[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上尚弥は公平にやって勝った」 敗戦を受け止めたフルトンが再起戦へ「自分に怒りを覚える」

ボクシングの前WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)が、昨年7月に現世界同級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に敗れた試合を改めて回顧した。米専門メディア「ザ・リング」に対し、「あの試合で多くを学んだ」と敗戦を受け止めたうえで「イノウエにケチをつけるところはない。偉大なボクサーだ」としている。

スティーブン・フルトン【写真:荒川祐史】
スティーブン・フルトン【写真:荒川祐史】

フルトンが井上尚弥戦を回顧

 ボクシングの前WBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)が、昨年7月に現世界同級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)に敗れた試合を改めて回顧した。米専門メディア「ザ・リング」に対し、「あの試合で多くを学んだ」と敗戦を受け止めたうえで「イノウエにケチをつけるところはない。偉大なボクサーだ」としている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 フルトンは同級2団体統一王者だった昨年7月、バンタム級から転級したばかりの井上に8回TKO負け。プロ初黒星で2つのベルトを失った。階級を1つ上げてフェザー級転向。WBA世界同級1位にランクインし、当初は今月15日(日本時間16日)に同級8位ルイス・ヌニェス(ドミニカ共和国)と対戦する予定だった。

 だが、米専門メディア「ザ・リング」は「フルトンは8月10日、ラスベガスでロニー・リオスとの再起戦に臨む予定だとリング誌は伝えられた」と報じ、相手が同級13位ロニー・リオス(米国)になったとしている。さらにフルトンが井上戦を振り返ったコメントを紹介。「あの試合で多くを学んだ。もっと懸命にトレーニングすべきだった」とし、こう続けている。

「それ以外には特に多くは言いたくない。今は違う思考になっている。武器を加えられたんだ。もう(敗戦を)乗り越えているよ」「あの試合について話すことに抵抗はないんだ。もっと良いパフォーマンスができたはず。わけのわからない意見を押し付けてくるヤツもいるけどね。俺は122ポンド(スーパーバンタム級)の体重をつくるのに必死だったんだよ」

 フェザー級で再起し、王座返り咲きをしたいところ。フルトンは「パンチも思うように打てなかった。イノウエにケチつけることは一切ないよ。彼は公平にやって勝った。偉大なボクサーで俺にチャンスをくれたんだ。ただ、自分自身に怒りを覚えるだけだ。もっと良いボクシングができたってわかっているからね」と、あくまで敗戦は自身の問題だったと強調している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集