[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

子供たちが「泳ぎがもっと好きになった」 伊藤華英さんが見守った大船渡の10人の成長

競泳で五輪2大会に出場した元スイマー・伊藤華英さんが、距離を越え、みちのくの子供たちの成長を見守る半年間を過ごした。24日、「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに参加。昨年10月から指導してきた参加者とオンラインで交流し、半年間のプログラムのゴールを迎えた。

「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに伊藤華英さん(右上)が参加した【写真:編集部】
「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに伊藤華英さん(右上)が参加した【写真:編集部】

半年間指導した「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに参加

 競泳で五輪2大会に出場した元スイマー・伊藤華英さんが、距離を越え、みちのくの子供たちの成長を見守る半年間を過ごした。24日、「東北『夢』応援プログラム」の成果発表イベントに参加。昨年10月から指導してきた参加者とオンラインで交流し、半年間のプログラムのゴールを迎えた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 伊藤さんが参加した「東北『夢』応援プログラム」は、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げ、年間を通して子供たちの夢や目標を応援するもの。コーチ役の「夢応援マイスター」を務めるアスリートが、参加する子供たちが掲げる半年から1年後の約束に向け、遠隔指導ツールでサポート。1日限りのイベントで交流を終えるのではなく、離れた場所でも動画やSNSを通じて継続したプライベートレッスンが受けられる画期的な試みだ。

 2016年から岩手・大船渡の子供を対象に指導する伊藤さんは、昨年10月にスタートした新たなプログラムで10人を担当した。月に1回、それぞれの子供から送られてくる泳ぎの動画をチェックし、アドバイスを添えて返信。東京と大船渡の距離を越え、子供たちの上達を見てきた。

 今回は新型コロナの感染状況を鑑み、1月の中間発表に続き、オンライン開催。しかし、伊藤さんが「皆さん、いつも動画ありがとうございます。コロナの影響で不便なこともたくさんあったと思うけど、こうやってみんなと会えて、うれしく思います」と挨拶すると、Zoom上にはこの日参加した9人の笑顔が並んだ。

 イベントはまず伊藤さんによるクリニックからスタート。現役時代に行っていたストレッチ方法などを教え、子供たちと一緒に実践した。続いて行われたのが、この日のメインとなる成果発表。事前に撮影した泳ぎの動画を伊藤さんに見てもらいながら、それぞれ半年間の取り組みを振り返った。

 子供たちから挙がったのは、一様に成長を実感した声。「けのびが3秒できるようになったし、バタ足がしっかりできるようになった」「半年間頑張ったし、自分の実力を出せた」「泳ぐのはもともと好きだったけど、もっと好きになった」というもの。ただ、これに満足することなく「もっとキックを安定させたい」「入水の時の手の位置やタイミングを上手にしたい」という声も上がり、自らの成長に余念がない様子だった。

1 2 3

伊藤 華英

 日本代表選手として2012年ロンドン五輪まで日本競泳会に貢献。2004年アテネ五輪出場確実と騒がれたが、選考会で実力を発揮できず、出場を逃す。水泳が心底好きという気持ちと、五輪にどうしても行きたいという強い気持ちで、2008年女子100m背泳ぎ日本記録を樹立し、初めて五輪代表選手となる。

 その後、メダル獲得を目標にロンドン五輪を目指すが、怪我により2009年に背泳ぎから自由形に転向。自由形の日本代表選手として、世界選手権・アジア大会での数々のメダル獲得を経て、2012年ロンドン五輪・自由形の代表選手となる。2012年10月の岐阜国体を最後に現役引退。

 引退後、ピラティスの資格取得とともに、水泳とピラティスの素晴らしさを多くの人に伝えたいと活動中。また、スポーツ界の環境保全を啓発・実践する「JOCオリンピック・ムーヴメントアンバサダー」としても活動中。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集