[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • 織田信成、イケメンだらけの“豪華14人衆集結”の1枚に大反響「素敵な集合写真」

    2018.12.18

    フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表の織田信成さんがツイッターを更新。16日まで行われたアイスショーのメンバーと撮影した14人の豪華集合写真を公開し、ファンに「皆さん仲良しそうで何より」「素敵な集合写真」などと歓喜を呼んでいる。

  • 渡邊雄太、王者から決めた“美しき初FG”に米喝采「この日本人はすでに最高だ」

    2018.12.18

    米プロバスケットボールNBAのグリズリーズとツーウェイ契約を結ぶ渡邊雄太が17日、敵地ウォリアーズ戦でNBA3試合目となる出場を果たし、2得点1リバウンドを記録。自身初となるフィールドゴールを華麗なジャンプシュートで決めた。NBAは実際の瞬間を動画付きで速報し、目の肥えた米ファンから「この日本人はすでに最高だ」「フォームはなんて滑らかだ」と賛辞が送られている。

  • 【名珍場面2018】まるで別人!? マンU名手の“アフロ喪失”の1枚が45万超反響「髪よ、安らかに…」

    2018.12.18

    2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は11月に海外サッカーで話題を呼んだ“大変身”。巨大アフロだった名手が大変身した様子を自身のインスタグラムで公開。まるで別人かのような出で立ちとなった様子を目の当たりにしたファンから45万件を超える大反響が沸き起こった。

  • 紀平梨花はまだ強くなる 米専門家が「他選手にとって危険」と指摘した“余白”とは

    2018.12.18

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)との16歳対決を見事に制したが、米コメンテーターは「他の選手にとって恐怖」「誰よりも伸びしろがある」と分析。ある要素における、さらなる進化を予想している。

  • 松山、狂気の“超スネークパット”に米ファン興奮復刻「こんな世界があるのか?」

    2018.12.18

    12月を迎え、米男子ゴルフのPGAツアーは小休止となっているが、PGAは来年が待ち切れないファンに向け、松山英樹(レクサス)が今年演じたスーパーパットを動画付きで公開。「狂気のパットが見たい?」とつづり、米ファンに「こんな世界があるのか?」などと興奮を甦らせている。

  • 宇野昌磨が21歳誕生日 可愛すぎる“今昔2ショット”に海外反響「彼はずっと可愛い」

    2018.12.18

    フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が17日に21歳の誕生日を迎えた。平昌五輪銀メダリストの節目の一日をIOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は12年の幼き日の姿と現在を比較した“今昔2ショット”の画像と当時の動画を公開し、祝福すると「とても幼いね」「彼はずっと可愛い」と熱視線を集めている。

  • 【名珍場面2018】こんな悲劇見たことない!? ベルギー代表FWの“珍自爆”に笑撃「超痛いぞ」

    2018.12.18

    2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は6月のサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で起きた“珍自爆”。ベルギー代表FWが味方のゴール後に演じた悲劇の決定的瞬間の画像を海外メディアが公開し、あまりにシュールな状況に対して「面白すぎる」「W杯でこれがベスト」と海外ファンに笑撃が走った。

  • 病床トゥクタミシェワ、“笑顔の誕生日”の1枚にエール殺到「強くなって帰ってきて」

    2018.12.18

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで3位に入ったエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が17日、インスタグラムを更新。肺炎により緊急入院したことがロシアで伝えられていたが、この日、22歳の誕生日を迎えた。元気そうな表情を画像付きで公開し、「すぐに回復するわ!」と復活の決意をつづると、ファンも「より強くなって帰ってきてね、我々の女王」と祝福と回復の願いを寄せている。

  • 「ボクシング界最強の男は誰?」 井上尚弥、海外メディア特集の6人に堂々選出

    2018.12.18

    ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチでミドル級2団体王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝し、3階級制覇を成し遂げた。盛り上がりを見せる世界のボクシング界で、海外メディアは「ボクシング界最強の男は誰なのか?」と特集。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝進出を決めたWBA王者・井上尚弥(大橋)も堂々の最強候補の一角に選出されている。

  • 不振メドベに朗報 オーサー氏のロシア帯同決定「ユヅルと日本に行く予定だったが…」

    2018.12.18

    フィギュアスケートのロシア選手権は20日に開幕する。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ、ジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ、4回転を跳ぶ14歳アレクサンドル・トルソワらが出場する中、現地メディアが最も注目するのは平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワだ。関係者が厳しい見通しを伝える中、羽生結弦(ANA)の全日本選手権欠場により、コーチのブライアン・オーサー氏の帯同が決定したという。過去2度大会を制している元女王にとって朗報だ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集