[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

BL東京が14季ぶり復活V! リーチは嬉しい初優勝「本当にハラハラ」 引退の埼玉・堀江翔太は有終の美飾れず

ラグビー・リーグワンプレーオフ決勝が26日、東京・国立競技場で行われ、レギュラーシーズン2位の東芝ブレイブルーパス東京(BL東京)は同1位・埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉)に24-20で勝利。14季ぶり6度目の優勝を手にした。埼玉は2季ぶり7度目の優勝はならず。今季限りで現役引退する元日本代表HOの38歳・堀江翔太、32歳のSH内田啓介は途中出場したが、有終の美を飾れなかった。

リーグワンプレーオフ決勝、優勝した東京のリーチ・マイケル(左)と埼玉の堀江翔太【写真:矢口亨】
リーグワンプレーオフ決勝、優勝した東京のリーチ・マイケル(左)と埼玉の堀江翔太【写真:矢口亨】

リーグワンプレーオフ決勝

 ラグビー・リーグワンプレーオフ決勝が26日、東京・国立競技場で行われ、レギュラーシーズン2位の東芝ブレイブルーパス東京(BL東京)は同1位・埼玉パナソニックワイルドナイツ(埼玉)に24-20で勝利。14季ぶり6度目の優勝を手にした。埼玉は2季ぶり7度目の優勝はならず。今季限りで現役引退する元日本代表HOの38歳・堀江翔太、32歳のSH内田啓介は途中出場したが、有終の美を飾れなかった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 昨季決勝の4万1794人を上回るリーグ史上最多の5万6486人が集結。試合前のメンバー紹介で堀江の名前を呼ばれると、一番の歓声が上がった。試合は埼玉が前半5分と20分、SO松田力也のペナルティーゴール(PG)で6-0とした。しかし、リーチ・マイケル率いるBL東京は同27分、敵陣残り5メートルのスクラムから右に展開し、WTBジョネ・ナイカブラが3人を引きずりながらトライ。ニュージーランド代表の世界No.1SOリッチー・モウンガのゴール(G)で逆転した。

 同35分にもモウンガのPGで10-6とし、BL東京リードで後半に突入。スクラムで優位を取れなかった埼玉だが、後半から堀江が登場した。しかし、後半5分にトライとゴールを許し、6-17の苦しい展開。堀江は敵陣残り5メートルの攻防から自らボールをもらい、相手防御に何度も突っ込んだ。すると同23分、FLベン・ガンターが反撃トライ。松田がGを決めて13-17とした。

 同28分にも裏を狙ったキックパスで相手防御を崩すと、こぼれ球を拾ったSH小山大輝が逆転トライ。松田のGで20-17とした。だが、同34分に再度逆転のトライとGを許して20-24。それでも試合は終わらない。同39分、敵陣で連続攻撃を仕掛け、長田智希がトライ。25-24と土壇場で逆転したかに思われたが、直前に堀江のボールを前に投げるスローフォワードの反則があり、TMO(ビデオ判定)の末に痛恨のトライ取り消しになった。

 試合はそのまま終了。BL東京が激闘を制した。リーチにとっては嬉しい自身初優勝になった。勝利後の場内インタビューでは「本当にハラハラした試合。勝てて嬉しいです。さすがのチームでした。相手は最後まで戦い続けるチームでどこからでもトライを獲ってくる。運がよく勝てた」と振り返った。

 堀江は小学5年でラグビーを始め、大阪・島本高、帝京大でプレー。2009年に初キャップを獲得した日本代表では、11年からワールドカップ(W杯)に4大会連続出場した。スクラムの最前線で体を張り、相手が恐れる強さや高い技術、存在感からついた異名は「ラスボス」。トレードマークのドレッドヘアー、懐の深い人格でチームにも、ファンにも愛される存在だった。

 昨季、埼玉は決勝で東京ベイに敗れたが、今季はリーグ最多得点&最少失点を誇り、16戦全勝で首位を独走した。3季連続で決勝に進出。BL東京とは3月9日に対戦し、36-24で勝利していた。BL東京は前身のトップリーグを含め、14季ぶり6度目の優勝を目指したシーズン。主将のリーチは自身のキャリア初となる日本一が懸かり、日本代表でW杯4大会をともに戦った堀江にぶつかる覚悟だった。

 堀江は埼玉のロビー・ディーンズHCが指揮を執るバーバリアンズとして、6月22日のフィジー戦(英トゥイッケナム)にも招集予定。現役最終戦の見込みとなっている。

■堀江翔太(ほりえ・しょうた)

 1986年1月21日、大阪府生まれ。大阪・島本高から帝京大に進学。08年に三洋電機(現埼玉)入り。13年からスーパーラグビーのレベルズ、16年からサンウルブズでもプレー。09年に初キャップを獲得した日本代表では11年からW杯4大会出場。15年イングランド大会では南アフリカ戦に先発し、“ブライトンの奇跡”と呼ばれた歴史的勝利に貢献。19年日本大会は全5試合に出場し、史上初のベスト8進出を支えた。昨年フランス大会はチーム最年長で4試合中3試合に先発。歴代6位の代表通算76キャップ。力強いスクラム、高い技術や存在感から異名は「ラスボス」

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集