[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「トロントは負け組の街」 大谷翔平にブーイング→7号被弾の客席に敵地茫然「顔を覆って…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席はブーイングで迎えられたが、いきなり7号ソロを放つなど4打数1安打1打点だった。12-2の5連勝に貢献。相手はオフに移籍先の最終候補に挙がり、ドジャース入団発表前には“怪情報”が飛び交ったトロントだった。ブーイングが本塁打で悲鳴に変わる様子に対し、敵地ファンは「思いっきり顔を覆ってしまったよ」と反応した。

ブルージェイズ戦、7号を放ちベンチで祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ブルージェイズ戦、7号を放ちベンチで祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席はブーイングで迎えられたが、いきなり7号ソロを放つなど4打数1安打1打点だった。12-2の5連勝に貢献。相手はオフに移籍先の最終候補に挙がり、ドジャース入団発表前には“怪情報”が飛び交ったトロントだった。ブーイングが本塁打で悲鳴に変わる様子に対し、敵地ファンは「思いっきり顔を覆ってしまったよ」と反応した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 敵地のファンも仰天したようだ。0-0の初回1死。打席に入る大谷へ、大ブーイングが浴びせられた。しかし、3球目に右越えの先制ソロ。打球が上がった瞬間、一塁側客席は悲鳴に包まれた。スタンドインを確認したファンは頭を抱えたり、逆に飛び跳ねたり。日本生まれ選手の球団最多記録を持つデーブ・ロバーツ監督の7本に並び、年間40発ペースに。貫禄を見せつける一撃だった。

 ブルージェイズの地元カナダ放送局「スポーツネット」のフリーランス編集者、デービッド・モラスッティ氏は、Xに一塁側スタンドから収めた動画を公開。文面に「ショウヘイ・オオタニへのブーイングに続いてショウヘイ・オオタニの本塁打。正直、これ以上のシナリオはない」と白旗を揚げた。敵地ファンも茫然といった様子のコメントを寄せている。

「思いっきり顔を覆ってしまったよ」
「これがトロント。負け組の街」
「ブーイングはロクな結果にならない」
「一日の終わりに彼らはオオタニの本塁打で元気になった。彼らこそ野球ファンなんだよ」
「ついでに恐ろしくなったよ」

 昨年12月、大谷がインスタグラムでドジャース入団を報告する前日、X上ではブルージェイズの本拠地トロントに大谷が向かうとの憶測が広がった。ロサンゼルス発のプライベートジェットのフライトレーダーを数千人が見守るなど騒然とした雰囲気に。しかし、実際は大谷がトロント入りした事実はなく、デマに終わり、米記者も“誤報”を謝罪するなどネット上は大混乱だった。

 大谷は4打数1安打1打点、1四球。11-2の9回の第6打席に代打を送られた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集