[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「これボークにならないの?」 大谷も笑わせた超変則左腕の“新投法”に笑撃「よく投げれるな」

米大リーグ・ヤンキースのネストル・コルテス投手が新たな変則投法を披露し、話題を集めている。かつて大谷翔平投手も対戦時に笑ってしまった左腕。14日(日本時間15日)の敵地ガーディアンズ戦で打者を幻惑し、MLB公式も脚光を浴びせた。ネット上の日本人ファンからは「これボークにならないの?」「良く投げられるな笑」といった声が上がっている。

ヤンキースのネストル・コルテス【写真:ロイター】
ヤンキースのネストル・コルテス【写真:ロイター】

かつて大谷も笑ったヤンキースの左腕コルテス

 米大リーグ・ヤンキースのネストル・コルテス投手が新たな変則投法を披露し、話題を集めている。かつて大谷翔平投手も対戦時に笑ってしまった左腕。14日(日本時間15日)の敵地ガーディアンズ戦で打者を幻惑し、MLB公式も脚光を浴びせた。ネット上の日本人ファンからは「これボークにならないの?」「良く投げられるな笑」といった声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 また“進化”した。敵地で先発したコルテス。0-0で迎えた2回、7番ヒメネスを相手にカウント0-2からの3球目、ゆっくり投球動作に入ると、上げた右足を一度下ろす。するとその直後、ボールを持っていた左手を軽く振って“疑投”するまさかのアクション。そこから再び勢いをつけると、スリークォーター気味に投げ込んだ。

 高めのボールはファウルとなったが、MLB公式Xなど複数のメディアが前代未聞の投球フォームに注目。日本のファンからは「これって途中で止まってはないからボークにはならんってこと?笑」「コルテスおじさんの新しい投球術」「コルテスさんのピッチクロック対策」「一回投げるマネした コルテスおじさん面白さ復活w」「一旦静止して、後は止まらず動き続ければボークじゃない理論好きよ。まぁ良くバランス崩さず投げれるよな笑」といった声が上がっている。

 コルテスは2021年6月、エンゼルスに在籍していた大谷との対戦でも話題に。超スローテンポでなかなか投げずに球審にタイムをかけられ、打席に入った大谷も白い歯を見せた。22年には米スポーツ専門局「バリースポーツ」の記事で「彼(大谷)が受け入れてくれたことには敬意を示すよ。投手としては、できることは何でもやらなきゃいけない。彼もそれは分かっている。投手だからね。彼が理解していると感じるんだ。笑わせられたことは嬉しいね。それにアウトにもできた」と対戦を振り返っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集