[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニスのニュース一覧

  • 大坂なおみ、4回戦オッズは「1.66倍」で突破有力 錦織との“ダブル8強”なるか

    2019.01.20

    テニスの4大大会・全豪オープンで4回戦進出を決めた世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)は8強進出をかけ、21日の次戦で同12位のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。過去の対戦成績は2勝2敗と五分だが、英大手ブックメーカーは大坂の勝利に「1.66倍」を設定。全米オープン女王の突破が優位となっている。

  • 錦織の快進撃を松岡修造氏が絶賛 ジョコ激突でも「どちらかというと錦織有利に…」

    2019.01.20

    テニスの4大大会・全豪オープンで16強進出を決めた男子世界ランク9位の錦織圭と女子同4位の大坂なおみ(ともに日清食品)。日本の男女エースがメルボルンで快進撃を演じているが、松岡修造氏も「日本人男女2週目突入!」と題して公式ブログで注目。錦織について「まだ気が早い話だが…」としながら「今のテニス、そしてメンタルなら、ジョコビッチに勝つことは全く不思議ではない」と絶賛している。

  • 世界149位の衝撃― 無名19歳の“超絶リターン”に全豪驚き「大会ベストショット?」

    2019.01.20

    テニスの全豪オープンは大会6日目が終了し、男女シングルスは16強が出そろった。数々のスーパーショットが生まれているが、男子3回戦で「ショット・オブ・ザ・トーナメント?」と大会公式が絶賛するスーパーショットが炸裂。高く弾んだ相手のスマッシュを、まるでサーブのように高い打点から打ち返す超絶リターンを決めた。実際の瞬間を目の当たりにした海外ファンから「これはヤバイ」「一級品のショット」「確実にイエス」と喝采が上がっている。

  • 錦織、4回戦も「1.16倍」と勝利本命 世界23位相手も… 英オッズはBIG4級の高評価

    2019.01.20

    テニスの4大大会・全豪オープンで4回戦進出を決めた世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は8強進出をかけ、21日の次戦で同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)と戦う。27歳の強豪を迎え撃つが、英大手ブックメーカーは錦織の勝利に「1.16倍」と鉄板オッズを設定。4回戦ではBIG4級の高評価を受けている。

  • 大坂なおみの笑撃!? “転倒直後のNO発言”に大会公式が喝采「古典的なナオミだ」

    2019.01.20

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同27位の謝淑薇(台湾)に5-7、6-4、6-1で逆転勝ち。2年連続の16強進出を決めたが、試合中に見せた“ずっこけ後の一言”が話題を呼んでいる。終盤、ラリー中に転倒してヒヤリとさせたが、心配した主審に放った言葉に会場も笑いが発生。実際のシーンを大会公式ツイッターが「この反応はクラシックなナオミ・オオサカだ」と喝采を送っている。

  • スビトリナ、激闘後の“敗者への手渡し”に称賛の嵐「俺のハートが爆発した」

    2019.01.19

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で世界ランク7位エリナ・スビトリナ(ウクライナ)が同42位の張帥(中国)を4-6、6-4、7-5で撃破。4回戦進出を決めたが、フルセットの激闘後に疲労困憊でベンチに座った相手選手のもとに歩み寄り、自分のドリンクを手渡したシーンが一流のスポーツマンシップと話題を呼んでいる。大会公式が実際のシーンを動画付きで公開し、海外ファンから「オレのハートが爆発した」「なんてラブリーな人なんだ」などと称賛の嵐となっている。

  • 大坂なおみ、“11/12の逆襲劇”に海外メディアも賛辞「大会最大の恐怖生き延びた」

    2019.01.19

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同27位の謝淑薇(台湾)に5-7、6-4、6-1で逆転勝ち。2年連続の16強進出を決めた。中盤まで劣勢という大ピンチを強いられながら、最後は12ゲーム中11ゲームを奪った圧巻の逆襲に対し、海外メディアは「大会最大の恐怖を生き延びた」「壮観な逆転劇」と称賛している。

  • 錦織、待望の“省エネ勝ち”を海外評価「ドラマを1回飛ばし」「肉体的にも切望もの」

    2019.01.19

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、男子シングルス3回戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同44位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)を7-6、6-1、6-2で下し、2年ぶりの16強進出を決めた。フルセットにもつれた1、2回戦とは一変した126分の快勝劇は大会2週目に向けても貴重な“省エネ勝ち”。ATP公式サイト、海外メディアも「今回はドラマを避ける」「肉体的にも切望もの」と今回の一戦を高く評価している。

  • セリーナ、涙の18歳敗者に示した“女王の品格”に海外喝采「セリーナ、母になったね」

    2019.01.19

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で元世界ランク1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)が18歳ダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)に6-2、6-1で圧勝。37歳の元世界女王は年齢が半分以下の新鋭を子供扱いにしたが、試合後の振る舞いが話題を呼んでいる。悔し涙を流したヤストレムスカを励まし、がっちりと抱擁。実際のシーンを大会公式が動画付きで公開し、母国の米ファンを含め「彼女が史上最高な理由だ」「セリーナ、母になったね」と喝采が送られている。

  • 大坂なおみ、勝利後に犯した“痛恨フォルト”に海外笑撃「爆笑」「ナオミは面白い」

    2019.01.19

    テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同27位の謝淑薇(台湾)に5-7、6-4、6-1で逆転勝ち。2年連続の16強進出を決めたが、試合後に犯した“痛恨フォルト”が話題になっている。客席に投げ入れようとして力強く投げたタオルが風に流されて届かず落下。なんともシュールなシーンを大会公式が動画付きで紹介し、海外ファンに「爆笑」「可愛い」「投げ方は良かった、風が問題だった」と笑撃が走っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集