に3-0(113-112、114-111、114-111)の判定勝ち。3度のダウンを奪い、昨年5月の再起戦以来となる試合で勝利した。

  • 米国の198cm巨人ボクサーと並んだ日本人世界王者に驚きの声「ズバ抜けてデカすぎ」

    2022.09.03

    198センチの長身ボクサーと日本人世界王者の2ショットが実現した。ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)が、WBC世界スーパーウェルター級暫定王者セバスチャン・フンドラ(米国)と肩を並べた画像を公開。「ズバ抜けてデカすぎ」と反響が集まった。

  • 朝倉未来を突き飛ばしたメイウェザー陣営に米興奮「こいつをKOすべき」「何が起きた」

    2022.09.03

    格闘技イベント「超RIZIN」が25日、さいたまスーパーアリーナで行われる。米ハワイ・ホノルルで開催された8月30日(日本時間31日)の記者会見では、メインイベントで拳を交える朝倉未来(トライフォース赤坂)とボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が出席。エキシビションマッチながら、一触即発のフェイスオフに対し、米ファンも「また若者が泣くことになる」とヒートアップした。

  • 朝倉未来「メイウェザーの顔面に一撃入れたい」 ハワイ会見で豪語、対面で一触即発も

    2022.08.31

    格闘技イベント「超RIZIN」(9月25日・さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が30日(日本時間31日)、米ハワイ・ホノルルで開催され、「超RIZIN」のメインイベントでエキシビションマッチを行う、朝倉未来(トライフォース赤坂)とボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が出席した。試合は「ABEMA」でのPPV(ペイ・パー・ビュー)にて生配信が決まっている。

  • 失神直後の追撃打で44秒KO ボクシングヘビー級に米戦慄「コンビネーションで粉砕」

    2022.08.29

    米ボクシングのヘビー級で44秒の瞬殺KOが生まれた。27日(日本時間28日)に米オクラハマ州タルサで行われた同級6回戦で、23歳のリチャード・トーレスJr.(米国)がマルコ・アントニオ・カネド(メキシコ)に初回44秒KO勝ち。米興行大手・トップランク社が動画を公開し、米メディアに「コンビネーションで粉砕した」と戦慄を走らせた。

  • 「油断して背を向けてしまった」 ボクシングアマ10冠・今永虎雅、苦笑いのプロ2連勝

    2022.08.27

    ボクシングのライト級(61.2キロ以下)ノンタイトル6回戦が26日、東京・後楽園ホールで行われ、“アマ10冠”の23歳・今永虎雅(たいが、大橋)がジョン・ローレンス・オルドニオ(フィリピン)に4回3分KO勝ちした。6月のプロデビューから2連勝。試合間隔は短い2か月だったが、ボクシング界のホープとされるサウスポーが力を見せた。戦績は今永が2勝(2KO)、オルドニオが7勝(4KO)4敗1分け。

  • 井上尚弥&八重樫から指摘 武居圧勝の裏で不安になったジム会長「なぜ前日に言うのか」

    2022.08.27

    ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。3つのダウンを奪う圧勝だったが、陣営の大橋秀行会長は前日に不安があったことを明かした。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

  • 5戦連続KOの武居由樹、師匠・八重樫東も評価「少しずつボクサーらしくなってきた」

    2022.08.26

    ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

  • 元K-1武居由樹が5回TKO勝ち! 圧巻のダウン3度奪取「強くなっていつか世界王者に」

    2022.08.26

    ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝、27歳のアポリナルが16勝3敗。観衆は1420人。

  • ボクシング界の23歳ホープがプロ2戦目へ アマ10冠・今永虎雅「かき回していきたい」

    2022.08.25

    ボクシングで“アマ10冠”の23歳・今永虎雅(たいが、大橋)が26日、東京・後楽園ホールで行われるライト級(61.2キロ以下)6回戦でプロ2戦目に臨む。25日は都内で前日計量が行われ、今永は61.0キロ、対戦相手のジョン・ローレンス・オルドニオ(フィリピン)は60.6キロで一発クリアした。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集