[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フリットやろ。全盛期の前園さん以来。驚愕よ」 久保竜彦に鳥肌を立たせた三笘薫の60m突破の戦慄

サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回は今大会初出場となったMF三笘薫のプレー。怪我明けながら、後半40分には60メートルのドリブル突破から相手の股を抜いたパスで決定機を演出した。ドラゴンは往年のオランダの名手ルート・フリットになぞらえて絶賛。一方で、3点目を挙げたFW上田綺世には注文をつけた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

ドリブル突破で決定機を演出した三笘薫【写真:Getty Images】
ドリブル突破で決定機を演出した三笘薫【写真:Getty Images】

ドラゴン久保のアジアカップ・日本―バーレーン戦分析第2回

 サッカー・アジアカップカタール大会は31日、決勝トーナメント1回戦で世界ランク17位の日本が同86位のバーレーンに3-1で快勝し、8強入りを決めた。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回は今大会初出場となったMF三笘薫のプレー。怪我明けながら、後半40分には60メートルのドリブル突破から相手の股を抜いたパスで決定機を演出した。ドラゴンは往年のオランダの名手ルート・フリットになぞらえて絶賛。一方で、3点目を挙げたFW上田綺世には注文をつけた。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 いやあ、驚愕よ。三笘のあのドリブル、あの股抜きのパス。

 うますぎるよ。浅野がついていけんかったもんね。最後、相手の股を抜いて。(普段プレーする)イングランドに比べたら、相手が止まって見えるんやろな。余裕やったもん。メッシっぽかった。でも、アンリっぽいスムーズさもあった。

 ただ、一番はフリットか。ほめ過ぎてクライフやけど、クライフやったら(あの場面で)抜いて決めてるかな。でも、フリットくらいになっとるやろ。(日本人なら)前園さんの全盛期以来、フリューゲルスの時の。それが現代で出てくるんだから、すごいよな。

 もう三笘がいる、いないで違うよ、日本は。プランがなんとでもできるもんね。

 ちんちんに抜いての股抜きはすごいな。ワールドクラスよ。ほんとフリットとか、そういう感じ。しかも怪我上がりで、決勝トーナメントの1回戦で。(グループリーグで決勝トーナメントが決まった後のような)消化試合じゃないんよ。

 チームで遊んでる(練習で行う)ミニゲームみたいな感じやったもん。国の代表相手であんなことするのはね。(浅野へのパスも)「わかってるだろ、ここだよ」みたいな。パススピードもね、鳥肌が立ったもん。

 ほんとにヤッバイよ、スッゴイよ。わくわく三笘やん。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集