[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

兵庫のアメフト名門高から渡米 修士取得した文武両道の理由、英語は欠点&友人がパーティー三昧も…

アメリカンフットボールの国際試合「Dream Japan Bowl」が1月21日、東京・国立競技場で開催される。国内トップリーグ・Xリーグの選手を中心とした全日本選抜と、米アイビーリーグ選抜チームによるこの対戦は昨年に引き続き2度目の開催となる。9日、この試合に臨む日本選抜の60名のメンバーが発表されたが、今回の日本チームにはXリーグも日本の大学フットボールも経験していない毛色の違う選手が含まれている。

全日本選抜に選ばれた25歳の菅野洋佑【写真:永塚和志】
全日本選抜に選ばれた25歳の菅野洋佑【写真:永塚和志】

アメフトの国際試合「Dream Japan Bowl」全日本選抜に選ばれた25歳の菅野洋佑

 アメリカンフットボールの国際試合「Dream Japan Bowl」が1月21日、東京・国立競技場で開催される。国内トップリーグ・Xリーグの選手を中心とした全日本選抜と、米アイビーリーグ選抜チームによるこの対戦は昨年に引き続き2度目の開催となる。9日、この試合に臨む日本選抜の60名のメンバーが発表されたが、今回の日本チームにはXリーグも日本の大学フットボールも経験していない毛色の違う選手が含まれている。

 2023年シーズンまで本場アメリカの高校、大学フットボールで計7年間プレーした、25歳の菅野洋佑だ。

 兵庫県明石市出身で関西の名門、関西学院高等部でプレーしていた菅野は、同校のアメリカ遠征時に同国でのプレーができるという自信を得たことで留学を決意。その対戦相手の高校に入学し、その後、大学へ進学して最終的にはアメリカ大学スポーツ主要リーグの1つ「アトランティック・コースト・カンファレンス(ACC)」所属校のシラキュース大大学院(ニューヨーク州)でフットボールをしながら修士の学位を取得した、文武両道の選手だ。

 現アメリカ大統領のジョー・バイデン氏が、シラキュース大法科大学院で法務博士を取得している。スポーツでは、アメリカンフットボール、男子バスケットボールの双方で全米王者となったことがあり、アメリカンフットボールでは伝説的ランニングバックのジム・ブラウン氏(元クリーブランド・ブラウンズ)やスーパーボウル出場経験のあるクオーターバック、ドノバン・マクナブ氏(元フィラデルフィア・イーグルス)など数々の名選手をNFLへ輩出している。

 他の多くの選手と同様、菅野も当初はNFL入りを夢見、彼にとってのアイドルでプロフットボール殿堂入りも果たしているマイケル・ストレイハン(元ニューヨーク・ジャイアンツ、ポジションはディフェンシブエンド)にあやかってシラキュース大の前に所属したセントフランシス大では背番号「92」をつけていた。

 だが菅野は、現実が甘くないことを「早い段階でNFLは無理だなと痛感した」と語る。シラキュース大では2年間で計5試合の出場と出番が限られコーチから転校を進められるなど、苦しみもあった。

 では、はるばる海を越えて渡米しながらスポーツで思うような道をたどることができなかったとしても、菅野は自身のたどってきた道には自負を持つ。上述のように異国の高校、大学、大学院を経験し、修士を取得した彼に負い目を感じていない。

 しかも、セントフランシスでの4が満点の平均評定で約3.6という優秀な成績だった菅野(しかも「戦略的コミュニケーション」と「デジタルメディア」の2つを専攻していた)は、シラキュース大大学院へ進むにあたって学業で奨学金(学費の半分を大学が出してくれる形)を得ている。これは日本人のスポーツ留学の例としては珍しい例かと思われる。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集