[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道韓国女子の“顔面張り手”敗退騒動は「故意ではない」 地元メディアが擁護「理解できない判定だ」

組織委員会にアピールも…受け入れられず3位決定戦もなし

 記事によれば、韓国側はイ・ヘギョンが最後に指導を受けた過程で、故意がなかったと大会組織委員会にアピールしビデオ判定を要請したが受け入れられず、3位決定戦の機会も与えられなかったのだという。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 韓国の柔道を管轄する大韓柔道会は「試合後、キム・ミジョン代表監督が映像を確認した結果、イ・ヘギョンの手が相手の服をつかむ過程で、顔に入ったように見えることが確認された」とし「故意性はなかったが、(延長の)ゴールデンスコアに入っていたので、相手選手の腕の位置に関係なくイ・ヘギョンの手が顔に向かって、結局反則負けが認められた」と説明している。

 記事は「国際大会での涙は喜びと悲しみに分かれる。イ・ヘギョンにはあまりにも残念な1日が過ぎている」とまた「スポーツ韓国」は「理解できない判定」とも伝えている。後味の悪さが残った。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集