[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 柔道の日韓戦、敗戦の韓国が座り込み抗議 韓国メディアに波紋「物議呼ぶ判定に涙」

柔道の日韓戦、敗戦の韓国が座り込み抗議 韓国メディアに波紋「物議呼ぶ判定に涙」

アジア大会(ジャカルタ)は1日、柔道の男女混合団体戦準々決勝で日本は韓国と3勝3敗で並んだが、規定により勝利。準決勝進出を決めた。しかし、韓国が裁定に納得がいかず、審判団に抗議。出場した男女6選手が畳の上に座り込む事態となった。韓国メディアも実際の様子を画像付きで紹介し、「畳を離れない選手たち…物議を呼ぶ判定に“涙”」などと報じている。

柔道の男女混合団体戦準々決勝で韓国は審判団に抗議する事態に【写真:AP】
柔道の男女混合団体戦準々決勝で韓国は審判団に抗議する事態に【写真:AP】

アジア大会男女混合団体戦、3勝3敗も規定を巡り韓国側が審判団に抗議

 アジア大会(ジャカルタ)は1日、柔道の男女混合団体戦準々決勝で日本は韓国と3勝3敗で並んだが、規定により勝利。準決勝進出を決めた。しかし、韓国が裁定に納得がいかず、審判団に抗議。出場した男女6選手が畳の上に座り込む事態となった。韓国メディアも実際の様子を画像付きで紹介し、「畳を離れない選手たち…物議を呼ぶ判定に“涙”」などと報じている。

【画像】前代未聞! 敗戦の男女6選手が畳から離れず…KBSが公開した韓国の“座り込み抗議”の実際の写真

 異様な光景が畳の上で繰り広げられた。3勝3敗となったが、規定により勝ち名乗りを受けた日本。しかし、これに納得がいかなかったのが韓国だ。下された裁定に納得がいかず、チーム側が審判団に抗議。ルールの解釈を誤っていたことが原因とみられるが、選手たちも畳の上から降りず、“座り込み”の事態となった。

 韓国メディアも即座に反応。放送局「KBSニュース」電子版は選手6人が畳から降りずに座っている写真とともに「畳を離れない選手たち…物議を呼ぶ判定に“涙”」と見出しを打って記事を展開し、「韓国柔道代表チームは激しく抗議した。選手たちは十数分間マットを離れなかった。韓国代表チームが釈然としない審判の判定に敗北を喫した」と伝えている。

 また、放送局「SBS」電子版も「韓国、物議を呼ぶ判定の末、日本に敗北」と特集。接戦となったが、ポイント差で勝敗が決まったを紹介している。日本は3勝をすべて一本勝ちで挙げ、韓国は2勝が一本勝ちだった。日本は文句なしの準決勝進出だったが、韓国の抗議により、なんとも後味の悪さが残ってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー