[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大迫にあって今の上田に足りんのはアレよ」 日本の次代センターFWに久保竜彦が求める覚醒の条件

サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王者奪還はならなかった。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回。第1回で今大会を通じた課題としてFWとGKに核となる選手がいないことを指摘したドラゴン。FW上田綺世とGK鈴木彩艶について語り、特に次代センターFW候補の上田に課題と伸びしろを指摘した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

イラン戦に出場した上田綺世【写真:Getty Images】
イラン戦に出場した上田綺世【写真:Getty Images】

ドラゴン久保のアジアカップ・日本―イラン戦分析第2回

 サッカーのアジアカップ・カタール大会は3日、準々決勝で世界ランク17位の日本代表は同21位イランに1-2で敗れ、8強敗退となった。同点で迎えた後半アディショナルタイムにPKで決勝点を献上。アジア王者奪還はならなかった。2022年のワールドカップ(W杯)カタール大会で独自の解説がひそかに話題となった元日本代表FW久保竜彦が今大会も東京・中目黒のTHE ANSWER編集部に来訪し、試合を分析した。全3回の第2回。第1回で今大会を通じた課題としてFWとGKに核となる選手がいないことを指摘したドラゴン。FW上田綺世とGK鈴木彩艶について語り、特に次代センターFW候補の上田に課題と伸びしろを指摘した。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 今大会を通した思ったんは、前(FW)とGKのところやろな、課題は。

 真ん中(センターFW)におらんのが、あれ(課題)やな。岡崎とか大迫とか。ああいうやつ。それも超えるやつが出そうで、出んのよな。上田がそうなりそうな気配はあるんよ。ただ、今はシュートを打てるところで打たんっていうところが足りんよな。

 パスの方に逃げるじゃないけど、パスの方も見えてるけえ(選択肢が増えてしまう)。

 見えてからシュートでもええんよ。あっち(パス)もオプションとして、でもシュートで終われるとね。やっぱり(力は)持ってると思うんよ。何点か決めた中でも捻じ込む力は絶対持っとる。(そのパワーを)どこで使うのかっていうのところもある。

 絶対それは感じたと思うしね、この大会、何試合も出て。それは多分、外国の(所属)チームでね、どこか知らんけど、意識してやると思うけどな。(代表を)外から見とったのと、決めている部分も何か物足りんていうのは自分で感じとるはずやから。

 大迫の良さは打つところよ。判断が抜群にいい。「打て」って思うところで絶対打つし。テレビとか大きめ(の視点)に端から見てて、そういうのができるっていうのはかなりいい選手よ。そんなんできんけん。遠くから見てるから言えるだけで。

 そこで(そのタイミングで)打つんかっていうのも持ってる。岡崎の場合はちょっと違うけど、そこに飛び込むかっていうタイプ。やっぱ、「そこで打て」っていうところでパスしたりが多いと、やっぱ周りの選手に信用されんもんね。チームメートに。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集