[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、実は焦って投げた「内緒」のボールにファン驚き「あんなビタビタに…」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)の敵地ロイヤルズ戦で7回3失点の投球を見せ、11勝目をマークした。産休明けでの快投だったが、米投球分析家から指摘を受けた“奇襲”の1球について真相を告白。驚いた日本のファンからは「可愛らしい」「流石っす」と反響が寄せられている。

11勝目をマークしたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
11勝目をマークしたパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

11勝目を挙げた27日のロイヤルズ戦

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)の敵地ロイヤルズ戦で7回3失点の投球を見せ、11勝目をマークした。産休明けでの快投だったが、米投球分析家から指摘を受けた“奇襲”の1球について真相を告白。驚いた日本のファンからは「可愛らしい」「流石っす」と反響が寄せられている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 産休明けで中8日での登板となったロイヤルズ戦。ダルビッシュは4-3でリードして迎えた7回1死走者なしの場面で、左打者メレンデスを見逃し三振に打ち取った。この時の投球モーションは左足を上げ、打者のタイミングをずらすようにした少し不自然な形に。それでも97マイルの速球を投げ込んでいた。

 この投球動画をツイッターに公開したのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家のロブ・フリードマン氏。「ユウ・ダルビッシュ、97マイル(約156.1キロ)の速球 / タイミングを合わせたメッシング」と紹介していた。

 これにダルビッシュは自らツイッターで反応。「これタイミングを外そうとしてフォームを変えたのですが、バッターが微動だにしてくれなくて焦って投げてたのは内緒です」と絵文字付きで“真相”を告白した。日本のファンからは「可愛らしいエピソード」「本当にすごいピッチャー」「最後やばかった…って顔にみえてしまう」「焦ってなげてあんなにビタビタに決めれるって天才すぎる」といった声が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集