[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本野球が「世界No.1である理由はこれ」 米国野球も知るチェコのイケメン捕手が指摘した異質さ

野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」が6、7日に京セラドームで行われ、欧州代表には昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で歴史的な1勝を果たしたチェコ代表のメンバーも名を連ねた。4番を打ったマルティン・チェルベンカ捕手はそのイケメンぶりがSNS上で話題に。チェコから米球界に乗り込んだ先駆者とも言える男が、日本野球の“強み”について話してくれた。

欧州代表のマルティン・チェルベンカ【写真:小林靖】
欧州代表のマルティン・チェルベンカ【写真:小林靖】

SNSでイケメンぶりが話題となったチェルベンカは米挑戦の先駆者

 野球の「カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本vs欧州代表」が6、7日に京セラドームで行われ、欧州代表には昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で歴史的な1勝を果たしたチェコ代表のメンバーも名を連ねた。4番を打ったマルティン・チェルベンカ捕手はそのイケメンぶりがSNS上で話題に。チェコから米球界に乗り込んだ先駆者とも言える男が、日本野球の“強み”について話してくれた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

「ありがとう。それ以上は、何と言っていいかわからないな。でも選手として、チームとして、応援してくれるのには本当に感謝しています」

 身長193センチと長身のチェルベンカに、そのハンサムぶりがSNSで話題となっていることを伝えると何とも意外そうな表情ではにかんだ。ただチェルベンカは決して、顔だけの男ではない。2008年、MLBが欧州で選手発掘を目的に行ったトレーニングキャンプで見いだされ、翌年には当時のインディアンスとマイナー契約。その後は豪州のウインターリーグでもプレーしながら、2019年にはチェコ出身選手として初めて3Aに昇格。オリオールズ傘下のノーフォークで12試合に出場し、打率.372を残した。2021年にもメッツ傘下3Aのシラキュースでプレーしている。

 侍ジャパンを相手にしても扇の要に座り、一塁へ座った体勢からのけん制を見せるなど、米国仕込みのプレーを見せてくれた。マスクを通して見た、日本野球の長所をどう感じているのだろうか。

「基礎です。基本的なことが本当に上手なんです。そのためにたくさん練習していますよね。ゴロやスロー、打撃でも良いスイングをしているのは本当によくわかります。世界ナンバーワンのチームである理由はこれだと思います」

 昨年のWBCで、チェコは日本に2-10で敗れた。初回にマレク・フルプ外野手が佐々木朗希投手(ロッテ)から二塁打を放ち、チェルベンカの遊ゴロ失策の間に先制。その後は差が開いていった。敵に回しただけに、日本が世界の頂点まで駆け上がったのも十分にうなずけるという。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集