[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フリットやろ。全盛期の前園さん以来。驚愕よ」 久保竜彦に鳥肌を立たせた三笘薫の60m突破の戦慄

バーレーンを観戦する久保竜彦【写真:荒川祐史】
バーレーンを観戦する久保竜彦【写真:荒川祐史】

お見合いでシュートを打てなかった上田には注文「なんで止まったんか」

(3点目を挙げた)上田のシュートは良かったね。「打て!」と思った時にあのタイミングで打ったから。

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

 ただ、あの前にペナ(ペナルティエリア)で打てるシュートがあったけど、譲って(堂安とお見合いの形に)。やっぱシュートを打ってほしいよね。なんで止まったんか、打たんかったんか。優しすぎるんか、(周りが)見えすぎてるんか。(意識としては)堂安ごとゴールにぶち込んだらええやん。

 これだけじゃ(アピールが)遅いかもしれんな。次のイランみたいな強い相手で出られるか。あの前に打って決めてたら違ったかもしれん。

 FWって瞬間的に思うんよね、「ダメかも」って。なんでそうなるかっていうと、そこに行くまでにパワーを使ってしまっとるけん。だから、そこでパワーを取っておかないと。なんのために一番前におるんってなるし。まあ(打たなかった理由は)分からんよね。たまたまかもしれんし。

 俺もそんなん(90分間のパワーのマネジメント)を考えるほど頭良くないし。シュート、だいぶ外れとったよ。でも、打つのは打ったよな。あんま入らんかったけど、ペナに近くなったら打つ。まずは打たんと。下手でもそういう気持ちを持たんと。一番前やけん。

 そりゃ、中盤の選手とは(役割が)違うよ。

 そういう意味では(中盤で)今日は堂安も久保もうまかったよな、キワのところで。でも、バーレーンのプレッシャーがあんまなかった。(グループリーグ第3戦の)インドネシアもそうやったし。2試合続けて緩い試合が続いとるんよ。

 なんか、それが次の試合を絶対難しくさせると思うんよな。

(第3回へ続く)

■久保 竜彦 / Tatsuhiko Kubo

 1976年6月18日生まれ。福岡・筑前町。筑陽学園高を経て、1995年に広島加入。森保監督(当時選手)とは7シーズンプレーした。2003年に横浜F・マリノスに移籍し、リーグ連覇に貢献。1998年に日本代表デビュー。ジーコジャパンとなった2003年以降は日本人離れした身体能力と強烈な左足でエースとして活躍したが、腰や膝など度重なる怪我により、2006年のW杯ドイツ大会は落選。以降、横浜FC、広島などを渡り歩き、2014年に引退。J1はリーグ戦通算276試合94得点。日本代表は国際Aマッチ通算32試合11得点。引退後は山口・光市に移り住み、コーヒー焙煎や塩作りなど、異色のセカンドキャリアを歩む。今月、初孫が誕生予定。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集