[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大人が走るとすぐに息が上がるのはなぜ? 息切れしない体を取り戻すストレッチ2種目

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画『まずはコレ、やってみて!』」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回のテーマは「走るとすぐに息が上がってしまう人」。「THE ANSWER」公式YouTubeチャンネルの動画では、中野トレーナーが提案する「胸郭を広げる動的ストレッチ2種目」を紹介しています。

今回のテーマは「走るとすぐに息が上がってしまう人」【写真:写真AC】
今回のテーマは「走るとすぐに息が上がってしまう人」【写真:写真AC】

「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画『まずはコレ、やってみて!』」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回のテーマは「走るとすぐに息が上がってしまう人」。「THE ANSWER」公式YouTubeチャンネルの動画では、中野トレーナーが提案する「胸郭を広げる動的ストレッチ2種目」を紹介しています。

 ◇ ◇ ◇

「駅や街中で小走りをしただけで、息が切れてしまう」「学生時代は運動部だったのに、久々にジョギングをしたら早々に息切れをしてしまった」。そんな瞬間、体力の低下や加齢の現実を突き付けられたようで、ちょっと悲しくなりますよね。

 一般の方が、走るとすぐに息が上がってしまう理由は、「呼吸筋の衰え」にあります。

 実は運動習慣のない人は、年齢が上がるにつれて、1分間の呼吸数が多くなってきます。なぜなら、胸郭が硬くなることで、肺がしっかり広がらず、呼吸が浅くなるからです。

 特にデスクワーカーは、胸郭が硬くなりやすい。デスクでの仕事は前かがみの姿勢になりやすく、常に胸が縮こまった状態になります。すると、胸郭は常に閉じた状態になり、圧迫された肺の動きもどんどん悪くなるのです。

 さらに、人間の体には、与えられた環境に適応するという特性があります。

 例えば運動時の体は、筋肉を動かすためにたくさんの酸素を必要とします。そのため、胸郭と呼吸筋が一緒に大きく広がったり閉じたりを繰り返し、体内に十分な酸素を取り込みます。ですから運動習慣のある人は胸郭が柔らかく、呼吸筋もよく動くので、少し走ったぐらいでは息が上がりません。

1 2 3 4

中野ジェームズ修一

スポーツトレーナー

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集