[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バドミントンのニュース一覧

  • 「まさか優勝できるとは…」 フクヒロら離脱の再春館が優勝、「フジカキ」は有終の美

    2019.02.18

    主力選手や指導スタッフの移籍が相次いだ混乱の中から、這い上がった。バドミントンの国内最高峰リーグ「S/Jリーグ2018」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、女子は再春館製薬所が2-1で日本ユニシスを破り、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

  • 仏超人、ワウリンカ撃破の“スラムダンクボレー”に海外仰天「エア・モンフィス」

    2019.02.18

    男子テニスのABN・AMROワールドは17日、シングルス決勝でガエル・モンフィス(フランス)が6-3、1-6、6-2でスタン・ワウリンカ(スイス)に勝利。ツアー通算8勝目を挙げた。

  • トナミ運輸がV3 世界NO.1桃田賢斗は「本当に強い選手」も…重圧はねのけ

    2019.02.18

    バドミントンの国内最高峰「S/Jリーグ」は17日にサイデン化学アリーナで最終日を迎え、男子はトナミ運輸が2-1でNTT東日本を破って3連覇を果たした。第1ダブルス、シングルス、第2ダブルスと順に行われる3枠すべてに日本A代表を揃えるトナミ運輸は、シングルスで西本拳太が世界ランク1位の桃田賢斗に敗れたが、園田啓悟、嘉村健士組、保木卓朗、小林優吾組が2つのダブルスを制してタイトルを勝ち取った。

  • 桃田賢斗、団体決勝で盟友と再戦「リベンジしたい」 女子決勝の注目ポイントは?

    2019.02.16

    バドミントン「S/Jリーグ」のプレーオフであるトップ4トーナメントが16日にサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開幕し、男子は3連覇を狙うトナミ運輸と最多18度(前身の日本リーグを含む)の優勝を誇るNTT東日本が、女子は日本ユニシスと再春館製薬所が翌17日の決勝に駒を進めた。

  • タカマツ、し烈な五輪レースイヤーにも自信「どの国も研究してくるのは当たり前」

    2019.01.29

    五輪連覇を目指す「タカマツ」ペアが、調子を上げている。2019年最初の国際遠征(マレーシア、インドネシア)を行っていたバドミントン日本代表が28日に帰国。女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は、マレーシアマスターズでベスト4入りした後、インドネシアマスターズ(ともに※BWFワールドツアースーパー500)で優勝を飾っており、松友は「色々な選手と対戦できて、修正をしながら、少しずつ試合を重ねるごとに自分たちのプレーが良くなっていった。良い2週間だった」と好感触を示した。

  • 桃田賢斗「今年のテーマはスピード」 収穫強調も課題は…「どこまで持続できるか」

    2019.01.28

    2019年の桃田は、スピードを上げて攻めていく。今季最初の海外遠征に出ていたバドミントン日本代表が28日に帰国し、インドネシアマスターズで準優勝した男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、スピードアップの向上に手ごたえを示した。

  • 遠藤&渡辺、ペア歴2年での準優勝に手応え 「上の選手とやっても面白くなる」

    2018.12.17

    リオデジャネイロ五輪の後に組み始めたペアが、世界の舞台で手ごたえを残した。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、男子ダブルスの決勝戦に臨んだ遠藤大由、渡辺勇大(日本ユニシス)は、0-2(15-21、11-21)で世界選手権優勝のリ・ジンフイ、リュウ・ユチェン組(中国)に敗れた。遠藤は、リオ五輪まで組んでいた早川賢一とのペアで出場歴があるが、渡辺とのペアでは初出場。組み始めて2年で世界のトップペア8組が集う大会で成果を挙げた。

  • 4年ぶり優勝のタカマツ、ビッグタイトルも通過点強調 「東京五輪でV2が最後の目標」

    2018.12.17

    世界のトップ8が集まる大会で、タカマツが強さを見せつけた。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が2-0(21-12、22-20)でイ・ソヒ、シン・ソンチャン組(韓国)を破って4年ぶり2度目の優勝を飾った。

  • 奥原希望、3年ぶり優勝ならず 宿敵に敗れるも手応え「良い感覚で終えられた」

    2018.12.16

    長い手足を生かした攻撃力に加え、守備力まで増してきた相手を切り崩すことはできなかった。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、女子シングルスの決勝戦に臨んだ奥原希望(日本ユニシス)は、0-2(19-21、17-21)でプサルラ・V・シンドゥ(インド)に敗れ、準優勝となった。勝ったシンドゥは、初優勝。リオデジャネイロ五輪、昨年と今年の世界選手権の3大会で銀メダルだったため、シルバーコレクターと呼ばれたが、ついにタイトルを勝ち取った。

  • 桃田賢斗が3年ぶり優勝に王手 決勝は死闘を予告「持っている力をすべて出し切る」

    2018.12.15

     バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は15日に各種目の準決勝を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、2-0で孫完虎(ソン・ワンホ=韓国)を破って決勝進出を決めた。決勝戦では、石宇奇(シー・ユーチー=中国)と対戦し、3年ぶり2度目の優勝を目指す。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集