[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリは悪童か、優等生か 井上尚弥戦へ、羽田空港で本人を直撃「本物のネリとして言うなら…」

ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が21日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、東京・羽田空港に来日した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合。3月の会見では優等生発言を繰り返した一方、海外メディアには挑発的発言を連発。どちらが本物のネリなのか。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。

羽田空港に到着したルイス・ネリ【写真:浜田洋平】
羽田空港に到着したルイス・ネリ【写真:浜田洋平】

ネリが羽田空港に到着

 ボクシングの元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)が21日、5月6日に東京Dで行われる世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)への世界挑戦に向け、東京・羽田空港に来日した。体重超過で王座を剥奪された2018年3月の山中慎介戦以来、6年2か月ぶりとなる日本での試合。3月の会見では優等生発言を繰り返した一方、海外メディアには挑発的発言を連発。どちらが本物のネリなのか。戦績は31歳の井上が26勝(23KO)、29歳のネリが35勝(27KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 到着口でスマホが掲げられた。午後3時26分、ネリが羽田空港に登場。妻や娘3人、陣営とロビーを歩いた。数百人の利用客にまぎれ、サイン色紙を持ったファンも。騒然とする中、陣営とともに取材エリアまで移動した。「コンディションはパワフル。5か月間、練習してきた」。蓄えた髭の奥で不敵に笑った。

 3月の試合発表会見でも来日。当時は「再び日本の地を踏めて嬉しい。申し訳なかったと謝りたい」と過去の騒動を謝罪し、会場にいた山中慎介氏とも握手で和解した。しかし、最近の海外メディアのインタビューでは「イノウエは過大評価されてる」「平凡なボクサー」と悪童に逆戻り。井上は自身の公開練習の際に「そっちのネリが本物ですよね。この間のは何だったのか」と呆れていた。

 本来のネリはどちらなのか。本人を直撃すると、迷いなく答えが飛んできた。

「前回は会見が目的。周りがリスペクトすべき選手だと教えてくれたので、あのようになった。俺が“本物のネリ”という意味で言うなら『彼をリスペクトしているけど、恐れてはいない』ということ。KOする」

 どっちとも取れない言葉だが、本心なのだろう。ただし、日本のモンスターを倒す気概は伝わってきた。

「ナオヤはいいボクサーだと思う。スピード、パワー、才能もある。(テレンス)クロフォードや(ガーボンタ)デービスのようにね。ただ、俺はイノウエより勝っていると思う。あいつがPFPのNo.1だとは思わない。もっと良い選手がいる。でも、メディアが彼をNo.1だと言うなら嬉しいよ。だってその選手と戦えるんだから」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集