[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビーW杯で一世風靡したキックまで伝授 1日限定で五郎丸歩の“日本代表復帰”が実現したワケ

千葉・長生郡で合宿中のラグビーU20日本代表候補が5月16日に練習を公開。2015年ワールドカップ(W杯)で日本代表の躍進を支えた五郎丸歩さん(静岡ブルーレヴズ・クラブ・リレーションズ・オフィサー)が、臨時コーチとして未来のジャパンを直接指導した。日本中で五郎丸ブームを巻き起こしたキックを伝授。世界で戦う心構えも説いた。U20代表候補は19日からニュージーランド(NZ)遠征を行い、7月2日にスコットランド・エディンバラで開幕するワールドラグビーU20トロフィー(同17日決勝)への準備を進める。(取材・文=吉田 宏)

臨時コーチとして指導した五郎丸歩さん、自らキックのお手本も披露した【写真:吉田宏】
臨時コーチとして指導した五郎丸歩さん、自らキックのお手本も披露した【写真:吉田宏】

U20日本代表候補の合宿で直接指導、「代表」と名の付くチーム合流は引退後初

 千葉・長生郡で合宿中のラグビーU20日本代表候補が5月16日に練習を公開。2015年ワールドカップ(W杯)で日本代表の躍進を支えた五郎丸歩さん(静岡ブルーレヴズ・クラブ・リレーションズ・オフィサー)が、臨時コーチとして未来のジャパンを直接指導した。日本中で五郎丸ブームを巻き起こしたキックを伝授。世界で戦う心構えも説いた。U20代表候補は19日からニュージーランド(NZ)遠征を行い、7月2日にスコットランド・エディンバラで開幕するワールドラグビーU20トロフィー(同17日決勝)への準備を進める。(取材・文=吉田 宏)

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ◇ ◇ ◇

“桜の戦士”にあの男が返ってきた。プレースキックの独特の“ルーティン”で一世を風靡した五郎丸さんが、引退後初めて「代表」と名の付くチームに合流。懐かしい桜のエンブレムが胸に縫われたチームウェアで、後輩たちを指導した。

「丁度シーズンが終わって一息ついて。そのタイミングでオファーが来たので参加しました。(体は)たいぶ緩んでますよ。頭の中でイメージしている自分の体の動きとだいぶ違う。でもまぁ、こういう機会で桜のジャージーを着るというのは光栄なことだし、自分の経験が何か彼らの役に立てれば嬉しいですね」

 そう笑ったが、表情には充実感が滲んでいた。15年W杯での快進撃と自分自身の人気沸騰の中で、その後の日本代表には参加せずレッズ(オーストラリア)、トゥーロン(フランス)と海外強豪国でのチャレンジを選んだ。2021年シーズンで現役を引退すると、ジャージーをスーツに着替えて、所属するヤマハ発動機(現静岡ブルーレヴズ)のスタッフとして観客動員、チケットの販売などマネジメントのフィールドでチームを支えている。

 今回は、同じ静岡でヘッドコーチ(HC)経験もあるU20日本代表の大久保直弥HCのオファーを快諾。1日限定でスーツから再びラグビーウェアに袖を通した。

「(コーチは)全く初めて。教えるのは1ミリもキャリアないです。でも、教えることないくらい皆上手ですよ」

 控え目に話す五郎丸さんだが、大久保HCは「インターナショナルで10年以上もやってきたのは普通の選手じゃない。ちゃんと自分の言葉を持っている。そういう人たちの話を20歳の選手が聞いた時は、コーチの言葉よりも遥かに説得力がある」とW杯で南アフリカから歴史的な金星を掴んだ英雄からの学びに期待する。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集