[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

進路選択の記事一覧

  • 「チームのために、では圧倒的に足りない」 川口能活がスーパーセーブを呼べる理由

    2017.11.26

    自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。19日のJ3・FC東京U-23戦でリーグ通算500試合出場を達成するなど、42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。最終回はプロ選手として長く現役を続けるパワーの源について語る。

  • 「僕はきっと立ち直れなかった」 川口能活がサッカー経験ゼロの指導者に救われた日

    2017.11.19

    自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第3回はサッカーの成長期に影響を多大な与えた恩師の言葉と指導を振り返る。

  • 家焼失、故障、親の反対… 川口能活は人生の岐路で何を貫き、決断してきたのか

    2017.11.12

    自身のサッカー人生を綴った著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第2回は子供の頃を振り返り、プロ選手になるまでの道をどう選択してきたのかを語る。

  • 怪我、解雇、そして… 川口能活が告白する「3つのターニングポイント」とは

    2017.11.05

    自身のサッカー人生をつづった著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第1回は自身のサッカー人生における「ターニングポイント」をどのように切り抜けてきたのかを語る。

  • 負けた時に笑える人間になれ BMX世界王者・内野洋平という生き方

    2017.11.02

    東京近郊の運動公園。部活の中高生がランニングで行き交い、老夫婦が散歩を楽しんでいる。そんな長閑なシーンの一角に世界王者がいた。ゆるく着こなした白いTシャツ。目深にかぶった黒いキャップ。小さな自転車を乗り、クルクルと回転したり、跳んだり。それは、まるで自転車とダンスを踊っているようだ。

  • 久保建英、中井卓大の未来は? 独スカウト部長が警鐘、若き才能の海外移籍のリスク

    2017.08.16

    欧州サッカー界では若き才能の青田買いが進んでいる。国際サッカー連盟(FIFA)は未成年の国際移籍を規制しているが、各国クラブは若年層のスカウティングを強化。同リーグ間における若きタレントの移籍や引き抜きは増え、若年化も進んでおり、移籍金も高騰の一途を辿っている。

  • 10代で海外に飛び出す意義とは? 異色の韓国人MFが日本で得た新たな価値観

    2017.05.01

    「韓国では、コーチがほとんどベンチに座ったまま。立ち上がるのは、大声で怒鳴る時だけですね」――オ・ジャンウン(FC東京出身/元韓国代表)

  • スキー&陸上で日本一、東大でプロ志望…白球を選んだ“二刀流”の逸材たち

    2017.04.26

    アマ野球界も3月の選抜高校野球を皮切りにシーズン開幕を迎えているが、東京六大学では東大のエース左腕・宮台康平投手(4年)に大きな注目が集まっている。最高学府の赤門軍団にありながら最速150キロを誇り、プロのスカウト陣も今秋ドラフトの上位指名を確実視。勉学と野球の抜きん出た能力が“二刀流”と話題となっている要因だが、近年の高校、大学球界では「2つの才能」を持った選手が少なくない。

  • 過酷な競技人生乗り越えた自信 今も輝き放つ元五輪選手、その生き甲斐とは

    2017.02.24

    一つの目標を果たしたところで、人生においてそれはあくまで通過点に過ぎないのだと、彼女たちは教えてくれる。元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さん(08年北京五輪出場)と元ショートトラックスピードスケート日本代表の勅使川原郁恵さん(98年長野五輪、02年ソルトレイクシティ五輪、06年トリノ3大会連続出場)は五輪出場という目標を叶え、現役を引退してからもセカンドキャリアで輝きを放っている。

  • 意識次第で数万球が無駄に― 元巨人の日本一守護神が考えるプロとアマの差

    2017.02.13

    日本野球界のトップに位置するプロ野球。白球を追い始めたばかりの野球少年から、高校、大学、社会人とさまざまなカテゴリーで、多くの選手が最高峰を夢見てプレーしている。そうは言っても、トップの舞台に立てるのは、ほんのひと握り。では、プロとアマの野球選手の両者を隔てる決定的な差とは何なのだろうか。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー