[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーのニュース一覧

  • 【甦るラグビーW杯】「ランチパック」流行を英BBCまで特集 元代表選手が絶賛「これは芸術品だ」

    2020.05.31

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除され、日本が元気を取り戻そうとする今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は大会中に海外メディアの胃袋を鷲掴みにした「メイド・イン・ジャパン」について。

  • 【甦るラグビーW杯】イングランド選手に可愛すぎる悩み勃発「猫カフェに行きたいんだ。でも、みんな…」

    2020.05.30

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除されたが、日本が元気を失っている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回はイングランド代表FLトム・カリーが抱えていた、可愛すぎる悩みについて。

  • 【甦るラグビーW杯】「日本の素晴らしいレストランの世界」 英紙座談会の「面白かった瞬間」で記者回顧

    2020.05.29

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除されたが、日本が元気を失っている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は英紙「ガーディアン」が実施した記者による座談会を再度紹介。「一番面白かった瞬間」のお題では日本で体験した様々な思い出を共有していた。

  • スーパーラグビーよりもTLでのプレーを優先 NZ代表レタリックの日本への思い

    2020.05.28

    ラグビー、ニュージーランド代表のスーパースター、LOブロディ・レタリックはトップリーグの神戸製鋼でプレーしている。新型コロナ禍で今季のシーズンは終了し、母国に帰国中だが、スーパーラグビーのチーフスへの復帰オファーを断ったという。その理由とは――。

  • 【甦るラグビーW杯】アイルランド選手が告白 日本の“素敵”なアウェーの洗礼「コオロギと自然の中で…」

    2020.05.28

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除されたが、日本が元気を失っている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回はアイルランド選手が告白した日本の“素敵な”アウェーの洗礼だ。FBのロブ・カーニーが日本戦が行われた静岡県で遭遇した一件を、地元紙「アイリッシュ・ミラー」が報じている。

  • 【甦るラグビーW杯】 日本は「ラグビー界の救世主」 “体格至上主義”覆す快進撃を英絶賛「既成概念を嘲笑う」

    2020.05.27

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。緊急事態宣言は解除されたが、日本が元気を失っている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回はティア1の強豪を次々と撃破し、8強入りを果たした日本代表への海外からの賛辞だ。

  • 【甦るラグビーW杯】リーチ、肘打ち選手に粋な刀贈呈 相手は感激「笛が鳴れば、そこには尊敬しかない」

    2020.05.26

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は日本からスコットランドへの粋な贈り物だ。A組最終戦で日本に敗れたスコットランドのFLジェイミー・リッチーが試合後にインスタグラムを更新。日本の主将リーチ・マイケルから刀を贈呈された1枚を公開し、感謝とエールをつづっていた。

  • パナソニックが新加入発表 W杯4強、ウェールズ代表パークスは“日本愛”コラム話題

    2020.05.25

    ラグビートップリーグ(TL)のパナソニックは25日、来季の新加入選手を発表。昨秋のW杯日本大会に出場したイングランド代表LOジョージー・クルーズと、ウェールズ代表CTBハドレー・パークスの加入が決まった。

  • 【甦るラグビーW杯】 日本FW陣は「サーカスのよう」と大会公式サイトが絶賛のワケ「日本にしかできない」

    2020.05.25

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は大会公式サイトが「サーカスのような技術」と絶賛した日本のFW陣だ。10月13日、A組最終戦で日本はスコットランドに28-21で勝利。史上初の8強入りという歴史的快挙の呼び水となったのは前半に決めたトライ3連発だった。

  • 【甦るラグビーW杯】日本ファン、勝利後の“客席ごみ拾いの輪”に海外称賛「地球上で最もナイスな国」

    2020.05.24

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、9月20日のロシアとの開幕戦(東京スタジアム)後に日本人ファンが客席のごみ拾いをする様子だ。「ラグビーの母国」の英国メディアが動画付きで公開し「地球上で最もナイスな国の一つ」と海外ファンの熱視線を集めていた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集