[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道界で異例の絶叫「ありがとう!愛してる!」 全日本女子V、地方から夫婦で掴んだ日本一

「ありがとう! 愛してるよ!」。伝統を誇る柔道界では異例すぎる絶叫だった。体重無差別で日本一を争う全日本女子選手権が21日、神奈川・横浜武道館で行われ、6回目の出場の瀬川麻優(まや、26=ALSOK)が初優勝。NHKの優勝インタビューで「(旧姓)秋葉から瀬川に名前が代わって」と振られると、昨年3月に結婚した応援席の瀬川勇気さん(26)に向かって「勇気! 優勝したよ!」と笑顔で報告した。

柔道の全日本女子選手権、優勝カップを手に畳の上で喜びの表情を見せる瀬川勇気さん(左)と麻優
柔道の全日本女子選手権、優勝カップを手に畳の上で喜びの表情を見せる瀬川勇気さん(左)と麻優

初優勝した瀬川麻優が優勝インタビューで絶叫

「ありがとう! 愛してるよ!」。伝統を誇る柔道界では異例すぎる絶叫だった。体重無差別で日本一を争う全日本女子選手権が21日、神奈川・横浜武道館で行われ、6回目の出場の瀬川麻優(まや、26=ALSOK)が初優勝。NHKの優勝インタビューで「(旧姓)秋葉から瀬川に名前が代わって」と振られると、昨年3月に結婚した応援席の瀬川勇気さん(26)に向かって「勇気! 優勝したよ!」と笑顔で報告した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 昨年までは3回のベスト8が最高。「大きな壁だった」という準々決勝を一本勝ちすると、準決勝ではルール変更で7年ぶりに復活した旗判定で3-0と梅津志悠(JR九州)を下し、決勝では昨年準優勝の児玉ひかる(SBC湘南美容クリニック)と対戦した。

 8分間の決勝、昨年準々決勝で敗れた相手を圧倒した。組手で圧力をかけ、前へ、前へ。奥襟をつかんで次々と技をかけた。3分22秒に払い巻き込みで技ありを奪うと、疲れのみえる児玉をさらに攻めた。4分46秒、相手が指導4で反則負け。優勝が決まると、涙ぐむ勇気さんに向かって何度も笑顔でうなずいた。

 夫婦でつかんだ日本一だった。「全部を変えてくれた。感謝以外にない」と瀬川は言った。出会いは北海道・北海高1年の時。瀬川が岡山の環太平洋大、勇気さんが早大と離れ離れになったが、大学卒業前に本格的な交際を再スタートさせた。

 故郷北海道で練習したいという瀬川さんの思いを叶えるために、勇気さんは勤めていた銀行を辞めて札幌市の人材派遣会社に転職。新型コロナ禍を2人で乗り越え、昨年3月に入籍した。瀬川は平日、母校で高校生たちと練習を積み、土曜は勇気さんと練習する。「ビデオで分析してアドバイスをくれたり、技術的にもいろいろと教わっている」と瀬川は話した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集