[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手泣かせの足が光る“超速内野安打”に米記者注目「閃光のように走った」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。勝ち越しの29号2ランを放つなど4打数2安打2打点と活躍した。8回には快足を飛ばして内野安打。“投手泣かせ”の一打に、米記者も「閃光のように走った」と注目していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキース戦で29号2ラン、足でも魅せる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。勝ち越しの29号2ランを放つなど4打数2安打2打点と活躍した。8回には快足を飛ばして内野安打。“投手泣かせ”の一打に、米記者も「閃光のように走った」と注目していた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 豪快な一発だけじゃない。1点リードの8回、先頭で打席に入った大谷は一塁へ強烈なゴロを放つ。深めに守っていたこともあり、ベースカバーに入る投手リットキーと競走になった。全力疾走する大谷は速い。リットキーとほぼ同時に一塁に達したが、タッチしたグラブからボールがこぼれてセーフになった。

 このシーンに米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が注目。自身のツイッターに映像を公開し「オオタニがエリートレベルの秒速29.5フィートで内野安打。閃光のように走った」と伝えた。米ファンからも「100点のスピード」と書き込まれた。

 この日は相手の主砲アーロン・ジャッジ外野手との“MVP候補対決”が注目された。ともに一発を放ったが、試合はエンゼルスが4-3で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集