[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大迫にあって今の上田に足りんのはアレよ」 日本の次代センターFWに久保竜彦が求める覚醒の条件

上田覚醒の条件を分析する久保【写真:荒川祐史】
上田覚醒の条件を分析する久保【写真:荒川祐史】

上田覚醒の条件は「シュートを打つ判断のところよね」

 大迫にあって今の上田に足りんのは、その(シュートを打つ)判断のところよね。

【注目】育成、その先へ 少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信する野球育成解決サイト『First-Pitch』はこちらから

 自分でギュッてやる(狙いに行く)ところが出てきて、やっと周りの選手に信頼されて、ボールも集まってくるし。そんなんはもう周りが言わんでも、上田は気づいてると思うんよね。まだ25歳なんやし、これからよ。どう変わっていくのかは楽しみよ。

 GKもそうやね。やっぱ、鈴木と前が出てきたら安定すると思うんよ。

 鈴木は初めて見たけどね。本当にデカくて、すごい体を持っとるんけん。21歳やし、何がすごいのかわからんかったけど、そういう雰囲気がある。全部出たってことはそういうことよ。近くで見てる人は何かを感じて使ったと思うし、これからどうなるか。

 やっぱ、GKと前が安定するだけでも、ちょっと調子が悪くてもでどうにかできるもんね。絶対、チームがあんなには(今日のイラン戦のようには)苦しくはならない。またW杯があるんやし、これからそのポジションがちゃんと育っていってほしいよね。

 優勝を期待しとったけど、これで日本もアジアカップは終わりか。正直、収穫はないんじゃないの、何にも。そう思うのも理由があるんよ。

(第3回へ続く)

■久保 竜彦 / Tatsuhiko Kubo

 1976年6月18日生まれ。福岡・筑前町。筑陽学園高を経て、1995年に広島加入。森保監督(当時選手)とは7シーズンプレーした。2003年に横浜F・マリノスに移籍し、リーグ連覇に貢献。1998年に日本代表デビュー。ジーコジャパンとなった2003年以降は日本人離れした身体能力と強烈な左足でエースとして活躍したが、腰や膝など度重なる怪我により、2006年のW杯ドイツ大会は落選。以降、横浜FC、広島などを渡り歩き、2014年に引退。J1はリーグ戦通算276試合94得点。日本代表は国際Aマッチ通算32試合11得点。引退後は山口・光市に移り住み、コーヒー焙煎や塩作りなど、異色のセカンドキャリアを歩む。今月、初孫が誕生予定。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集