[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デンソーは悲願の初V&2冠ならず 主将・赤穂ひまわりが無念「悔しい」「相手が一枚上手だった」【バスケWリーグ決勝】

バスケットボール女子Wリーグのプレーオフ決勝第3戦が15日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、レギュラーシーズン首位の富士通が同2位のデンソーに89-79で勝利し、16年ぶり2度目の優勝を決めた。デンソーは悲願の初優勝と皇后杯との2冠には届かず。主将の赤穂ひまわりは「後手に回ってしまった。相手が一枚上手だった」と無念を滲ませた。

悲願の初優勝に一歩届かなかったデンソーの赤穂ひまわり(中央)【写真:中戸川知世】
悲願の初優勝に一歩届かなかったデンソーの赤穂ひまわり(中央)【写真:中戸川知世】

「京王 presents Wリーグプレーオフ2023-2024」ファイナル

 バスケットボール女子Wリーグのプレーオフ決勝第3戦が15日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、レギュラーシーズン首位の富士通が同2位のデンソーに89-79で勝利し、16年ぶり2度目の優勝を決めた。デンソーは悲願の初優勝と皇后杯との2冠には届かず。主将の赤穂ひまわりは「後手に回ってしまった。相手が一枚上手だった」と無念を滲ませた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 1勝1敗で迎えた運命の最終戦。両軍のチームカラーである赤をまとった4864人のファンが客席を鮮やかに染めた。試合は第1クォーター(Q)から富士通が常にリードする展開。しかし、デンソーも馬瓜エブリンの3ポイント(P)シュートなどで簡単には流れを渡さなかった。何度離されてもくらいつき、最大15点差から残り39秒には6点差に。しかし、最後は富士通に振り切られた。

 ヴラディミール・ヴクサノヴィッチ監督は、試合後の会見で「まずは『富士通さん、優勝おめでとうございます』と伝えたい。それに値するシーズンだった」と称賛。赤穂も「相手も必死にやってくるとわかっている中、後手に回ってしまった。相手のほうが一枚上手だった」と潔かった。高田真希は20得点を挙げながらも、「決めるべき選手が決めていた」と新女王の強みを評した。

 悲願の初優勝と皇后杯との2冠はならなかったが、指揮官は「負けたことは悔しいし、残念だが、戦い抜いてくれた全てのスタッフ、選手を本当に誇りに思う」と感謝。赤穂は「悔しい思い、ファイナルに立ったという経験を成長材料にして、また戻って来られると思う」と来季を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集