[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • 村田諒太戦どうなる カネロが「日本は自分の中で最優先の場所」と語る意外な理由

    2020.01.23

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は昨年12月にスティーブン・バトラー(カナダ)を相手に初防衛に成功した。2020年には大物との対決を熱望していたが、パウンド・フォー・パウンド(PFP)1位のカネロこと、4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)との決戦へ向けて交渉に突入しているというが、カネロの意外な親日家ぶりも明らかになった。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」が報じている。

  • イ・ボミ、2020年の新ウェアお披露目 キュートなミニスカ姿に反響「かわいいね」

    2020.01.23

    女子ゴルフのイ・ボミ(韓国)がインスタグラムを更新。今季から着用する新ウェアを纏った姿を公開し、「かわいいね」などとファンの反響を集めている。

  • 井上との「4・25」統一戦決定的 カシメロが早速挑発「オレはモンスターキラーだ!」

    2020.01.23

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と統一戦を行うことが決定的となっているが、モンスターに挑むWBO王者は「モンスターキラーだ! 世界を震撼させたい」と宣戦布告に出ている。

  • 14歳リウは“大人の演技”で連覇へ挑戦 「4回転は1本に」…難度を下げる理由とは?

    2020.01.23

    フィギュアスケートの全米選手権、女子ショートプログラム(SP)は23日(日本時間24日)に行われる。天才少女アリサ・リウは13歳で臨んだ昨年大会ではSP、フリーで3度の3回転アクセルを成功させ優勝。長野五輪金メダリストのタラ・リピンスキーが作った14歳の記録を上回る快挙は大きなインパクトを残した。今大会はフリーで4回転ルッツを1度跳ぶ予定だが、リスクを冒さずに大人の演技で連覇に挑むという。地元紙「ロサンゼルスタイムズ」が報じている。

  • 怪物ザイオン、デビュー戦は22得点7リバウンド 3Pは4本全て成功、本拠地熱狂の渦

    2020.01.23

    プロバスケットボール(NBA)のペリカンズは22日(日本時間23日)、本拠地スパーズ戦で117-121で敗戦。2019年ドラフトの全体1巡目1位指名のザイオン・ウィリアムソンが初出場し、18分間の出場で22得点、7リバウンド、3アシスト、3ポイントは4本中4本成功させるなど上々のデビュー戦を終えた。

  • 池江璃花子の笑顔に安堵 “カー娘”との5ショットに反響「元気な姿は本当に嬉しい」

    2020.01.23

    白血病からの復帰を目指す競泳の池江璃花子がインスタグラムを投稿。平昌五輪銅メダルのカーリング女子「ロコ・ソラーレ」の4選手との5ショットを公開し、「元気そうでよかった」「元気になった姿を見られるのは本当に嬉しい」などと反響が集まっている。

  • 八村塁復帰間近のウィザーズ、延長戦でヒートに敗戦 最大21点差逆転も…連勝ならず

    2020.01.23

    米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは22日(日本時間23日)、敵地でヒートに129-134で敗戦。連勝はならず29敗目(14勝)を喫した。現在東カンファレンス2位につけ、今季ホームでは1敗しかしていない相手に序盤リードを許すも、後半に逆転した。しかし延長戦の末に力尽きた。鼠径部打撲で離脱中の八村塁は18戦連続欠場したが、午前中のシュートアラウンドの全メニューをこなし、練習復帰にもゴーサインが出るなど、確実に復帰へ近づいている様子が見られた。

  • 井上尚弥、「4・25」カシメロとの統一戦が濃厚に 現地報道「ほとんど確定した」

    2020.01.23

    ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は4月25日にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、米ラスベガスで統一戦を行うことで「ほぼ確定」したと、米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • クロフォード、マクレガー戦が急浮上 アラム氏明言「UFCルールでも不利にならない」

    2020.01.23

    ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)が、総合格闘技団体「UFC」で1年3か月ぶりの復帰を衝撃の40秒殺で飾ったコナー・マクレガー(アイルランド)と異種格闘技戦に臨む可能性を明らかにしている。

  • ブレジナが首位発進 V候補サマリンは13位、エイモズは26位と波乱…欧州選手権男子SP

    2020.01.23

    フィギュアスケートの欧州選手権は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、29歳のミハル・ブレジナ(チェコ)が89.77点で首位に立った。ドミトリー・アリエフ(ロシア)が88.45点で2位。アルトゥール・ダニエリアン(ロシア)が84.63点で3位。グランプリ(GP)ファイナル4位で優勝候補だったアレクサンドル・サマリン(ロシア)は74.77点で13位と出遅れ。GPファイナルでネイサン・チェン(米国)、羽生結弦(ANA)に続く3位に入ったケビン・エイモズ(フランス)は26位でフリーに進めないというまさかの結果となった。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集