[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の記事一覧

  • 井上尚弥、ドネア戦へ海外でも高まる期待 1年前の“残酷TKO”に米戦慄「これは効く」

    2022.05.28

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行う。米興行大手・トップランク社は、昨年6月に挑戦者マイケル・ダスマリナス(フィリピン)を葬った左ボディーの動画を公開。リングサイドから撮られた恐ろしいシーンに対し、海外ファンから「リングの冷徹な殺し屋だな!」と興奮の声が再び巻き起こった。

  • 井上尚弥、ドネア第1戦後に届けた“粋な計らい” 海外絶賛「こんな事が可能なのか」

    2022.05.28

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行う。判定勝ちした第1戦の死闘は「ドラマ・イン・サイタマ」と称された。世紀の再戦を盛り上げるべく「ドラマ・イン・サイタマ2」と題し、第1戦で話題になった出来事をピックアップ。今回は、井上がドネアに取った“粋な計らい”に対し、ドネア一家が感謝を届けた投稿だ。

  • 井上尚弥撃破は既定路線 ドネアが宣言「“もし”ではなく、“いつ勝つか”なんだ」

    2022.05.28

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体王座統一戦に臨む。前回2019年の対戦で井上に判定負けした39歳のドネアはリベンジに自信。その先の4団体統一まで意欲を示した。

  • 井上尚弥をPFP1位選出 英記者が力説する強さ「ドネア戦は傑作」「違った能力見せる」

    2022.05.27

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年ぶり2度目の対戦に注目が集まるが、英記者は自身のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で井上を1位に。カネロ、フューリーといった猛者以上の評価を与えた理由も語っている。

  • 井上尚弥、10年無敗の王者倒した“112秒KO”から4年 海外未だ戦慄「異常なパワーだ」

    2022.05.26

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、衝撃の“112秒KO勝ち”を収めてから25日でちょうど4年が経過した。挑戦者として臨んだ2018年のWBA同級タイトルマッチで、10年間無敗を誇っていた当時の正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)を圧倒。世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の編集長も「イノウエはぶっ飛ばしちゃったんだ」と振り返っている。

  • 打倒・井上尚弥に燃える39歳ドネア 「倒せる」と言い切る根拠「私の方が前回から…」

    2022.05.26

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。2019年の前回対戦で、井上に判定負けを喫している39歳ドネアは、敗戦後に実力者を撃破してきた実績から打倒モンスターに絶大な自信を示している。

  • 井上尚弥のもとを訪れた世界を知る大物アスリートに反響「最高のメンツです」

    2022.05.25

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。試合まで2週間を切り、日に日に注目が高まる中、モンスターのもとをある大物アスリートが訪れた。

  • 井上尚弥が食らった強烈な右 WBSSが回顧したドネア戦の一撃に反応「もう貰わんよ」

    2022.05.24

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。3年前に対戦した際には井上が判定勝ちを収めたが、ドネアの強烈なパンチを顔面に受けるシーンも。右ストレートを被弾した映像に対し、井上は「もう貰わんよ」と反応している。

  • 井上尚弥、次戦ドネアの地元フィリピン紙がPFP1位に選出「トップ昇格はまさに当然だ」

    2022.05.22

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日に行われるWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。ドネアの母国フィリピン地元紙はパウンド・フォー・パウンド(PFP)を独自に選考し、井上はNo.1に堂々選出されている。

  • 井上尚弥、無敗王者も戦意喪失した衝撃KOから3年 英回顧「ナイフでバターを切るよう」

    2022.05.20

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、世界を震撼させたKO劇が再び脚光を浴びている。2019年5月18日、英スコットランド・グラスゴーの「SSEハイドロ」で行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝。当時無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回に3つのダウンを奪ってTKO勝ちしたが、3年が経過したタイミングで英メディアは改めて衝撃を伝えている。

  • 井上尚弥、英王者も「恐い、恐い男だ」と慄くKO劇 3年経過でも衝撃「どれだけの人が…」

    2022.05.20

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で、当時のIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝ちしてから日本時間19日でちょうど3年が経過したが、IBF世界フライ級王者サニー・エドワーズ(英国)は当時の映像を振り返りつつ「恐い、恐い男だ」と改めて衝撃を受けている。

  • 井上尚弥の対抗王者にフライ級世界王者が挑戦状「バトラー戦は10億%真剣なんだ」

    2022.05.19

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日に行われるWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。勝てばWBO同級新王者のポール・バトラー(英国)との4団体統一の機運が高まる中、英国の“刺客”がバトラーに対して挑戦状を送っている。米プロモート会社「プロベラム」公式サイトが報じている。

  • ドネアは井上尚弥に番狂わせ起こせるか 米有名トレーナーが「KOしても驚かない」理由

    2022.05.18

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日に行われるWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。米有名トレーナーは井上勝利が順当と予想する一方で、ドネアの天性の当て勘を評価。「井上をKOしても全く驚きはない」と絶賛している。

  • 井上尚弥、リング誌PFP3位に半年ぶり復帰 ドネア撃破で日本人初の1位浮上の可能性も

    2022.05.13

    世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を12日(日本時間13日)までに更新した。7日(同8日)にプロ2敗目を喫したカネロこと世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)は、長く君臨したトップから6位に陥落。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、3位で半年ぶりにトップ3に復帰した。

  • 井上尚弥、練習の最新状況をレポート ファンも「リアルスーパーサイヤ人」と驚く迫力

    2022.05.11

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦へ向け、着々と準備を進めている。練習の最新状況を自身のインスタグラムで報告。調整過程に自信を示すと、ファンからは「仕上がって来てますね」「リアルにスーパーサイヤ人」と期待の声が上がっている。

  • 井上尚弥との4団体統一戦をWBO新王者バトラー歓迎「井上―ドネア戦の勝者が求めるなら」

    2022.05.08

    ボクシングのWBOからバンタム級世界王座を剥奪されたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。これにより暫定王座から正規王座に昇格したポール・バトラー(英国)は、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)とノニト・ドネア(フィリピン)の勝者と4団体統一戦に挑む意向を示した。米格闘専門メディア「ファイトスポーツ」が報じた。

  • 井上尚弥は「滅茶苦茶進化してる」 1年ぶりにスパー相手務めたフィリピン選手が証言

    2022.05.08

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は6月7日にWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦を迎えるが、スパーリングパートナーを務めているフィリピン勢2人がモンスターの圧倒的な能力を改めて証言。フィリピン紙「デイリー・トリビューン」が報じている。

  • ドネア「イノウエは最高のファイターだが…」 再戦勝利に自信の根拠「私の方が成長」

    2022.05.03

    ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(フィリピン)は6月7日、さいたまスーパーアリーナでWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)との王座統一戦に挑む。39歳を迎えたフィリピンの閃光だが、判定負けに終わった前回2019年11月の対戦以降、「私の方が成長している」と断言。モンスター撃破に絶大な自信を示している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集