[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サッカーの解説一覧

  • W杯優勝を目指す日本がアジア8強で散った重い事実 佐藤寿人の警鐘「5試合で2敗、あまりに淡泊な終了」

    2024.02.05

    サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王座奪還はならなかった。「THE ANSWER」は中継局のレポーターとして決勝トーナメント1回戦まで現地取材していた元日本代表FW佐藤寿人氏の解説を掲載する。優勝を期待されながら、まさかの8強敗退となった森保ジャパン。5試合で2敗を喫した大会を振り返り、佐藤氏は「このレベルの相手にこの内容と結果では、ワールドカップ(W杯)本大会は結果を残すのは難しい」と評し、次回の2026年W杯へ向けた強化に警鐘を鳴らした。(取材・構成=藤井 雅彦)

  • 「正直、収穫はなかったんじゃないの、何にも」 代わり映えのない日本に久保竜彦が入れた愛の鞭

    2024.02.04

    サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王者奪還はならなかった。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第3回。優勝を期待した大会は8強に終わり、全5試合を総括したドラゴン。「正直、収穫はなかったんじゃないの」の愛の鞭を入れ、8強以上を目指す次回26年W杯に向けて森保ジャパンにエールを送った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「大迫にあって今の上田に足りんのはアレよ」 日本の次代センターFWに久保竜彦が求める覚醒の条件

    2024.02.04

    サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王者奪還はならなかった。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回。第1回で今大会を通じた課題としてFWとGKに核となる選手がいないことを指摘したドラゴン。FW上田綺世とGK鈴木彩艶について語り、特に次代センターFW候補の上田に課題と伸びしろを指摘した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「板倉、最初からおかしかったよ。脚のもつれ方が」 久保竜彦が察知していた異変とそれ以上の日本の問題

    2024.02.04

    サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王者奪還はならなかった。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第1回は「完敗」と試合を振り返り、決勝点のPK献上に絡んだDF板倉滉の“異変”について分析。また、それ以上に「イランとの差を感じた」という日本の課題について、ドラゴン流の視点で指摘した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「次の試合は難しいんよ。選手には錯覚がある、絶対」 日本快勝がゆえに久保竜彦に膨らんだ不安の理由

    2024.02.01

    サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第3回は次戦の準々決勝・イラン戦に抱いた不安。2戦連続の快勝となったが、だからこそ「ちょっと心配なんよ」とドラゴンは指摘。選手ならではの感覚で語った理由とは――。現役時代に横浜F・マリノスで指導を受けた名将・岡田武史監督の言葉も引き合いに警鐘を鳴らした。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「フリットやろ。全盛期の前園さん以来。驚愕よ」 久保竜彦に鳥肌を立たせた三笘薫の60m突破の戦慄

    2024.02.01

    サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回は今大会初出場となったMF三笘薫のプレー。怪我明けながら、後半40分には60メートルのドリブル突破から相手の股を抜いたパスで決定機を演出した。ドラゴンは往年のオランダの名手ルート・フリットになぞらえて絶賛。一方で、3点目を挙げたFW上田綺世には注文をつけた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「後ろでアイツが仕事してたよ、効いとったもん」 3得点快勝の日本で久保竜彦が見逃さない陰の立役者

    2024.02.01

    サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第1回は勝利のキーマンとなった日本選手。3得点を挙げた攻撃陣が目につくが、ドラゴンは守備を統率したDF冨安健洋を指名。現役時代に対戦したフランスのDFマルセル・デサイーらの名前を出しながら「(冨安は)アジアならそれくらい怖さを与えられるものがある」と絶賛した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 衝撃の60mドリブル、帰ってきた日本の至宝・三笘薫の存在感 佐藤寿人「アジアでは格の違いが顕著」

    2024.02.01

    サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。「THE ANSWER」は中継局のレポーターとして現地取材し、この試合をピッチレベルから見守った元日本代表FW佐藤寿人氏の解説を掲載する。堂安律の先制点に凝縮された日本の連動性、60メートルドリブルで沸かせた日本の至宝・三笘薫の存在感など、独自の視点でノックアウトステージ初戦のポイントを分析した。(取材・構成=藤井 雅彦)

  • 1位通過を逃した日本の茨の道を前向きに考えるべき理由 佐藤寿人「W杯8強より高い目標達成には…」

    2024.01.25

    サッカー・アジアカップカタール大会は24日、グループリーグ第3戦で世界ランク17位の日本が同146位のインドネシアに3-1で快勝し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。「THE ANSWER」は中継局のレポーターとして現地取材し、この試合をピッチレベルから見守った元日本代表FW佐藤寿人氏の解説を掲載する。インドネシア戦とともによもやの2位通過となったグループリーグ3試合を総括しながら、ノックアウトステージの決勝トーナメントを展望した。(取材・構成=藤井 雅彦)

  • 「期待するんはアイツよ。ほら、あの金髪で男前の…」 決勝Tに久保竜彦が1人だけ名前を挙げた日本の起爆剤

    2024.01.25

    サッカー・アジアカップカタール大会は24日、グループリーグ第3戦で世界ランク17位の日本が同146位のインドネシアに3-1で快勝し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第3回。この日の試合は「何もない、見たまんまよ」と順当な結果と受け止めながら、相手が強くなる決勝トーナメントのポイントに言及。ノックアウトステージで期待する選手を「アイツかな。ほら、金髪で男前の……」とドラゴン流で名前を挙げた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「あれが直れば、凄いGKになると思うよ」 日本の大器、鈴木彩艶にドラゴン久保竜彦の目が見抜いた癖

    2024.01.25

    サッカー・アジアカップカタール大会は24日、グループリーグ第3戦で世界ランク17位の日本が同146位のインドネシアに3-1で快勝し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回。グループリーグ3試合を振り返り、「心配」としてGK鈴木彩艶のパフォーマンスを挙げ、キーパー動作の課題を指摘。将来の正守護神として非凡なポテンシャルに期待し、「あれが直ればすごいGKになると思う」と大きな伸びしろを口にした。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「韓国人はビリビリで来る。死にはせんけど、死ぬ感じ」 激突を望む久保竜彦が今も忘れぬ日韓戦の衝撃

    2024.01.25

    サッカー・アジアカップカタール大会は24日、グループリーグ第3戦で世界ランク17位の日本が同146位のインドネシアに3-1で快勝し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第1回。31日の決勝トーナメント1回戦は韓国との対戦が浮上し、「むっちゃええやん」と実現に期待。現役時代に実際に日韓戦に出場して衝撃を受けたエピソードを振り返り、アジアNo.1ストライカーと評されるFWソン・フンミンに警戒心を強めた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 槍玉に挙がる失点シーンより議論すべき日本の問題点 佐藤寿人「後半ATに1得点だけ、気になるのは…」

    2024.01.21

    サッカー・アジアカップカタール大会は19日、グループリーグ第2戦で世界ランク17位日本が同63位イラクに1-2で敗れた。歴代最長の国際Aマッチ連勝記録が「10」で止まり、決勝トーナメント(T)進出はお預け。「THE ANSWER」は中継局のレポーターとして現地取材し、この試合をピッチレベルから見守った元日本代表FW佐藤寿人氏の解説を掲載する。まさかの完敗となったが、グラウンドから肌で感じた日本の完全アウェイの空気を証言。さらにミスによる失点よりも後半アディショナルタイムにセットプレーから1点しか取れなかったことを問題視し、現地取材で「気になったこと」として選手間の声かけが少ないことを指摘した。(取材・構成=藤井 雅彦)

  • 「短い。0-2で後半途中からじゃ、燃えれんよ」 もっと早く久保竜彦が見たかった日本代表の切り札

    2024.01.20

    サッカー・アジアカップカタール大会は19日、グループリーグ第2戦で世界ランク17位日本が同63位イラクに1-2で敗れた。歴代最長の国際Aマッチ連勝記録が「10」で止まり、決勝トーナメント(T)進出はお預け。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を分析した。全3回の第3回。ストライカー出身としてやはり気になったのは日本のFW陣。特に後半15分から途中出場した上田綺世に「(出場時間が)短い。0-2で後半途中からじゃ、燃えれんよ」と語り、次戦のインドネシア戦にエールを送った(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「韓国人とも違う体の強さなんよ、日本完敗よ」 試合前から久保竜彦が怖さを感じたイラクの60秒間

    2024.01.20

    サッカー・アジアカップカタール大会は19日、グループリーグ第2戦で世界ランク17位日本が同63位イラクに1-2で敗れた。歴代最長の国際Aマッチ連勝記録が「10」で止まり、決勝トーナメント(T)進出はお預け。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を分析した。全3回の第2回。優勝候補の日本を破ったイラクについて「強かった。日本、完敗やった」と驚き、現役時代に体感した中東特有のフィジカル、そして、試合前に60秒ほどの国歌斉唱に「怖さを感じた」という理由を明かした。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 「気になるんは体がちっちゃく見えるんよな」 日本の次世代GK鈴木彩艶に飛ばした久保竜彦の愛の檄

    2024.01.20

    サッカー・アジアカップカタール大会は19日、グループリーグ第2戦で世界ランク17位日本が同63位イラクに1-2で敗れた。歴代最長の国際Aマッチ連勝記録が「10」で止まり、決勝トーナメント(T)進出はお預け。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を分析した。全3回の第1回。2試合で4失点し、課題が指摘されるGK鈴木彩艶に「21歳なんやろ。まだまだ若い。これからよ」とエール。数々の名守護神と対峙した元ストライカーの目線で、次代のニッポンの守護神候補に愛の檄を飛ばした。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

  • 日本2失点目で議論を呼んだGK鈴木彩艶パンチングの評価 佐藤寿人「厳しい言い方をするとあれは…」

    2024.01.15

    サッカー・アジアカップカタール大会は14日、グループリーグ初戦で世界ランク17位・日本が同94位・ベトナムに4-2で白星発進した。一時逆転を許しながら再逆転で勝利を飾ったアジアNo.1への船出。「THE ANSWER」は中継局のレポーターとして現地取材し、この試合をピッチレベルのゴール裏から見守った元日本代表FW佐藤寿人氏の解説を掲載する。よもやの苦戦を強いられた原因から、議論を呼んだ2失点目のGK鈴木彩艶の評価、そして苦しみながらも勝ち点3で得た収穫まで分析した。(取材・構成=藤井 雅彦)

  • 「タン!タン!パーン!あれは運じゃないけんね」 久保竜彦が覚醒を望む次代センターFW上田綺世ゴールの理由

    2024.01.15

    サッカー・アジアカップカタール大会は14日、グループリーグ初戦で世界ランク17位・日本が同94位・ベトナムに4-2で白星発進した。一時逆転を許しながら再逆転で勝利を飾ったアジアNo.1への船出。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が1年ぶりに東京・中目黒にあるTHE ANSWER編集部を訪問し、試合を観戦。日本の初戦を分析した。全3回の第3回。「余裕を持ってプレーできた選手が遠藤だけ」と課題を指摘したが、FWで今大会の覚醒を期待する選手が一人いる。長く日本代表を引っ張って来た大迫勇也の後継者とみるストライカーとは――。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集