[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平超えの201cm男、また衝撃の189km弾丸3ランに米驚愕「観客を大怪我させそうだ」

米大リーグ・パイレーツのパイレーツのオニール・クルーズ内野手が29日(日本時間30日)、ブルワーズ戦で衝撃の一発を放った。24日(同25日)に史上最速の打球速度122.4マイル(約196.9キロ)の安打で驚かせたが、今度は117.5マイル(約189.1キロ)の11号3ラン。MLBが実際の映像を公開すると、「彼のパワーはアンリアルだ」「音がヤバい」などと驚愕した米ファンからコメントが集まっている。

117.5マイルの11号3ランを放ったパイレーツのオニール・クルーズ【写真:ロイター】
117.5マイルの11号3ランを放ったパイレーツのオニール・クルーズ【写真:ロイター】

パイレーツのクルーズが衝撃の一発

 米大リーグ・パイレーツのパイレーツのオニール・クルーズ内野手が29日(日本時間30日)、ブルワーズ戦で衝撃の一発を放った。24日(同25日)に史上最速の打球速度122.4マイル(約196.9キロ)の安打で驚かせたが、今度は117.5マイル(約189.1キロ)の11号3ラン。MLBが実際の映像を公開すると、「彼のパワーはアンリアルだ」「音がヤバい」などと驚愕した米ファンからコメントが集まっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 身長201センチの大型遊撃手が、またも驚きの打球を放った。2点を追う5回1死一、三塁の打席。クルーズが低めの速球を引っ張った。弾丸のように飛び出していったライナー性の打球は、右翼スタンド2階席に突き刺さる逆転3ラン。球場がどよめく中、23歳は悠々とホームインした。

 衝撃の一発をMLB公式ツイッターが動画で公開。「クルーズの打球速度117.5マイルのミサイル」と文面で紹介すると、コメント欄の米ファンからは「いつか観客を大怪我させそう」「彼のパワーはアンリアルだ」「音がヤバい」「これはおかしい」「打球速度が狂ってる」「マジでロケット」「煙を巻いていた」などと驚きの声が上がっていた。

 クルーズは昨季MLBデビューした期待の若手。今年の7月にはスローイングで送球速度97.8マイル(約157.4キロ)を計測するなど身体能力に優れている。今月のブレーブス戦では122.4マイル(約196.9キロ)の打球を放ったが、これはMLB公式データ解析システム「スタットキャスト」が導入された2015年以降、大谷翔平が今年記録していた打球速度119・1マイル(約191.7キロ)の左打者最速記録を上回っただけではなく、ジャンカルロ・スタントンが2017年に記録した122.2マイル(約196.7キロ)を更新する史上最速のスピードだった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集