[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦熱望の米ボクサーが8回TKO勝ち! 生観戦の井上にアピール「彼は俺を見に来た」

ボクシングのフェザー級10回戦が8日(日本時間9日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、WBO世界同級4位ブルース・キャリントン(米国)が8回TKO勝ちした。最近は世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望中。井上が訪れた会場で勝利を飾り、「彼は俺を見に来た」と振り返っている。

ブラヤン・デ・グラシアに8回TKO勝ちしたブルース・キャリントン(右)【写真:Getty Images】
ブラヤン・デ・グラシアに8回TKO勝ちしたブルース・キャリントン(右)【写真:Getty Images】

キャリントンが8回TKO勝ち

 ボクシングのフェザー級10回戦が8日(日本時間9日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、WBO世界同級4位ブルース・キャリントン(米国)が8回TKO勝ちした。最近は世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望中。井上が訪れた会場で勝利を飾り、「彼は俺を見に来た」と振り返っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ブラヤン・デ・グラシア(パナマ)と対戦したキャリントンは、接近戦からの右でダウンを奪取。最後はロープ際につめ、豪快なラッシュでレフェリーストップを呼び込んだ。ニューヨーク訪問中でこの日も会場に現れた井上の前で鮮烈な勝利。リングから客席のモンスターにお辞儀をし、井上も手を振って返した。

 27歳のキャリントンは2021年10月にプロデビューし、この日で戦績は12勝(8KO)とした。フェザー級の世界ランクはWBO4位、WBC7位、IBF12位。最近は米メディアを通じ、井上との対戦を熱望していた。米専門メディア「ボクシングシーン.com」はこの日の試合後、「キャリントンは、ナオヤ・イノウエが見ている中、一流の勝利を見せた」との見出しで記事を掲載した。

 記事によると、34試合のうち25KOの相手を退けたキャリントンは「(戦績は)彼が危険だということを示しているが、俺にはそれを回避して打ち砕くことができる経験がたくさんある」とコメント。井上が観戦していることに「彼は俺を見に来た」と語ったという。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集