[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モータースポーツのニュース一覧

  • F1日本GPで生まれた“速すぎる1枚”に海外驚き タイヤ交換が「やばくなってる」「猛烈だ」

    2024.04.11

    7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)が決勝で激走し、日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入るなど、盛り上がりを見せた。角田の入賞を後押ししたピットクルーの“超速タイヤ交換”が話題になる中、コンストラクターズ(製造者)部門トップのレッドブルはさらにその上をいく記録を叩き出していた。レッドブルは公式SNSに“速すぎる”写真を公開し、英専門メディアも報じている。

  • F1角田裕毅、10位ゴール後に客席へ送ったサインに感動の声「縁石の外に出て…」「心打たれる」

    2024.04.10

    7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)は決勝で激走し、日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入った。チェッカーフラッグを受けた後、あえて“コースアウト”して満員のスタンドに示したポーズに、日本人ファンから「挨拶してるのいいね」「映画のエンディングみたい」といった感動の声が集まっている。

  • F1角田裕毅を英国の辛口番組が絶賛 母国での快走は「英雄的」…リタイアのリカルドと「対照的」

    2024.04.10

    自動車レースのF1は今季第4戦・日本グランプリの決勝が7日に行われ、唯一の日本人ドライバー角田裕毅(RB)が10位入賞を果たした。第3戦・豪州GPの7位に続く2戦連続の入賞に、モータースポーツの本場欧州での評価も急上昇。英国では辛口で知られる公共放送BBCの人気番組「トップギア」が「ユウキ・ツノダがRBを背負っている」と大絶賛だ。

  • F1角田裕毅の記念写真に不在だった同僚、海外ファンから心配の声「これはサインなの…」

    2024.04.09

    7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)が日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入るなど、盛り上がりを見せた。一方で、スタート直後に同僚のダニエル・リカルドはウィリアムズのアレックス・アルボンと接触してリタイア。レース後、RBはチームの写真を公開したが、リカルドの姿がなかったことで海外ファンからは「ダニエル・リカルドはどこ」「ダニエルも写真に写っていたらよかったのに」などの声が上がっている。

  • 日本GP出場のF1レーサー、鈴鹿から使った渋滞知らずの移動手段に海外注目「もう行っちゃうの」

    2024.04.09

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日まで三重・鈴鹿サーキットで開催され、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝した。フェルスタッペンは優雅にヘリコプターを使って会場を去り、海外ファンからは「1番に日本を出た」「ちょっと、もう行っちゃう」などと注目されていた。

  • F1角田裕毅の豪快オーバーテイク、逆バンクでの絶妙仕掛けを海外絶賛「アメージングなムーブ」

    2024.04.09

    7日に幕を閉じた自動車レースのF1日本グランプリ(GP)。予選10番手だった角田裕毅(RB)は決勝で激走し、日本人ドライバーとして2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりの入賞となる10位に入って幕を閉じた。ピットストップではクルーによる“超速タイヤ交換”もあって順位アップ。33周目には“逆バンク”でのオーバーテイクをF1公式が公開すると、海外ファンから「アメージングなムーブ」「輝かしい」といった反響が寄せられている。

  • 「日本GPのファンは無敵」 鈴鹿で応援した女性ファンのアイテムに海外熱視線「世界でも他にないかも」

    2024.04.09

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。今年から春開催となったレースには多くのファンが詰めかけて盛り上げたが、日本のアイドルのライブをほうふつとさせる応援スタイルも見られた。メルセデス公式SNSが紹介すると、海外ファンから「信じられないほどクリエイティブ」「最高の工作の技術を持っている」といった反響が寄せられている。

  • 「100回見たけど、未だに鳥肌立つ」 角田裕毅を救った車内映像を海外絶賛、日本GPで「一番好き」

    2024.04.09

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。レース中盤、ピットクルーが魅せた“超速タイヤ交換”で順位を上げた要因に。F1公式インスタグラムが角田の車載カメラから見たピットの映像を公開すると、海外ファンから「歴史に名を残すピットストップ」「いまだに鳥肌が立つ」といった声が上がっている。

