[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16年ぶりVの富士通が徹底した意識統一 13年目で初優勝の町田瑠唯は涙「やっと恩返しできた」【バスケWリーグ決勝】

バスケットボール女子Wリーグのプレーオフ決勝第3戦が15日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、レギュラーシーズン首位の富士通が同2位のデンソーに89-79で勝利し、16年ぶり2度目の優勝を決めた。「オーバーコミュニケーション」を掲げて意識統一を徹底。指揮官が「マイファミリー」と呼ぶ抜群のチームワークで新女王に輝いた。

チームメートに胴上げされる町田瑠唯【写真:中戸川知世】
チームメートに胴上げされる町田瑠唯【写真:中戸川知世】

「京王 presents Wリーグプレーオフ2023-2024」ファイナル

 バスケットボール女子Wリーグのプレーオフ決勝第3戦が15日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、レギュラーシーズン首位の富士通が同2位のデンソーに89-79で勝利し、16年ぶり2度目の優勝を決めた。「オーバーコミュニケーション」を掲げて意識統一を徹底。指揮官が「マイファミリー」と呼ぶ抜群のチームワークで新女王に輝いた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 終了のブザーと同時に、コート上には歓喜の輪が広がった。1勝1敗で迎えた運命の最終戦。両軍のチームカラーである赤をまとった4864人のファンが客席を鮮やかに染めた。富士通は序盤から試合を優位に進め、前半を45-36で折り返した。後半も激しい守備やリバウンドから流れを掴み、効果的に加点。最後の最後まで追いすがるデンソーを振り切り、89-79で16年ぶり2度目の優勝を決めた。

 司令塔として8得点、6リバウンド、9アシストで牽引した町田瑠唯は涙を流し、ユニホームで顔を覆った。月曜日にもかかわらず駆けつけた観客に深々と一礼。BTテーブス監督とは10秒以上熱く抱擁を交わした。入団13年目にして初優勝。コート上でのインタビューでは「13年間の思い。関わってくれた人、ずっと応援してくれるファン、家族にやっと恩返しができたと思う」と涙ながらに感謝した。

 プレーオフのMVPには、この日チーム最多の18得点を挙げた主将の宮澤夕貴が選出された。試合後の会見では「ベンチメンバーの活躍が一番重要だった。本当にチームの勝利」と、計21得点の控え選手を称賛。出場時間が長い人も短い人も「全員が同じ方向を向いて、同じ気持ちで練習していかないといけないとずっと言ってきた」。普段からチームで意識統一を徹底したことが生きたと胸を張った。

 今季テーブス監督が掲げたのが「オーバーコミュニケーション」。試合でも練習でも、過剰なほどに声を掛け合った。宮澤は「みんながそれを意識して、どんどんいいチームになった」と振り返る。「絶対優勝できる」とお互いに言い聞かせ、強固になった絆は指揮官が「マイファミリー」と呼ぶほどだ。出場機会がない選手も声で貢献。コートに立つ5人だけでなく、チーム全員で栄光を掴んだ。

(THE ANSWER編集部・鉾久 真大 / Masahiro-Muku)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集