[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ニュースの記事一覧

  • トゥクタミシェワ、3A不調のコストルナヤに言及「助けを求められたらもちろん助ける」

    2020.12.03

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯で初優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワ。3回転アクセルを成功させるなど見事な演技を見せた23歳は、最近の大会で3回転アクセルを回避しているアリョーナ・コストルナヤ(ともにロシア)について「もし助けを求められたら、もちろん助けます」と語っているようだ。ロシアメディア「gazeta.ru」が報じている。

  • 【名珍場面2020】 久保建英、偶然撮られた“キャプ翼風の1枚”に海外反響「ツバサはお前だったのか?」

    2020.12.02

    2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は日本代表MF久保建英(ビジャレアル)だ。スペイン1部リーガ・エスパニョーラのマジョルカに所属していた7月、人気漫画「キャプテン翼」のワンシーンのような画像をリーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムが公開すると、「ツバサはお前だったのか?」「ツバサのシュートみたいだ!」となど反響が集まった。

  • 58歳ホリフィールド「もう言い訳は無用だ」 タイソンに対戦迫る「契約書にサインしろ」

    2020.12.02

    ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスでエキシビションマッチを行い、15年ぶりのリング復帰を果たした。大いに注目を浴びた54歳タイソンに対し、過去に対戦経験のある58歳イベンダー・ホリフィールド氏(ともに米国)は「契約書にサインしろ。もう言い訳は無用だ」と対戦を迫っているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 顔面揺さぶる腰砕けKO PFP5位のぶん回し左フックに米再興奮「サンドバッグのようだ」

    2020.12.02

    ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)は5日(日本時間6日)、米テキサス州で行われる元WBC同級王者ダニー・ガルシアとの同級タイトルマッチに臨む。試合を前に、米興行大手プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)はスペンスJr.が4年前にKO勝ちを決めた豪快左フックの動画を公開。相手が腰砕けになった一撃に、米ファンからは「サンドバッグに打つようだ」などと反響が寄せられている。

  • レイドロー「日本の生活は最高すぎる!」 焼肉楽しむイケメンの“庶民的1コマ”に反響

    2020.12.02

    2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場し、“日本の天敵”として注目を浴びた元スコットランド代表SHグレイグ・レイドローが自身のインスタグラムを更新。加入したNTTコムの同僚と焼肉に行った際の写真を公開し、「日本の生活は最高すぎる!」とつづった。国内外のファンからは「庶民派でも際立つカッコ良さ」「日本で素敵な時間を」などと反響が寄せられている。

  • 「彼はイノウエ戦で被弾しすぎた」 38歳ドネア戦控えるロドリゲスが“若さ優位”強調

    2020.12.02

    ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は、19日に米コネチカット州アンカスビルで元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBC世界バンタム級正規王座決定戦に臨む。ロドリゲスは38歳のレジェンドとの対戦について「俺は年齢的な面で有利だ。彼はイノウエと素晴らしい戦いをしたが、被弾しすぎた」などと語っているという。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

  • 23歳トゥクタミシェワは4回転を跳ぶのか 可能性に言及「計画では12月末に向けて…」

    2020.12.02

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・ロシア杯は23歳エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が初優勝した。3回転アクセルを成功させるなど見事な演技を見せた23歳は、4回転ジャンプの実戦導入の可能性について語ったようだ。ロシアメディア「gazeta.ru」が報じている。

  • タイソンを襲撃 熱狂的ファンの“無謀な挑戦”を米報道「なぜ俺と戦わないんだ!」

    2020.12.02

    ボクシングの元世界3団体ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏は28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスで元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.氏とエキシビションマッチを行った。15年ぶりのリング復帰で注目を浴びたが、試合後にはファンからまさかの“挑戦”を受けるハプニングに巻き込まれたようだ。米メディア「TMZスポーツ」が報じている。

  • 【名珍場面2020】超大波22.4mを制覇 南米女性サーファーのギネス記録映像に海外衝撃「ゾッとするね」

    2020.12.02

    2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は東京五輪の新種目に採用され、日本でも注目度が上昇しているサーフィンで生まれた衝撃の“世界記録”だ。ブラジル人の女性サーファーが高さ73.5フィート(約22.4メートル)の波に乗った動画が9月に公開されると、「うわ、ゾッとするね」「このスリル……」などと驚きの声が上がっていた。

  • 左フックが顔面直撃も…ヘビー級王者の“不死身ぶり”に米再脚光「KOできないのか」

    2020.12.02

    ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)。2年前の試合で注目を集めたタフネスぶりが再び脚光を浴びている。2018年12月、当時WBC同級王者だったデオンテイ・ワイルダー(米国)との初対戦で、12回にダウンを喫するも驚異の粘りで立ち上がった。衝撃の場面を米メディアが動画で公開すると、「フューリーはKOできないのか!」「起き上がるなんてクレイジーだ」などと現地ファンを驚かせている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集