  • 「日本のF1ファンはクールだ」 一瞬で“鞍替え”した男性の仕掛けに海外喝采「鈴鹿の芸術品」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。今年から春開催となったレースには多くのファンが詰めかけて盛り上げたが、F1公式はある日本人ファンの“変身”ぶりに注目。海外ファンからも「アーティスト」「本物のファン」といった反響が寄せられている。

  • F1日本GPで「天才」と海外が驚いた日本ファンの行動 サインのおねだり方法が「これ気に入った」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。今年から春開催となったレースで、ファンは何とか選手にアピールし、接触しようとあの手この手を駆使していたが、その中で鮮やかにサインをゲットしたファンが話題に。レッドブル公式SNSが動画を公開すると、海外ファンから「天才だ」「これ気に入ったわ」といった反響が寄せられている。

  • F1角田裕毅、10位入賞直後に伝えた感謝の言葉を海外称賛「リスペクト」「日本のF1ファンにとって…」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。レース中盤、ピットクルーの“超速タイヤ交換”で順位を上げたことが好結果につながったとあって、チェッカーを受けた後には「ファンタスティックなピットストップのお陰」「アメージング」などとチーム無線でクルーに感謝の言葉を伝えた。

  • F1角田裕毅をチーム幹部称賛「一歩も間違わなかった」「真のチームワークとしか言いようがない」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶりという快挙。1ポイントをもぎ取ったドライビングについてRB幹部も「素晴らしい走り」「大事なところでハードにプッシュした」などと称賛している。

  • 「もうF1でタイヤの壁はあまり…」 日本GPで0周リタイア、アルボンが接触マシンのダメージ懸念

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトは両者のコメントを紹介。アルボンは「タフなものだった」と振り返り、マシンのダメージを懸念している。

  • 日本のF1ファンを「愛さずにはいられない」 海外から称賛集めた春の鈴鹿の光景「やっぱり違う」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日まで三重・鈴鹿サーキットで開催された。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)の優勝、唯一の日本人レーサー・角田裕毅(RB)の10位入賞で盛り上がったが、海外からは会場で声援を送った日本ファンにも「マジカルな雰囲気」「やっぱり違う」などと称賛の声が届いている。

  • F1角田裕毅へ、ペレスが運転席から送った“称賛のサイン”にネット感動「好感度爆上がり!」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。日本GPでの日本人ドライバーの入賞は、2012年の小林可夢偉(3位)以来12年ぶり。決着後、2位になったレッドブルのセルジオ・ペレスは角田のマシンに並び、運転席から称賛のサインを送った。日本ファンからは「好感度爆上がり」「ペレスいい奴だなあ!」などと反響が集まった。

  • 日本GPで0周リタイア、接触リカルドが説明 スタート出遅れが一因「私とユウキはミディアムで…」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式サイトはレース後のリカルドが残したコメントを伝えている。

  • F1角田裕毅を入賞させた“抜群タイヤ交換”を海外称賛 「年間ピットストップ賞だ」「美しい!!」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われ、予選10番手だった角田裕毅(RB)は10位入賞を果たした。ポイント獲得で奮闘。ピットクルーによる“超速タイヤ交換”で順位を上げた。海外ファンは「年間ピットストップ賞だ」「美しい!!」と称賛している。

  • F1日本GPで無残に消えたマシンに海外茫然 「リカルドはキャリアを壊した」「仕事を失う」

    2024.04.08

    自動車レースのF1日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキットで決勝が行われた。スタート直後にRBのリカルド、ウィリアムズのアルボンが接触から離脱。赤旗が出された。F1公式は無残にコースアウトしたリカルドのマシンに注目。海外ファンは「リカルドはキャリアを壊した」「仕事を失う」「可哀そうなリカルド」と茫然としている。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集